千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:作業風景 ( 115 ) タグの人気記事

もち米を脱穀しました

9月14日木曜日。今朝の最低気温は20.2℃。朝は曇っていましたが、徐々にお日様が顔を出してくれました。
明日も天気がよさそうですが、この週末からお天気が怪しい。そう、台風です。週の初めには大陸の方に行ってしまう予報だった気がするのですが、気が付いたら急に東に向きを変え、本土直撃コースになっていました。
収穫したコメや藁の処理が終わっていません。早くしないと台風に・・


a0123836_13460091.jpg
この図はあまり見ない人もいると思いますが、ハワイの米軍合同台風警報センター(JTWC)が発表する台風情報です。
このブログを見ることができれば、アメリカ海軍やヨーロッパで発表されている台風情報も参照できます。ご覧になったことありますか?日本と違い10日先まででているところがあるので、たまに利用しています。


というわけで、今日はもち米の脱穀を行いました。
何十年前の農業だろう、という感想を抱きながらの作業でした。

a0123836_13284731.jpg
田んぼに干していたもち米です。12月の行事に使うので、ダメにするわけにはいきません。全部で4つのオダにかけてあります。


a0123836_13395176.jpg
午前中は足踏み式脱穀機でイネから籾を外しました。


a0123836_13400714.jpg
脱穀機の全面に籾が飛び出してきます。


a0123836_13401596.jpg
この作業、本日は3人がかりです。一人がペダルを踏んで回し、一人が藁をつかんで脱穀し、一人はオダからイネを外して運ぶ係です。


a0123836_13402103.jpg
何とか脱穀が終わりました。


a0123836_13433371.jpg
脱穀機はきれいに掃除しました。結構、藁が絡みつきます。



a0123836_13402502.jpg
脱穀した籾ですが、藁も多量に混じっているので、このままでは唐箕にかけられません。
力技(マンパワー)で分別です。



a0123836_13402835.jpg
午後からは唐箕を使ってゴミ(藁屑)との分別をしました。
こうやって運びます。前後に持つところが付いているんですよ。



a0123836_13403114.jpg
このレバーで穀類の投入口の開閉度をコントロールします。


a0123836_13403401.jpg
広くすれば多量に下に落とせるのですが、送る風量がマンパワーで律速。一度にたくさん落とすと分別できません。適度に狭めます。狭すぎると落ちる量が少なかったり詰まってしまい、これまた作業効率が落ちてしまします。


a0123836_13403894.jpg
ハンドル部。これを手で回します。モーターにつないで動力で回せばいいのでしょうが、センターのはあくあくまでも人力用。マンパワーのみが頼りです。


a0123836_13404266.jpg
一人が上から投入し、一人がハンドルを回して風を送り、一人が下で風選(分別)されたコメを集めます。
正面からは風で飛ばされたゴミが噴き出てきます。実はコメを受けるところは反対側にもあり、それはちょっと軽めの、ゴミとコメの中間くらいの重さのものが出てくるのですが、今回はそのようなコメ(あまり質の良くないもの)は少なかったですね。



a0123836_14385701.jpg
天日干しの作業です。まだ籾の水分量が多いので籾摺りはできません。莚に広げての作業です。
そして、道具を使って、時々莚の上でひっくり返してやります。そうしないと、上の籾だけ乾燥が進み、下になっている籾が乾かないままになってしまいます。

a0123836_14393553.jpg
何にでも道具はあるものですね。
天地返し器と呼ばれています。らせん状になっているため、うまく上下が入れ替わってくれます。


明日以降もさらに籾を乾燥し、そして籾摺り機にかけて玄米にし、さらに精米機で食べられるようにするのです。結構手間がかかるのですよ。

昔ながらの農業(昭和30年代かな?)は大変だ・・


by isumi-sato | 2017-09-14 16:45 | 田んぼ

乾燥、籾すりして玄米に

a0123836_14434909.jpg
9月12日、曇時々雨。午前九時の気温は26.6℃、今朝の最低気温は18.6℃でした。
昨夜半から、時おり短い時間で強い雨が降りました。



