千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:季節の生き物 ( 998 ) タグの人気記事

12月中旬の寒さ

11月21日、快晴。午前九時の気温は8.9℃、今朝の最低気温は2.8℃でした。
12月中旬の寒さだといわれています。札幌で早くも雪が積もったと聞きました。



a0123836_17220171.jpg
温暖化だというのに、今年は冬が早くやってきて早くもえさが少なくなってきたのか、中庭のモグラの活動が早くも活発になりました。モグラ塚が目立ち始めています。
朝日でススキの穂が光ります。




a0123836_17220564.jpg
快晴の青空をバックに上空をくるりと飛ぶ鳥がいます。トビのようです。




a0123836_17221040.jpg
青空をバックにエノキの樹幹がエノキらしい姿を見せています。台風の潮風で変色もしましたがいつの間にか葉を落としています。



a0123836_17222851.jpg
昆虫広場ススキの下、地表近くでは、午後の陽ざしの中少しだけ動く昆虫や生きものたちが見つかります。動きがやや遅くなっているバッタやイナゴに混じって、枯れ草色に変色したニホンアマガエルがいました。




a0123836_17221415.jpg
万木堰の近くでは、カラスザンショウの葉が太陽にその特徴をよく見せています。



a0123836_17221812.jpg
その木の下、日当たりのよいコンクリートや手すり、枯葉の上に赤トンボたちがたくさん飛んだりとまったりをくりかえしています。胸の模様をよく見るとまん中の黒い線が徐々に細くなって終わっています。アキアカネのようです。
山から里に下りてきて、産卵し、一生を終わるまでもう長い時間は残されてはいないでしょう。



a0123836_17222302.jpg
湿性生態園では見上げると、青空をバックにハンノキの樹幹のシルエットがその特徴を観察できました。はっぱを落として、オバナメバナの姿がよく見えています。



a0123836_17223275.jpg
デッキ沿いにたくさん生えている「ひっつき虫」、オオオナモミの果実の色がこげ茶色に変わりました。




a0123836_17223887.jpg
万木堰の水面には、カルガモ、マガモたちがたくさんいます。




a0123836_17224156.jpg
その水面に、今日は茶色と明るい灰色の水鳥が今年初めて観察できました。今年もホシハジロがやってきました。




a0123836_17224943.jpg
林道を歩くと、赤い実、おもしろい形の果実などが目立ちます。フユイチゴ、ウツギ、メギ、センニンソウの実など、などです。


初冬の観察、日ざしを浴びて歩くと気持ち良い季節になりました。
ご来館お待ちしております。






by isumi-sato | 2017-11-21 17:24 | センターこぼれ話

第21回さとの文化祭~2日目~

11月19日(日)は「家族の日」なんだとか。天気はくもり。午前9時の気温は8.3℃、今朝の最低気温は な・なんと4.4℃でした。ブルブル…



a0123836_13480060.jpg
今日は、「さとの文化祭」2日目。家族の日らしく、家族連れでにぎわいました。



a0123836_13481706.jpg
「子供は誰でも芸術家だ。問題は大人になっても芸術家でいられるかどうかだ。」☜これ、ピカソの名言らしいです。たしかに、地元小学生の絵画は、どれもスバラシイ!




a0123836_13522929.jpg
いっぽう屋外では、カワセミが小魚をとっています。ビシッバシッ!木の枝に魚を打ち付けています。何度も何度も…容赦ありませんなぁ。



a0123836_13523673.jpg
動かなくなった魚を、丸のみです。胃袋は大丈夫なのかな?鳥に歯がないのは、空を飛ぶために、少しでも軽くするためなんだとか。



a0123836_14303284.jpg
自然観察を続けると…強敵外来種!セイタカアワダチソウを食べてる虫がいます。




a0123836_14304111.jpg
う~ん…どこのだれか知らないが、ありがとう。




a0123836_14314229.jpg
晩秋、ようやく恋の季節を迎えている虫がいました。う~ん、君の名は?知りたい…ホタルトビゲラ?




a0123836_14323008.jpg
林道わきに、フユイチゴの仲間を見かけます。赤い実を、たくさんつけています。




a0123836_14325280.jpg
ひとついただきました。甘酸っぱい味で、おいしかった♪




a0123836_14330967.jpg
草むらでは、コバネイナゴがじーっとしています。寒いせいか、動きが鈍い。




a0123836_14332111.jpg
エンマコオロギも、ゆっくり動いています。閻魔大王(えんまだいおう)に似た顔を、たっぷり拝めました。目の上の白い模様が、あたかも閻魔大王のいかつい眉を思わせるので、つけられたんだとか。エンマ様に見えます?




