人気ブログランキング |

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

トンボの沼でトンボを見に行こう

本日、「トンボの沼のトンボを見に行こう」の行事を開催いたしました。
大人8名、小人4名の計12名の方に参加していただけました。


昨日は、ここ最近では珍しく過ごしやすい一日だったのですが、今日はまた暑さがぶり返した中での行事開催となりました。
トンボの沼(高田堰)にある観察小屋で、トンボの沼の歴史やトンボについて学習したあと、早速トンボ採りへ出発です。
a0123836_15342377.jpg

あまりに暑いとトンボも木陰に入ってしまうため、去年と比べるとトンボが群れをなすように飛んでいる姿はみられませんでした。
岸辺のスイレンの葉や、ヨシにはアオモンイトトンボがおり、今回一番多く見られたトンボでした。
a0123836_1539520.jpg

アオモンイトトンボのオス
a0123836_15392860.jpg

同上メス
(トンボの写真は7月10日撮影)


各々トンボを採集しながら堰をぐるっと一周移動して、その途中では職員によるトンボクイズを行いました。
a0123836_15472715.jpg

トンボについて、親しみやすいクイズに変えてお勉強できる、昨年予想外の大好評を頂いた企画を今年もやりました。
子どもも、大人も、三択クイズに手を挙げてくれました。
クイズの問題は、トンボが逆立ちする理由、トンボがどこで呼吸をするか、トンボが起源の昔ながらの遊びなどなど…
「知ってる知ってる~」だったり、「へーなるほど」といった声が聞こえてきて、この時間をきっかけに行事の空気がなごみます。


a0123836_16153097.jpg

堰を一周する途中に、いつもの観察ポイントとは違う場所でチョウトンボの群れに出会いました。
空高く、4匹でヒラヒラと本当に蝶のように飛んでいました。
残念ながら下まで降りてきてはくれなかったので採集はできず、見上げるだけの観察なりました。
この時期に行事を開催する理由は、このチョウトンボを観察するためなので、ギリギリ目的は達成です。
写真は、いつもだったらチョウトンボが観察できるポイントで、ショウジョウトンボを狙う一団です。
同じ場所を行ったり来たりの、縄張りパトロール中なので、狙いを定めて網を振ります。
今日の講師の方が見事に捕獲しました。


堰を一周して観察小屋まで戻った後は、採集したトンボの解説及び観察をしました。
今回観察できたトンボは、アオモンイトトンボ、オニヤンマ、ギンヤンマ、シオカラトンボ、ショウジョウトンボ、ノシメトンボ、コシアキトンボ、チョウトンボの計8種でした。
そのうち、オニヤンマ、ギンヤンマ、チョウトンボは採集はできず、飛んでいる姿を観察するだけでした。
特にオニヤンマとギンヤンマは、すごい速さで飛んでいるので、ほら、そこ飛んでいるよと教えているうちに姿が見えなくなり、実際には見られていない参加者のかたもいらっしゃいました。
a0123836_16273223.jpg

最後にみんなで採集したトンボを、またみんなで放して終了しました。
暑い中でしたが、熱中症や怪我無く終わらせることができて良かったです。
みなさんトンボ採りに夢中になって、楽しい時間を過ごしていただけたようです。
参加して頂いた皆さま、ありがとうございました。


次回募集行事は、9月4日「稲刈りをしよう」です。
(8月22日の「いすみ健康ぞうりを作ろう」は募集を締め切りました)
皆さまのお参加、まだまだお待ちしております。
詳しい内容、申込み方法はこちら
by isumi-sato | 2010-08-21 18:16 | 行事報告