昼間も雨雲が房総半島の上を通過して、曇空なのですが時々雨が落ちてきます。
南よりの風で空気は生温かく、湿度が高い一日です。



a0123836_14435550.jpg
午前中に、近くの農家に協力をいただいて、もみすりを行いました。9日にコンバインでコシヒカリの稲刈りを行い、モミは乾燥機に運び込んでありました。
乾燥機では、電気や灯油を使って約16時間ほどでモミが乾燥できます。写真右奥のクリーム色の金属製の箱です。乾燥した籾は天井の台垂形のモミタンクに一時貯蔵され、その下の籾摺り機へと運ばれます。もみ殻はダクトで外へと送風されます。
皮をむかれたモミ、すなわち玄米は一番手前の計量機へと運ばれて、紙袋の中に流し込まれていきます。





a0123836_14435944.jpg
玄米のでき具合を白と黒のお皿にのせて確認します。




a0123836_14440590.jpg
もみすりは、二時間ほどで終了しました。今年収穫したお米の玄米ができました。
今年は、前年並みの豊作でした。8月前半の曇雨続きの天候は、大きな影響はなく済みました。





a0123836_14441042.jpg
また、もみ殻を大きなモミ袋に入れて確保しました。10月の行事「いも掘り・焼芋」や、燻炭にして畑に使用する予定です。





a0123836_14441522.jpg
一方、5日に手刈り、オダガケをして自然乾燥、天日干しをしているモチゴメの方は、このところの雨続きでまだ十分に乾燥が進んでいません。
昨年、今年と稲刈りのころに雨が続き、自然乾燥方式は天気まかせで作業がはかどらず、作業予定もたちにくいということを実感させられます。コメの味は、天日干しを行った方がとてもおいしいようです。






a0123836_14442175.jpg
先週末に顔を出したヒガンバナは、曇空のもと、花を開きはじめています。
季節は秋へと。


ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2017-09-12 17:03 | 田んぼ

稲刈り終わりました!

9月9日(土)、午前9時の気温24.9℃。今日は朝から…

a0123836_17122668.jpg
晴れ―――!ほんと久々です。


a0123836_17125247.jpg
待っていました。これで、ようやく稲刈りができます♪


a0123836_17131394.jpg
本当は、田植えをした参加者に収穫していただきたかったのですが…スイマセンね~


a0123836_17135487.jpg
突然の稲刈りにビックリしたバッタがぴょんぴょん。


a0123836_17173606.jpg
カマキリは茫然…


a0123836_17174793.jpg
カエルも大騒ぎです。


a0123836_17392251.jpg
カヤネズミもいました!ちっちゃい~(^^♪
ほんとうに田んぼには、たくさんの生きものが暮らしているんですね。


a0123836_17133194.jpg
一方、ノシメトンボは…


a0123836_17134528.jpg
高みの見物です。


a0123836_17195077.jpg
今年は豊作ですよ♪


a0123836_17200702.jpg
田植えの参加者の方、期待しててくださいね。


a0123836_17202721.jpg
ヒガンバナも顔を出しました。


a0123836_17204278.jpg
葉がないのが、おもしろいです。


a0123836_17205266.jpg
ふ~、ようやく稲刈り終わりました。おつかれさまです♪


by isumi-sato | 2017-09-09 17:21 | 田んぼ

秋の気配

8月29日(火)、午前9時の気温29.2℃、晴れ。朝から青空の広がる一日となりました。吹く風からは秋の気配を感じました。

a0123836_14500099.jpg
中庭のようす。空が少し高く感じられます。


a0123836_14501706.jpg
今日は職員による京都神力(キョウトシンリキ)のという品種の稲の刈り取りを行いました。田んぼの東側。一番背の高い稲を刈り取ります。京都神力はお飾り用のわらとして使われます。