a0123836_14334317.jpg
ふたたび芸術を満喫です。「さとの文化祭」では、大人の作品も展示しています。




a0123836_14343366.jpg
これは『共栄と共存』という作品です。「いろいろなものが共存しあって生きていることを表現しています」作者談。



a0123836_14350302.jpg
これは、「古い衣類を裂いて横糸を作り、はた織機で作った作品」です。見事に生まれ変わっています。




a0123836_13501471.jpg
「さとの文化祭」は、子どもから大人まで参加できる文化祭です。これからも、おおぜいの参加をお待ちしています。

あす月曜日は休館日です。あさって11月21日(火)~11月26日(日)まで、引き続き「さとの文化祭」は開催しています。





by isumi-sato | 2017-11-19 16:45 | 館内展示

マガモ オオバン シジュウカラ / ハゼノキ / ゲンノショウコ 

11月10日、晴れ。午前九時の気温は13.0℃、今朝の最低気温は7.4℃でした。
夜晴れたので、朝の気温は低くなりましたが、日が昇ると日中はまだ温かさを感じます。



a0123836_17093702.jpg
今日の雲は朝から一日中、積雲が空に浮かんでいました。



a0123836_17094244.jpg
玄関入口前のハクモクレンの花芽が目立ち始めました。




a0123836_17111572.jpg
朝日を浴びて東側山すその落葉樹の白い木肌がまぶしいくらいです。
イヌシデは、すでに葉を落としています。




a0123836_17094763.jpg
オギの開いた穂が、日なたの暖かさを感じさせます。
今日は昨日ほど風が強くはありません。





a0123836_17095908.jpg
万木堰対岸では、黄色い葉がたくさん見られます。
アカメガシワの葉です。やがて冬になると葉を落とした落枝だけが常緑のみどりをバックにして浮かび上がります。





a0123836_17100598.jpg
その樹冠の水際には、いつも水鳥たちが隠れています。
今日は、マガモたちがたくさんくつろいでいます。





a0123836_17100979.jpg
手前の木の枝下には、別の水鳥がいました。
オオバンです。





a0123836_17122596.jpg
センター内雑木林コナラの樹のあたりから、ジュクジュクと鳴き声がしました。
シジュウカラたちが枝を駆け巡るように動き回り、別の木へと移動していきました。





a0123836_17124049.jpg
雑木林の上方には、実だけになった木も見えます。
ハゼノキの実です。




a0123836_17124653.jpg
入口手前の山の斜面には、同じハゼノキが赤い葉をたくさんつけています。
ハゼノキにしては珍しく半円形のきれいな形をしています。
しかし、すぐ斜め上にも同じハゼノキが少しだけ葉の色を変えて整なわない樹形で見えています。いすみ周辺では、いま赤い葉として見える樹は自生したハゼノキが最も多いようです。モミジは多くありません。



------------------------------------------------------
●10月05日のブログで取り上げた植物について
「ミツバフウロ」としましたが、「ゲンノショウコ」のようです。
ミツバフウロは、千葉県いすみでは分布している情報はないようで、植物体に腺毛がありません。葉は3深裂します。一方、ゲンノショウコには茎、葉に腺毛が密生し、葉は3~5裂といいます。根元からの葉はすべて3裂に見えたため、誤ってしまいました。

a0123836_17141541.jpg
昆虫広場のススキオギの足元に生えているゲンノショウコは、11月初めになり果実がはっきりとしてきました(11月05日撮影)。



a0123836_17132371.jpg
ゲンノショウコは種がはじけると、外皮が巻き上がるようすがみこしの屋根のように見えるので別名ミコシグサという名がついています。秋の深まった今日11月10日に昆虫広場のススキオギなどの中に見つけて撮影することができました。



a0123836_17161613.jpg
草刈りを繰り返した草丈の低い日当たりのよい別の所では、まだ花を咲かせている個体も今日撮影できました。
古来より、即効性のある下痢の薬として有名でせんじ薬として使われています。
また、花が紅色のものは西日本に、白色は東日本に多く分布しているといいます。




