千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:季節の植物 ( 843 ) タグの人気記事

果実、続々と

9月22日(金)、午前9時の気温25.9℃、晴れのち曇り。素晴らしい青空の朝を迎えました。鳥のさえずりがセンター全体を包み込みます。

a0123836_14581120.jpg
朝のセンターのようす。白い雲が南から北へゆっくりと流れていきます。のんびり眺めていたいものです。



a0123836_14593025.jpg
きれいな青空の後に、ビックリしないでください。大きいガの仲間を発見。最近はブログのために生き物が待ち構えていてくれているようです(思い込みです)。調べてみるとヤママユガのようです。




a0123836_14594427.jpg
チョウ目ヤママユガの仲間は大型の種が多いグループです。オスの触角は大きく羽毛のような形をしているそうです。触覚の写真を撮ろうと構えていると運よく風が吹きました。羽毛のような触角が確認できました。オスのようです。成虫の口吻は退化していて何も食べないそうです。(小学館「ネオポケット昆虫」より)


a0123836_14595789.jpg
キャンプ場では、クリの果実が次から次へとなりています。




a0123836_15001602.jpg
その果実の近くには、ここにもいたか!オオトリノフンダマシ(クモの仲間)の成虫が卵のうに寄り添うように栗の木の葉の裏にたたずんでいます。いろいろな場所に卵を産むのですね。


a0123836_15003131.jpg
ヒガンバナの開花の後をよく見てみると、葉が生え始めています。ヒガンバナは花を咲かせた後に葉を伸ばします。他の植物は春に芽を出し、夏には葉を茂らせ太陽の光をたっぷり浴びた後に花を咲かせますが、ヒガンバナは夏の終わりごろいきなり茎を伸ばします。その後すぐに花を咲かせ、花が終わった後に葉を伸ばして冬の間太陽の光を集めます。他の植物が葉を伸ばしている間、ヒガンバナは根をしっかり張って栄養をたくわえているんだそうです。へそ曲がりなんですね(笑)。


a0123836_15005115.jpg
カラスウリの果実も、オレンジ色に変わり始めました。


a0123836_15011128.jpg
オニドコロの果実でしょうか?だいぶ目立つようになりました。




この時期は多くの果実が観察できます。



皆さんも植物の果実探しに来ませんか?お待ちしております。


by isumi-sato | 2017-09-22 17:15 | センターこぼれ話

巨大な種です

9月21日(木)、快晴です。今朝9時の気温は22.8℃、最低気温は17.6℃でした。


a0123836_16260844.jpg
空は青く澄み渡り、気持ちの良い一日でした。ただ、日中の作業では汗ばみました。週間予報ではもう日中で30℃を超えることはなさそうです。それどころか夏日もどうなるか。
いわゆる「残暑」は「立秋(りっしゅう)のあとも続く暑さ」のことを言い、秋分まで。カレンダーで言えば立秋の8月8日ごろから秋分の9月23日ごろまでとなります。
今年の夏は雨や低温にたたられ、どちらかといえば残暑が恋しいかも・・・

季節は着実に進んでいますね。



そんな中、

a0123836_16291091.jpg
こちらイスミスズカケ。まだ可憐な花を見せています。もっとも、この株だけでしたけれど。
過去の写真をチェックしたら一昨年は9月5日がありました。でも、さすがに9月10日過ぎのは見つけられませんでした。
こちらで育て始めて、咲いている時期としては遅い部類でしょうね。


a0123836_16295519.jpg
先日紹介したタコノアシ。まだ赤くなり始め、といったところでしょうか。


中庭で育てていた
a0123836_16292627.jpg
ヘチマ。さて、これをどう処理するか思案中。

同様に気になっているのがこちら。

a0123836_16295782.jpg
ナタマメです。
見た目サヤエンドウですね。


a0123836_16300970.jpg
でも、大きさはこれくらい。全長で25cmほどあります。
で、種はどれくらい入っているのか興味ありますよね。

解剖しました。

a0123836_16293761.jpg
種は全部で7つ。
一つの大きさはおよそ2.5㎝です。

まさにサヤエンドウの巨大版。でも、これはまだ未成熟のようです。
成熟した種はこちら。

a0123836_17232483.jpg
これはまいた種。

ちゃんと種が収穫できますように。



by isumi-sato | 2017-09-21 17:29 | センターこぼれ話

大きさにビックリ!