a0123836_14503258.jpg
職員とボランティア、4人での稲刈りです。(写真は一人ですが…)今日は京都神力の3分の1を刈り取りました。お正月のお飾りには、わらが青いほうが良いので、いつ頃刈り取るのが一番良い色が残るのか試しながら三回に分けての刈り取りです。今日はその一回目。予定では二回目が9月6日、三回目が9月8日に分けて刈り取ります。でも今週末から雨の予報が出ています。

a0123836_14504865.jpg
刈り取りを進めていくと、カヤネズミの巣が5個見つかりました。巣だけで姿は見えませんでした。カヤネズミは成体でも頭から胴までの大きさは5~8㎝。とても小さいねずみだそうです。一度でもいいから見てみたいものです。
a0123836_14510606.jpg
刈り取った稲は駐車場に干しました。しかし明後日31日は雨の予報なので、明日はイネを束ねてセンター建屋の軒下に干す予定です。


a0123836_14512247.jpg
昆虫広場では、ジュズダマの花期が終わろうとしています。黄色い花も落ち、長さ9~10㎜の硬くツヤもある苞鞘(ほうしょう)が目立ってきました。これからだんだんと苞鞘が茶色くなっていきます。


a0123836_14513643.jpg
ジュズダマに絡まってつるを伸ばしているツルマメの葉を、変わった形をした毛虫が一生懸命食べていました。マメドクガの幼虫でしょうか?茶色いブラシのような毛束がよく目立ちます。少し暗くて見ずらいのですが、脇に白い毛が生えているのも目立ちます。インターネットで調べると、ダイズ、フジ、ケヤキ、コナラ、クヌギ、エノキ、バラなど、様々な植物の葉を食べるそうです。普通にみられる毛虫とも書かれていましたが、私は初めて見ました。毎日いろいろな生きものに出会えます。


by isumi-sato | 2017-08-29 17:15 | 作業風景

今日も変わりやすい天気でした

8月19日土曜日。今日の天気は・・・曇り時々晴れまたは雨。要は何でもありのお天気がしばらく続いています。
天気予報も簡単ですね。
昨日の最高気温は29.2℃で累計降水量は5mmでした。今日、午前9時の気温は27.2℃、日中は蒸し暑く湿度も高めで、ちょっと作業すると汗だくです。今日の降水量は・・ゼロだろうな。きっと。

こんな天気でもザリガニ釣りは人気です。今日もチャレンジする親子が雨の合間に来園します。
今年は釣れる時とつれない時の差が激しい。理由は不明ですが2時間前の親子は20匹、今帰ってきた人は坊主。そんな日が続いています。

a0123836_14424357.jpg
南の空はちょっぴり青空も見えるのに、


a0123836_14423145.jpg
北の方角では突然と白くなって、

a0123836_14423608.jpg
ポツポツからサーと雨が通り過ぎていきます。雲の動きも早い。


a0123836_14424812.jpg
昨日も出ましたイネの穂。電柵でしっかりガード。今朝は湿性生態園の林道路肩に、イノシシのラッセル痕を久しぶりで確認。油断できませんね。


a0123836_14425222.jpg
稲穂はこうべを垂れ、刈り取りがまじかなことを知らせてくれます。
でも、この天気で水田は湿ったままです。乾いてくれないと・・・いろいろと刈り取り作業でまずいことが。
特に行事として行う手刈り作業は、足元がグチャグチャで大変なことになってしまいそう・・・


刈り取りに向けていろいろな整理も行います。
そのうちの一つにもみ殻の整理。畑に使ったり、焼き芋に使ったり、と、色々便利なので常に保管し在庫も抱えています。

その在庫が大変なことになりました。

a0123836_14425548.jpg
リヤカー一杯分のもみ殻です。どうしたのかというと・・・


a0123836_14430420.jpg
a0123836_14430060.jpg
ビニール袋に入れて保管してあるのですが、野ネズミにかじられて中身がこぼれ出ました。その量はおよそ3袋分。