by isumi-sato | 2017-11-10 17:16 | センターこぼれ話

暦の上ではもう冬

11月7日(火)、午前9時の気温17.5℃、今朝の最低気温7.9℃(休館日を挟んだため昨日の朝方の気温かもしれないが…)、晴れ。朝から太陽の恵みを受けセンター。昼間は建屋内より屋外のほうが暖かく過ごせる陽気でした。午後からは強い風が時折吹きましたが、風も暖かく過ごしやすい一日となりました。しかし今日は「立冬」。暦の上では冬が始まる日とされ、各地で紅葉が進み北日本では初雪の便りが聞かれる頃です。

a0123836_14415765.jpg
真っ青な空に浮かぶ白い雲。10月は雨が多かったせいか青空を見ると心落ち着きます。やはり秋の空は穏やかであってほしいものです。


a0123836_14421766.jpg
昆虫広場のオギは、太陽の光を浴びてシルバーに輝いています。秋らしい風景がセンターに広がります。


a0123836_14423209.jpg
台風21号の嵐&塩害でほとんどの葉が落ちてしまった中庭にあるクワの木。少し前まで姿を見せてくれていた二匹のクワコの幼虫が繭を張ってさなぎになったことは少し前にブログでお伝えしましたが、台風のあと観察できずにいたため、どうなったかずっと心配してましたが、今日はじっくり観察できました。しっかりとまゆを張り強風や雨もなんのその。自然界の生きものは強いですね。人間など足元にも及びませんね。文明というものに守られて…

a0123836_14424991.jpg
ヤツデの花が多く咲き始め、その花には多くのハチの仲間が寄って吸蜜をしていました。近くによるとブーーーンとにぎやかです。


a0123836_14430251.jpg
湿生生態園へ向かう林道にある、ハイド近くのハゼの木はほとんどの葉を落とし、果実が目立つようになりました。これだけ実が残っているということは鳥も食べないということ。おいしくないのでしょうか?

a0123836_14431625.jpg
ジュズダマの苞鞘(ほうしょう)は薄い黄緑色から黒に変わり、最後は白色に変わるのですね。白い苞鞘は指で押すと簡単につぶれます。


a0123836_14433538.jpg
センタ―建屋内では、朝私が顔を見せると1匹のサンショウウオが頭を持ち上げまるで笑いかけるように寄ってきました。きっと腹が減ったのでしょう。釣り餌用の大きいイモムシをあげると、ぱっくりとおいしそうに食べていました。すぐに木の下へかくれてしまいました。満足してこれから少し早い昼ねでしょうか?



これからの季節は寒暖差が激しくなり、観察できる植物もだんだん少なくなってきます。


どうぞ「今のうち」に自然観察に来てくださいね。

お待ちしております。

by isumi-sato | 2017-11-07 16:45 | センターこぼれ話

芸術の秋ですね

11月1日(水)、午前9時の気温14.7℃、今朝の最低気温7.9℃。今朝の天気予報では雨の予報も耳にしましたが、雨雲の気配はなく外にいるだけで汗ばむ陽気となりました。

a0123836_14405376.jpg
今日は近隣の小学生1,2年生が校外学習に来てくれました。二校合同の校外学習だったため児童数は70名近くとなりました。人数が多いため、4班に分かれて自然観察を行いました。自然観察70分、昆虫観察を「昆虫タイム」とし30分行いました。合計で100分!みんな頑張って!自然観察が終わった後は「葉っぱアート」と題して落ち葉を使ったアート作品を作成。自然観察では、自分の気に入った葉っぱを4~5枚拾うことがミッションです。




a0123836_14413453.jpg
まずは自然観察のようす。各班に一人づつ、合計4人の職員が付き自然観察を行いました。四班分かれての行動だったため職員の解説内容は様々です。雑木林ではドングリにみんな夢中になりました。センターで観察できるドングリはコナラ、クヌギ、マテバシイ、スダジイの4種類です。ドングリはブナ科の果実の総称で20種類近くのドングリがあることを伝えると、児童より先生の方がびっくりしてました。




a0123836_14421951.jpg
クヌギの果実を拾って大喜び!「ふわふわな帽子が可愛い」など子供らしい意見も聞くことが出来ました。ふわふわな帽子は「殻斗」とい呼ばれているのですよ。



a0123836_14424477.jpg
観察した場所は、ハス田、田んぼ、雑木林、畑、そして湿生生態園です。湿性生態園では、アメリカセンダングサ、オオオナモミなどの植物。マルバヤナギ(アカメヤナギ)やハンノキ、などの木の解説も行いました。




a0123836_14431540.jpg
ここからは昆虫タイムのようす。万木堰近くのあずまやに集合し昆虫採集を行いました。昆虫採集する場所は畑。二人一組で、捕虫網と透明ケースをもって行いました。虫を見るだけで「こわーい」というお友達や、素手でつかみ始めるお友達もいて様々でした。何が捕まえられたかな?