9月20日(水)、午前9時の気温24.1℃、曇。どんよりとした雲が空を覆い、蒸し暑くすっきりしない天気となりました。

a0123836_15333365.jpg
万木堰のようす。やっと水位が上がってきました。午後からはパラパラと雨がちらつきましたが本降りにはなりませんでした。



a0123836_14443490.jpg
セイタカアワダチソウの花のつぼみが目立ち始めました。背も高くなり葉の上などには様々な生きものが観察できます。



a0123836_14445062.jpg
いました、いました。毎回ネコハエトリグモを取り上げてしまって申し訳ありませんが、この時期セイタカアワダチソウの葉の上で多く観察できるます。コミカルな動きで、見ている人を和ませます。首をかしげたり、ピョンピョンはねます。


a0123836_14451018.jpg
これは9月10日に撮影し、ブログでも取り上げたクワコの幼虫。いつも2匹のクワコブラザーズ。


a0123836_14495017.jpg
10日ぶりに観察するとデ、デカい。こっちはクワコブラザーズの兄。(二匹いる大きいほうを兄としました。)おっきくなってました。ビックリ!10日前の大きさで終齢幼虫と書いてしまいましたがさらにこんなに大きくなっているとは。



a0123836_14501157.jpg
こっちは弟。今日も兄の近くにいました。線引きで測ってみると5㎝近くはありました。こんなに大きくなるのでしょうか?どの図鑑を見ても35㎜程の大きさと書かれていましたが…。観察を続けます。



a0123836_14503471.jpg
サルトリイバラの果実が夏の初めくらいから実っていましたが、なかなか赤くなりません。サルトリイバラは山野に普通にみられる植物で、木などに絡むと3m程にも伸びます。節ごとに屈曲し、とげがあるのでサルも引っかかるという意味で和名となりました。花は目立ちませんが、赤く熟した果実は人目をひきます。(ほおずき書店「木の実・草のみ」より)



a0123836_14505378.jpg
アケビの果実は、多く観察できるようになりました。




いよいよ秋本番です。


この時期にしか観察できない生き物たちに



会いに来てくださいね。


お待ちしております。

by isumi-sato | 2017-09-20 17:15 | センターこぼれ話

たくさんの名前で呼ばれています

9月16日(土)、午前9時の気温23.1℃、曇。今朝の最低気温は16.3℃。朝方、夕方はすっかり涼しくなり寝苦しい夜が懐かしく思えます。

a0123836_14480218.jpg
デイキャンプ場のようす。夏の時期は青々とした雑草に覆われていましたが、この時期はオオシマザクラの落ち葉で覆われ、地面は黄色と茶色に少しづつ変わり始めています。落ち葉の上を歩くと「ガサッガサッ」とリズミカルな音を奏でます。


a0123836_14481728.jpg
夏の名残、めぐる季節。


a0123836_14483721.jpg
エノキの果実は熟してオレンジ色から赤色へ、そして黒く色を変え始めました。



a0123836_14485407.jpg
ヒガンバナはこれでもかというほど真っ赤に咲き誇っています。この写真は9月12日に撮影。ヒガンバナは様々な名前があることで有名です。一番有名なヒガンバナの別名「曼珠沙華(マンジュシャゲ)」や、花が終わってから葉を出すので「お化け花」「きつね花」などの別名もあります。花は豪華で華やかですが毒草なんだそうです。地下の鱗茎(球根)や葉や花に毒があります。毒の成分で時に死に至ることから「地獄花」「死人花(しひとばな)」とも呼ばれています。しかしネズミやモグラを寄せつかないことから田の畔に植えられたり、墓地に植え、死がいを野犬やオオカミから守る意味で植えられたともいわれています。(全国農村教育協会「季節の生きもの観察手帳」より)