袋を入れ替えました。またやられないといいのですが。
今年の分がもう2週間もすると追加されます。

上の写真にあるように、今年はこのままでいけば豊作の予感。
でも、日照不足で病気も心配されます。

農業って、本当に天気に支配されますね。

ちなみに、センターは農家ではありません。あくまでも行事や展示などの、体験用の田んぼや畑です。



by isumi-sato | 2017-08-19 17:15 | センターこぼれ話

センターの農作物

8月18日午前9時の気温は26.8℃、天気は晴れでした。

a0123836_16531503.jpg
a0123836_16533224.jpg
久々の晴れ模様でしたが・・・

a0123836_16524305.jpg
雨が急に降り出したりして急変の空模様でした。

日照不足や降雨が読き農作物の影響が心配されるます。天候の回復がまたれます。センターの農作物は、、、



〇稲作栽培~米作り2・稲刈り体験をしよう行事~ に向けて
a0123836_16335230.jpg
40株ほどぶんけつした稲株です。これだけたくさんぶんけつすると大人でも稲刈りは2株がやっとかもしれません。嬉しし悲鳴かも?


a0123836_15454413.jpg
今にも電柵(電線)に接触しそうな稲穂です。


a0123836_15502983.jpg
細縄を張つて電柵の接触を回避する作業です。


a0123836_15534185.jpg
日照不足等悪天候が読き今後の水稲の生育が心配されますが、そのために風通しをよくするため、こまめに草刈りを行い対処しています。



②サツマイモ栽培(サツマイモの蔓返し)~いも掘り・焼きいもにチャレンジ!~ 向けて
a0123836_16191981.jpg
5月下旬と6月上旬にかけてに植栽したサツマイモです。現在のところ小動物の被害に遭遇することもなく順調に生長しています。良いサツマイモを収穫するために欠かせない、次の作業をおこないました。


a0123836_16195112.jpg
つるを伸びたままにしておくと、つるの節から発根して根付いてしまい、そのままにしておくと途中の根から必要以上の養分を吸いあげて、「つるボケ」と言われる状態になり葉が不必要にふえて、芋の収穫量が減ってしまいます。つるボケを防ぐためにつるを持ち上げて、株もと以外から出る根を引き上げる作業です。


こんな天気でも、これからの行事に向けて田んぼや畑のメンテナンスは欠かせません。
ぜひ参加してくださいね。
なお、稲刈りは田植え参加者が優先で実施します。現時点では追加募集を行っていません。
また、いも掘り・焼きいもにチャレンジ! も、キャンセル待ちの状態です。


by isumi-sato | 2017-08-18 17:15 | 田んぼ

雨の日は・・

7月26日、午前9時の気温は25℃。雨・・・です。
実に久しぶりではありませんか。この雨でホット一息、というところもあれば、もう勘弁、という地域もあるでしょう。
雨は本当に気ままで困ります。降ったら降ったで、降らなければ降らないで、どちらにしても困ります。これも気候変動のなせる結果なのか、と思うと頭が痛いですね。

a0123836_14381645.jpg
バスタブ水槽に雨粒が落ち、オーバーフロー直前。

中庭の日差し除けに作った棚の
a0123836_14373484.jpg
ヘチマの花がきれいに咲いています。雨で黄色も鮮やか。

a0123836_14373225.jpg
アサガオにも水滴がついています。

その中庭に何か異物が・・
a0123836_14372496.jpg
a0123836_14372845.jpg
あらら・・ウサギ君の落とし物か。昨日は無かったので、今朝か。
しばらくこのままにしておきます。観察して大きさや質感を確認されてはいかがですか。
昆虫広場にはイノシシ君の落とし物もありますので、比較しやすいですよ。