a0123836_14433608.jpg
約10分間ほどですが、捕虫網を使っての昆虫を捕まえました。捕まえた生きものはバッタ類、カマキリ類、チョウ類、カエル類、コウチュウ類、トンボ類など。二ホンアマガエルや、ニホンアカガエルも捕まえました。楽しく観察ができたかな?





a0123836_14435564.jpg
さあ、みんなへのミッションで完成する「葉っぱアート」の時間です。大きな白い紙をキャンバスに仕立て、拾った葉っぱに命?を吹き込みます。穴をあけて目に仕立て、ハサミで口を作りお魚の出来上がり。お魚をキャンバスに貼りつければそこは大きな水族館!


a0123836_14441183.jpg
完成しました。たった一つ。みんなで作った葉っぱのお魚が泳ぐ水族館!四班に分かれたため、四つの水槽の完成です。葉っぱを貼り付けた後は、ペンや絵具を使って海藻なども描きみんな楽しそう。




楽しい校外学習になったかな?




今度はお父さん、お母さんと遊びに来てください。お待ちしております。


by isumi-sato | 2017-11-01 16:45

秋はどこへ行ってしまったの?

10月17日(火)、午前9時の気温14.4℃、雨。最低気温は13.5℃でした。まだ寒さになれない体にはこたえる寒さです。
雨も降り続き、日照時間がゼロの日が今年最も長く続いていると気象予報士さんがいっていました。
一言「寒い」、そんな一日です

a0123836_11162602.jpg
中庭のようす。昨日から降り続く雨に気持ちもどんより。秋はどこへ行ってしまったのでしょう?




a0123836_11164806.jpg
もうすぐ冬眠のため、つい最近絶食を始めたばかりのセンターのミシシッピアカミミガメ。
水槽のガラス越しに、屋根から勢いよく落ちてくる雨だれを見て何を思うのでしょうか?



a0123836_11171818.jpg
ガッカリしてもいられませんので、気を取り直して自然観察です。林道のヤツデのようす。何やら幹の先端部分が膨らんできました。花を咲かせる準備のようです。




a0123836_11174118.jpg

イヌビエでしょうか?葉を触ってみるとざらざらしています。確認するため引っこ抜いてよく観察してみましたが、斜めに茎を伸ばしているためまっすぐ立ててみてみると結構背の高い植物です。イヌビエは古い時代に日本に入ってきたとされており、稲作が日本に伝わったと同時に雑草として日本に侵入したと考えられているそうです。(東京書籍「散歩が楽しくなる雑草手帳」より)



a0123836_11180239.jpg
アメリカセンダングサでしょうか?今の時期田んぼの近くで多く見られます。北アメリカ原産の外来植物です。




a0123836_11181743.jpg
これは晴れの日に撮影しておいた写真です。マダケでしょうか?葉のもとにある「さや」の上部(肩)に出る毛を肩毛というようです。肩毛がきれいに横にでています。
a0123836_11183763.jpg
今日のイスミスズカケのようす。複数ある中で一つのプランターのイスミスズカケは、今年は長く私たちを楽しませてくれます。紫の花が今日もひっそりと花を咲かせています。






寒い毎日が続きますね。


皆さん寒さ対策をしてセンターへ遊びに来てくださいね。

お待ちしております。


by isumi-sato | 2017-10-17 16:45 | センターこぼれ話

怖いもの見たさなんです

10月12日(木)、午前9時の気温25.9℃、最低気温18.1℃、快晴。15時30分に百葉箱のデジタル温度計を見に行くと最高気温29.7℃と表示されていました。暑いはずです。

a0123836_15252331.jpg
今朝の空は雲一つない快晴。白い月がうっすらと見えていました。




a0123836_15255313.jpg
雑木林では実をつけ、種を落としたツバキが今度は花を咲かす準備でしょうか?つぼみが多く目立つようになってきました。


a0123836_15260957.jpg
林道では、立派なクモの網が観察できました。道を挟んで立派な網を張っています。


a0123836_15262479.jpg
ジョロウグモでしょうか?私が観察したクモの網の中ではトップクラス級の網の大きさ。編みの大きさで、クモの個々の能力などはわかるのでしょうか?それとも体の大きさで網の大きさも比例してくるのでしょうか?興味をもてば持つほど不思議な生きもの「クモ」。


a0123836_15270227.jpg
不思議といえばこちらも。10月3日にもブログでご紹介したヌルデの虫こぶ。やっぱり中がどうなっているか気になって気になって…怖いもの見たさなんです。


a0123836_15272432.jpg
ひゃーすごい。薄茶色の虫がびっしり。割ると白い粉が舞います。「ヌルデシロアブラムシ」というアブラムシのようです。ビックリ!