a0123836_14491760.jpg
この写真は今日撮影したもの。真っ赤だった花の色は少し白くなり始めていました。開花のピークは過ぎたのでしょう。アゲハチョウの仲間が、ヒガンバナの花から花へと飛び回っています。この時期ならではの風景です。でもチョウは平気なのでしょうか?毒草と呼ばれているのに。


a0123836_14493970.jpg
鮮やかなブルーの色を発しながら、ツユクサが多く目立つようになりました。昆虫広場や田んぼ近くの竹林の中などで観察できます。


a0123836_14495963.jpg
畑近くにあるウメの木に、何やら毛むくじゃらの毛虫を発見。よくよく観察して図鑑で調べると「ナシケンモン」というガ類の仲間の幼虫のようです。ポケモン?みたいです。風貌もモンスターみたいですしねー。でもなんでナシケンモン?草本から木本まで広く見られる幼虫だそうです。



今日もいろいろな生きものに出会えました。


by isumi-sato | 2017-09-16 17:15 | センターこぼれ話

センターのアイドル

9月15日(金)、午前9時の気温22.8℃、曇ときどき晴れ。午前中に雲が多かった空ですが、午後になると太陽が顔を出し始めました。

a0123836_14151964.jpg
田んぼのようす。おだかけにしたワラはしっかり太陽の光で乾いてほしいのですが、あすから台風18号の影響で天気は下り坂。嵐の前の静けさでしょうか?せっかくの三連休も台無しです。ガックシ。


a0123836_14154151.jpg
気を取り直し気象観測を行うため、百葉箱へ向かうと日本アマガエルが二匹そろって仲良くお出迎え。
a0123836_14161143.jpg
これは三日前の夕方に撮影した駐車場の外灯です。カナブンが暗くなると点灯するのを分かっていて暗くなる前から張り付いているのかと思いきや‥‥

a0123836_14162987.jpg
よく見ると二ホンアマガエルでした。手前に4匹、奥に1匹。外灯の明りに集まる虫を目当てに寄ってきているようです。なんとかわいらしい!まさにセンターのアイドルです。

a0123836_14164537.jpg
昆虫広場では、ジュズダマの苞鞘(ほうしょう)がツヤを出しながら黒く色を変えてきました。

a0123836_14170327.jpg
その近くには、オオミズアオの成体が地に横たわるように命を落としていました。このまま土に還り、生きものたちの栄養源となるのですね。素晴らしい自然界のサイクルです。


a0123836_14171741.jpg
万木堰のようす。一時期よりは水位が上がったようです。少し前までは堰の水の色はもっとグレーに近い茶色だったと思いますが、緑色に近い色に変わってきました。明日からの雨で堰の水の色は変わるのでしょうか?
a0123836_14175121.jpg
デイキャンプ場では、不思議な光景が観察できました。熟したカキの果実にヒカゲチョウと思われるチョウと、その近くにはクロウリハムシが寄ってカキの果汁を吸っていました。ヒカゲチョウの口吻がまっすぐ伸びているのがわかります。樹液や花の蜜だけでなく、果実の汁も吸うのですね。

a0123836_14180890.jpg
ミカンの木の葉には、小さい幼虫が観察できました。アゲハチョウの仲間の幼虫でしょうか?図鑑で調べても終齢幼虫の写真しか載っておらず、キアゲハとナミアゲハしか1~4齢幼虫の変化の過程しか載っていないため、何の幼虫かわかりません。観察を続けたいと思います。




センターで自然観察しませんか?