雨は朝8時くらいから降り始め、お昼にはいったん止んだのですが、14時半くらいからまた降り始め、でも気象庁にも国交省のレーダーにも雨雲はなく・・。雨が止んだのでザリガニ釣りに来た子供たちも、恨めし顔でネイチャーコレクションに挑戦。そして雨の中、ザリガニ釣りに戻っていきました。風邪ひくなよ。傘を差しながら見ているお母さん、ご苦労様。

職員は雨の時用の仕事を。
a0123836_14373667.jpg
エコメッセに向けた缶バッチつくりです。
一応、センターも参加予定(環境財団として)。

そしてセンターにちょっとアクセントを。
a0123836_15024624.jpg
正面入り口の右手に置きました。
センターで草木染などの講師をしていただいている方からケイトウの花、各種、いただきました。彼女も分けていただいたそうですので、そのおすそ分け、かな。
センターには無い花です。ちょっとだけ華やかさの演出です。

15時時点で降り始めから5㎜の降水量を記録。そして気温は朝から下がる一方です。涼しいなぁ、と感じるほど。
センターの畑や水田も、これで一息という一日です。



by isumi-sato | 2017-07-26 16:38 | センターこぼれ話

ジャガイモの生長&収穫作業

6月18日、午前9時の気温は20.2℃。天気は曇りでしたが午前11時頃には本格的な雨降りとなりました。久しぶりの雨で作物にとっては恵みの雨になりましたね。
ただ、16時過ぎの館内の室温も20℃ちょっと、どちらかというと肌寒いくらいです。雨は降り始めから12mm、まだ降る予報が出ています。南側の堰の水がだいぶ減ってきていたので、これで一息ですね。
でも、センターの田んぼは中干に入ったところで雨にあいました。これは残念・・・


●センターではこのほどジャガイモの収穫作業を行いました。

a0123836_1415618.jpg
品種はダンシャクとキタアカリの種を用意しました。


a0123836_14103160.jpg
腐敗を防ぐために切口に灰をつける作業です。切口が乾燥してから植え付ける方法もありますが、、、
今回は灰をつける方法を選択しました。


a0123836_14184292.jpg
日当たりの良い場所を選び、切口を下に向けて種イモを置いていきます。植付の間隔(株間)は30cmほどです。2月22日に種を植え付けました。


a0123836_14274012.jpg
肥料袋に畑の土を入れて、袋での栽培も試みましたが、、、はたして成果は?


a0123836_1439218.jpg
肥料袋から収穫したダンシャク芋です。畑から収穫した物と比較しても成長の度合いは遜色がないように感じました。


a0123836_14512276.jpg
キタアカリの収穫作業です。剪定の成果でしょうか、小粒の芋は少なかったようです。



●ザリガニ釣りがやりやすくなりました。
a0123836_14565573.jpg
釣る場所に草が伸びてきて、水路の方に垂れ下がっている箇所があるため、鎌で草を切り落としました。雨が降りそうなので、急いで作業しました。
広くなって釣りやすくなりましたよ。これで釣り場の環境が良くなり、ザリガニがよりたくさん釣れるかも?

ただ、今日みたいに涼しい日の釣果は、普通はあまりよくありません。でも、朝一の親子はわずかな時間で30匹ほど釣ったととのこと。
今年は田んぼや蓮田でもちょくちょく見かけます。ちょっと増え過ぎたようで困ってます。子供たちは喜んでますけど。

ちなみに釣りエサはスルメイカです。よく聞かれますが、「さきいか」は向きません。自分で焼いて食べる、お父さんのお酒の友、あのスルメイカが良いようです。
ご自分でエサを付け替えてもOKですよ。余ったらセンターに寄付してくださいね。ほかのお友達にもおすそ分け。
by isumi-sato | 2017-06-18 16:01 | おしらせ