a0123836_15300823.jpg
湿生生態園では、ホシホウジャクでしょうか?セイダカアワダチソウの蜜を吸いに来ているのでしょうか?もっと止まっているようにホシホウジャクが撮影出来たらいいのですが…写真撮影の腕を上げたいものです。

a0123836_15302859.jpg
林道のはるか頭上高くには、ノブドウの果実が目立ち始めました。もう少し低い位置に実をつけてくれればよく観察できるのにな~。



今日もいっぱい自然観察できました。

by isumi-sato | 2017-10-12 16:45 | センターこぼれ話

夏に逆戻り?

10月11日(水)、午前9時の気温24.9℃、今朝の最低気温16.4℃。晴れ。今日も昨日と同様夏のような暑さとなりました。正午の時点で百葉箱内に設置してあるデジタル温度計を見ると27.1℃と表示されていました。


a0123836_11263226.jpg
湿生生態園へ向かう林道で青空を見上げるとまるで夏の空を思わせる雲ですね。




a0123836_11323485.jpg
昆虫広場のセイダカアワダチソウが一層黄色く色を付けてきました。黄色い頭花が密につき、この緻密な様子を「泡」に例えて「泡立草」と名づけられたそうです。(秀和システム「雑草や野草のくらしがわかる本」より。)



a0123836_11325529.jpg
前回もブログで紹介しましたハゼノキ。前回とは違う場所での違うハゼノキです。黒い果実がいっぱいなりています。リースなどの飾りに使えそうです。


a0123836_11331759.jpg
林道では熟したアケビの果実が、きれいに形をとどめたまま地に落ちていました。たべると甘くておいしいようですが…。


a0123836_11333935.jpg
湿性生態園では、10月9日時点では聞こえていたセミの鳴き声は全く聞こえなくなり、その代わりに鳥やカエルの鳴く声が響き渡っていました。この写真はコゲラでしょうか?「カンカンカン」と木をつつく音が聞こえ音が鳴る方へ目を向けるとコゲラがらせん状に木を登っていました。そのほかには「キイ-キイ-」や「ジェイジェイ」という鳴き声は聞こえるものの姿は撮影できず…。鳥の観察がしやすい季節になってきたようです。

a0123836_11335625.jpg
昆虫広場場近くのカラムシには何のクモの仲間でしょうか?カラムシの葉の上で網を張っているようすが観察できました。卵を産み付けているのでしょうか?観察を続けたいと思います。

a0123836_11342201.jpg
オオオナモミの果実が立派なイガイガを目立たせています。洋服にくっつけたり子どものころによく遊んだことを思い出します。


今日もたくさんの発見が出来ました。


夕方には雲も出ていて風も吹き、半袖での私にはちょっと涼しい・・
明日までは天気が良いようですが、週末は怪しいですね。
いまから行事ができるか心配しています。


by isumi-sato | 2017-10-11 16:45 | センターこぼれ話

落花生とったど~

10月8日(日)はれ、午前9時の気温は18℃でした。今日から寒露(かんろ)。すがすがしい秋晴れの日が多くなる季節だそうです。



a0123836_14332039.jpg
気持ちイイー! まさに、すがすがしい秋の空です。



a0123836_14335190.jpg
ん? なにやってんの~?



a0123836_14340965.jpg
畑で、ある作物の収穫が行われています。



a0123836_14344782.jpg
落花生! ちばの名産ですね。



a0123836_14342390.jpg
参加者の方が、丹精込めて育てた落花生の収穫です。



a0123836_14352293.jpg
収穫したての落花生を、さっそく生で調理です。およそ60分間ぐつぐつと煮込んで…柔らかすぎたかな?