お待ちしております。


by isumi-sato | 2017-09-15 17:15

乾燥、籾すりして玄米に

a0123836_14434909.jpg
9月12日、曇時々雨。午前九時の気温は26.6℃、今朝の最低気温は18.6℃でした。
昨夜半から、時おり短い時間で強い雨が降りました。



昼間も雨雲が房総半島の上を通過して、曇空なのですが時々雨が落ちてきます。
南よりの風で空気は生温かく、湿度が高い一日です。



a0123836_14435550.jpg
午前中に、近くの農家に協力をいただいて、もみすりを行いました。9日にコンバインでコシヒカリの稲刈りを行い、モミは乾燥機に運び込んでありました。
乾燥機では、電気や灯油を使って約16時間ほどでモミが乾燥できます。写真右奥のクリーム色の金属製の箱です。乾燥した籾は天井の台垂形のモミタンクに一時貯蔵され、その下の籾摺り機へと運ばれます。もみ殻はダクトで外へと送風されます。
皮をむかれたモミ、すなわち玄米は一番手前の計量機へと運ばれて、紙袋の中に流し込まれていきます。





a0123836_14435944.jpg
玄米のでき具合を白と黒のお皿にのせて確認します。




a0123836_14440590.jpg
もみすりは、二時間ほどで終了しました。今年収穫したお米の玄米ができました。
今年は、前年並みの豊作でした。8月前半の曇雨続きの天候は、大きな影響はなく済みました。





a0123836_14441042.jpg
また、もみ殻を大きなモミ袋に入れて確保しました。10月の行事「いも掘り・焼芋」や、燻炭にして畑に使用する予定です。





a0123836_14441522.jpg
一方、5日に手刈り、オダガケをして自然乾燥、天日干しをしているモチゴメの方は、このところの雨続きでまだ十分に乾燥が進んでいません。
昨年、今年と稲刈りのころに雨が続き、自然乾燥方式は天気まかせで作業がはかどらず、作業予定もたちにくいということを実感させられます。コメの味は、天日干しを行った方がとてもおいしいようです。






a0123836_14442175.jpg
先週末に顔を出したヒガンバナは、曇空のもと、花を開きはじめています。
季節は秋へと。


ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2017-09-12 17:03 | 田んぼ

あっぱれ!秋晴れ

9月10日(日)、午前9時の気温24.8℃、晴れ。朝から見事な青空が広がりました。陽射しが強く蒸し暑い一日でした。ここ数日の涼しさになれてしまった体には少しこたえます。

a0123836_14433534.jpg
田んぼのようす。延期、延期で昨日でやっとすべての田んぼの稲刈りを終えました。胸をなでおろすとは裏腹に、稲穂がなくなり冬へ向かっての姿と変わった田んぼを見ると、少し寂しさも感じます。



a0123836_14452486.jpg
中庭では、ヘチマの花は今でもなお鮮やかな黄色い色を発しながら青空に向かって花を咲かせています。


a0123836_14454274.jpg
午前中には、刈り取ったキョウシンのわらを天日干ししました。ワラを乾燥させるには、絶好の天気です。里山の風景を彩る素晴らしい風景が広がりました。



a0123836_14463118.jpg
田んぼ近くのクワの木には、クワコの終齢幼虫でしょうか?二匹の幼虫が一生懸命クワの葉を食べています。カイコの野生種として考えられているイモムシです。刺激を受けると胸部を膨らませます。年二回発生し、卵で越冬します。



a0123836_14465017.jpg
これは9月6日に撮影しました。クワコの中齢幼虫のようです。上の写真と同じクワの木の葉の上で観察しました。撮影した時はなんの幼虫か分からず、パッと見ると鳥のフンかと思いました。でもきっと何かの幼虫だと思いながら観察を続けました。終齢幼虫になってから図鑑(文一総合出版「イモムシハンドブック」)で調べるとクワコの幼虫だということがわかりました。4日間でこんなにも体の形を変えながら成長するのですね。
a0123836_14471286.jpg
雑木林では、スダジイの殻斗が目立っています。このごつごつした殻斗が裂けてくると中からスダジイの果実、ドングリが顔を出してきます。ドングリとはブナ科の木の果実の総称です。日本では約20種類ほどあります。木によっていろんな種類・形があります。ドングリの形比べなどすると違いが分かり楽しいでしょう。