梅雨の功罪 / イモ苗二回目の植え付け

6月8日午前9時の気温20、8℃、湿度86%天候は曇という気象状態でした。きのう梅雨入り宣言もされ、10時前には天気予報より早く雨が降り出し、午後には薄日が差す変わりやすい空模様になりました。



●イモ蔓の捕植&新たに植付
a0123836_14211968.jpg
16日前にイモ蔓を挿したところですが、日照りで乾燥してしまい蔓が一部枯れてしまいました。そのためその箇所に捕植をしました。品種はシルクスィートです。今度は梅雨の恩恵で間違いなく活着することでしょう。期待します。



a0123836_14262851.jpg
近くの農家の方からイモ蔓をいただきました。品種は紅はるか(ねっとり系)とカンパチ(ホカホカ系)です。植付が終わると間もなく雨が降り始め作物にとってはとてもラッキーですね。




●麦のオダカケ場所の急遽移転
a0123836_144440100.jpg
雨が降り始めたため畑のオダカケを雨の心配がない下屋に麦を掛ける場所作りです。長雨にさらされるとカビが生えたりして品質低下を招く恐れがありますが、、、


a0123836_14534460.jpg
掛け終わったようすです。
これで雨の心配もなく、風通しの良い場所なのでひと安心かも知れませんね。







●ソラマメの種
a0123836_1515413.jpg
ソラマメが完熟して固くなったので自家採種しました。今年の秋に播く種の準備です。莢から実を取り出したものをこれから乾燥させていきます。




●雨の効用
a0123836_1526244.jpg
ひと雨ごとに色濃くなる水稲です。



a0123836_15312985.jpg

雨に濡れたハナショウブ(花菖蒲)です。何と言ってもこの季節、雨に生える花のひとつです。一服の清涼剤ですね。






by isumi-sato | 2017-06-08 17:20 |

6月の風物詩  ~麦刈り~

6月2日午前9時の気温は22.0℃、湿度は47%。雲一つ無い快晴の天気でした。日中の最高気温は25℃を記録し夏日でした。きょうは、昨年の秋に播種した、小麦の刈り取り作業を行いました。いまでは麦の栽培はあまり見かけることがすくなってきた昨今ですが、栽培が最盛期のころは、ちょうど麦刈りで忙しい時期でした。

今日の作業
a0123836_15284675.jpg
鎌を使っての刈り取り作業です。片手で持てる程度の小麦の茎をもち、鎌を手前に引きながら
刈り取っていきます。


a0123836_15324495.jpg
刈り取りをした小麦を、藁で根本を縛りながら進んでいきます。


a0123836_15550433.jpg
おだに掛けてている作業風景です。昨今の気温の上昇や風の影響で、早く乾燥するかもしれません。

今後の作業

a0123836_15550457.jpg
今でも現役で使用しているセンターにある足踏み脱穀機です。昔、農家で実際に使用していたものです。おだで乾燥した小麦を、後ほどこの機械で脱穀していきます。


a0123836_15550405.jpg
更に乾燥させるために、この莚(むしろ)で天日干し(自然乾燥)して小麦の乾燥調製が終了します。この農具類は、今では一般的には見かけることはあまりありませんが、センターでは貴重な戦力ですよ。



来館者に野菜のプレゼント

a0123836_15550450.jpg
今日は来館者の方々に、センターで栽培した新鮮な取り立ての玉ねぎを家族単位で差し上げました。
デイキャンプに来られていた家族のグループもお持ち帰りです。夕方にはきれいになくなっていました。

残念ながら、午前中に募集した玉ねぎの収穫体験には誰も参加しませんでした。額に汗するのはちょっと・・・かな。

次回は未定です。玉ねぎ畑はクリーニング終了、次の展示栽培に向けて、また耕します。

ご来館の折には畑の様子も見てくださいね。


by isumi-sato | 2017-06-03 17:15 | 作業風景