a0123836_14355391.jpg
いただきまーす♪ うっま! なんの味付けもしていないのですが、そのうまいこと。



a0123836_14360479.jpg
見てください、このツヤ。5ヶ月近くガンバったから、よけいに美味しいんですね。お疲れ様でした。



a0123836_14364806.jpg
でも収量は、例年の三分の一しかとれませんでした…不作。夏の長雨が、落花生にも影響したようです。



a0123836_14370238.jpg
畑のわきには、アザミのなかまが花を咲かせています。



a0123836_14374113.jpg
ハナアブや…



a0123836_14375315.jpg
ミツバチのなかまが、ぶんぶんぶん♪ っとたくさん飛んでいます。



a0123836_14382503.jpg
キタテハや…



a0123836_14381589.jpg
セセリチョウのなかまも、ひらひらと、花のまわりを優雅に舞っています。



a0123836_14385373.jpg
コアオハナムグリが、花粉をガツガツ食べていますね~。



a0123836_14390920.jpg
そんな虫を狙って、オオカマキリが鎌を研いでいますよ。



a0123836_14393016.jpg
畑の周りには、じつにたくさんの生きものが暮らしているんですね。狭い範囲にも関わらず、あまりにもたくさんいるので、驚きました。

秋もやっぱり、自然観察の季節でしょ! お待ちしています。



by isumi-sato | 2017-10-08 16:58 | 行事報告

秋も深まりつつあります

10月5日、曇一時晴れ。午前九時の気温は16.3℃、きのうの最高気温は18.6℃、今朝の最低気温は11.3℃でした。だいぶ涼しくなりました。




a0123836_17235262.jpg
昨夜の中秋の名月です。薄い雲が流れる時間が多かったのですが、はっきり見えた瞬間を撮影できました。満月は、10月6日だそうです。




朝はモズの高鳴きがよく聞こえてきます。昼、午後になると不思議と静かになります。そして高い樹のてっぺんにいたモズの姿も見つかりにくくなります。


a0123836_17235622.jpg
高鳴きは、冬を越すえさ場の確保のため、自分のテリトリーを主張している声だといわれています。今日は、林のてっぺんにいたと、撮影できた鳥は、カラスでした。
ハシブトカラスでしょうか。気温が下がって少しおとなしい感じです。





a0123836_17243084.jpg
今、グリーンカーテンの棚の緑は勢いをなくしてきましたが、数個のヘチマの実がぶら下がっています。





a0123836_17264557.jpg
小水路には、ヘチマの実がつけてあります。
10日から14日くらいつけておくと、実が腐ります。
それを洗ってきれいにすると、、、





a0123836_17265021.jpg
先日水につけておいたヘチマの実から、タネがとれました。
ひとつの実からたくさんの種がとれます。










a0123836_17244871.jpg
昆虫広場のススキ、オギの穂が開いて風に揺れています。
そのわきに黄色い色が目立ってきました。セイタカアワダチソウです。




そんなススキ、オギの足元には、

a0123836_17240205.jpg
チカラシバの穂が





a0123836_17240748.jpg
小水路沿いには、ハナショウブの種もありました。




a0123836_17241567.jpg
また、白い小さな5弁の花を咲かせている植物がありました。高さ20cmくらい、ゲンノショウコに似ていますが、葉が3深裂しているのでミツバフウロのようです。
------------------------------------------------------
「ミツバフウロ」としましたが、「ゲンノショウコ」のようです。
ミツバフウロは、千葉県いすみでは分布している情報はないようで、植物体に腺毛がありません。葉は3深裂します。一方、ゲンノショウコには茎、葉に腺毛が密生し、葉は3~5裂といいます。根元からの葉はすべて3裂に見えたため、誤ってしまいました。

http://isumisato.exblog.jp/237971100/   11月10日のブログ記事を参照




a0123836_17241198.jpg
草の中に入ると一瞬にして目ただなくなるバッタの仲間がいました。
頭と羽の間、胸が少しふくらんでいるのでクルマバッタのようです。
胸が小さく、ふくらみがないのがクルマバッタモドキとか。




a0123836_17300826.jpg
オニグルミの木の下にはたくさんの実が落ちています。
もう少しして寒くなると果肉が腐って取れるでしょう。それをねらってニホンリスがやってくると思われます。クルミの実は硬いため、他の動物にはなかなか手ごわい食べ物ですが、リスはきれいにまっぷたつに割って中身を食べていきます。


植物や生きものたちも秋に反応して活動を変えてきています。


ご来館お待ちしております。




by isumi-sato | 2017-10-05 17:30 | しょくぶつ