毎日見どころいっぱいのセンターへ

ぜひお越しください。

お待ちしております。

by isumi-sato | 2017-09-10 17:15

思い通りに行かないものです

9月8日(金)、午前9時の気温22.8℃、曇。昨日の夜は蒸し暑く、今朝目が覚めると肌寒い。皆さん風邪をひかないようご注意ください。

a0123836_11323931.jpg
田んぼのようす。今日こそは稲刈りを実行!!と思いましたが、昨日の夜にも雨が降り、稲刈りは明日に持ち越しです。思い通りに行きません。人生も?



a0123836_11330864.jpg
ということで、今日は急きょ5日に刈っておいたキョウシンの脱穀を行いました。足踏み式脱穀機を使っての作業です。リズミカルな音で簡単かつ順調に脱穀しているようですが、試してみると結構難しく足と手のタイミングが合わなかったり、かなりの重労働なんです。


a0123836_11332870.jpg
実が熟していないうちに刈った稲なので、脱穀した籾は草むら(昆虫広場)に蒔き、鳥などの餌になりうようにしました。
ただ、大型の哺乳類は勘弁ですね。


a0123836_11334716.jpg
職員が、脱穀したワラを使ってスゲを編んでいます。



a0123836_11340129.jpg
菅笠(スゲガサ)で有名のスゲという植物を指すのではなく、いすみでは、ワラを束ねるためのひもとしてワラを編み、そのひもを「スゲ」と呼ぶそうです。

午後には少しづつ天気も回復していき、14時過ぎにはお日様も顔を出しました。
天気に誘われ、まだ残っているキョウシンの刈り取りを行いました。でも全部ではないです。全体の1/3程度はまだ残っています。
一度に全部行って、藁つくりに失敗した年もあるので、今年は分けて刈り取る方針です。
いい藁ができると嬉しいのですが、果たしてどうでしょうか?


ところで・・
a0123836_11342244.jpg
オオッ!朝は珍客がご来館。アオダイショウでしょうか?館内展示してある「唐箕(トウミ)」の下から顔を出しました。1mぐらいはありました。私の気配を感じると素早く隠れました。マムシと間違えられることも多いヘビですが、無毒のヘビです。ネズミを食べるので、センター建屋に住み着いたネズミを食べてくれると助かりますが‥‥これも思い通りにはいきませんよね。きっと。
しばらくしたら、自主的に退館していきました。まあ、何回かは来館されている、リピーターさんだったような気もします。



a0123836_11343592.jpg
先日もブログで取り上げたカヤ。その木の下では、今朝はたくさんの果実がはじけ飛んで地面に落ちていました。よく見ると、花のように果実を開き種子が顔を出しています。数日前は地面に果実は落ちていなかったのに…自然観察は毎日のちょっとした変化が楽しみの一つといえます。


a0123836_11345557.jpg
ホタルの水路近くでは、ヒガンバナが芽を出し始めました。いすみ地域ではお祭りシーズンの到来です。みこしを担ぐ若い衆の掛け声「ほらやっさ、ほらやっさ」のBGMと共に真っ赤なヒガンバナが開花することでしょう。


季節の変化は、自然の素晴らしさをおしえてくれます。


by isumi-sato | 2017-09-08 17:15

曇、雨がつづきます。いつイネ刈ができるかなー?


8月7日、曇。午前九時の気温は22.9℃、きのうの最高気温は24.9℃、今朝の最低気温は21.3℃でした。
今日は曇で、時おり空が明るくなりかけますが、晴れることもなく、少し蒸し暑さが戻ってきました。予報では、夜中にまた雨が降るようです。



a0123836_17223867.jpg
ここ数日の降水量は合計40mm程度になりました。堰の水位は、30cmくらい上がってきています。



a0123836_17225097.jpg
田んぼのイネは刈ってくれとばかりに、こうべを垂れていますが、田んぼとイネはなかなか乾いてくれません。




a0123836_17231642.jpg
センターの田んぼで、モチゴメとわら細工用の稲わらを干しているオダガケ、それに刈り取る前の黄金色のコシヒカリが数日間同時に見られている光景は、ここ数年間で初めてのことでしょう。




a0123836_17232480.jpg
一部早くも色を変えた秋の味覚、カキの実も見られ始めました。でもまだ食べるには早いようです。




a0123836_17234078.jpg
湿性生態園のヤナギ林は、まだ地表を現わしており、イノシシたちの足あとも見えています。



a0123836_17235798.jpg
湿性生態園デッキ沿いには、たくさんの草草が茂ってきていますが、ウシノヒタイのような葉の形をした、ミゾソバが広い面積を覆い始めています。




a0123836_17241190.jpg
林道沿いで、少し空が明るくなった時に、オオシオカラトンボでしょうか。羽をVの字にして休んでいました。





a0123836_17241641.jpg
ツリガネニンジン





a0123836_17234999.jpg
キンエノコロ、などが顔を出しています。




a0123836_17242338.jpg
昆虫広場、ススキの中、根元に、ナンバンギセルの花が見えています。その名の通りキセルの形の花で、イネ科やミョウガなどの根につく寄生植物です。




ご来館お待ちしております。

by isumi-sato | 2017-09-07 17:27 | 田んぼ

9月最初の日曜日

9月3日の日曜日。当地域では夏休みが終わって、最初の日曜日です。
今朝9時の気温は21.6℃、最低気温は14.4℃、なんと涼しい・・天気も良く、秋ですねぇ。

a0123836_14084970.jpg
朝は日も降り注ぎ、そしてその日差しは心地よく、台風一過の秋晴れ、と言いたいくらいです。
今日が稲刈りなら、と思うのですが、意外に田んぼは乾いていません。朝日に、田面に残る水が光っていました。

でも、午前中の日差しのおかげで、田んぼもだいぶ乾いてきました。この調子で明日の月曜日もお日様が出ていればだいぶ乾いてくれるでしょう。
農作業というものは、本当に天気に左右されますね。
近隣の田んぼでは、台風の影響を避けてか、週末の雨が降る前に収穫したところも多かったようです。
センターでも行事を考えてぎりぎりまで判断を延ばしたので、週明けとなりました。

もっとも、報道によれば、市内の田んぼで稲刈り体験をしていたところもあったようですが、当センターの圃場は水分が多くて無理でしたね。

a0123836_14094694.jpg
昨日の午後からきょう午前中にかけて、右側のオダにお飾りつくり使う予定のイネを干していました。
午後には左の屋根の下へ退避させました。
空模様が・・

a0123836_14085230.jpg
午後になると曇りがち、でも晴れ間も結構あったな。
天気予報では、4日は晴れますが以降は曇りで、週中には雨が降るかも、という予想。
外れてほしいですね。でも、あっという間に秋雨の季節が近づいていますね。


季節は進みます。
植物には実がついています。

a0123836_14100271.jpg
a0123836_14100587.jpg
ご存知、ハスの実。今は花も終わり、色々な段階のハスの実のようすを観察できます。


a0123836_14095899.jpg
オニグルミもたわわに実り、まるでブドウの房のようですね。

a0123836_14095397.jpg
こちらはコブシの実。春には白い花を咲かせていましたが、秋にはこんな実がつくんですよ。

センターやその周辺ではいろいろな実が観察できます。
実りの秋です。

散策に出てみませんか。


by isumi-sato | 2017-09-03 16:50 | センターこぼれ話