千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:体験イベント ( 257 ) タグの人気記事

そば打ち体験

2月18日(土)、午前9時の気温7.2℃、晴れ。今朝の最低気温2.7℃。昨日の春の嵐から一夜経ち、朝の冷え込みもやわらんだように感じます。今日は「そば打ち体験」を行いました。センターの行事の中でも人気の行事です。参加者大人18人の参加がありました。

a0123836_15141629.jpg
講師を招いての「そば打ち体験」です。参加者全員真剣なまなざしで講師のレクチャーに聞き入ります。まずはそば粉(250g)をふるいにかけます。その後つなぎとして小麦粉(100g)もふるいにかけ、こね鉢の中で丁寧に混ぜていきます。この配合は初心者向けにつなぎが多めです。


a0123836_1516047.jpg
そば粉とつなぎ粉が混ざったら、水180mLを用意し、はじめは水90mLをそば粉に流し込み指を使って丁寧に混ぜていきます。そばを上手に作るコツは、このこねる時点で「丁寧に焦らずこねること」だそうです。


a0123836_15162822.jpg
残りの90mLの水は少しづつ入れ様子を見ながらこねていきます。こねていくと茶色く色が変わりソバのいい香りがしてきます。180mLの水がなくなるころには、そば粉が一つのかたまりとなっていきます。




a0123836_1517542.jpg
おばあちゃんの付き添いで来てくれたお孫さんも、かたまりになったそば粉の生地(以下生地)を一生懸命こねています。



a0123836_15182659.jpg
たっぷり打ち粉をし、手で生地を広げます。その後綿棒で伸ばしていきます。

a0123836_15185088.jpg
1mmぐらいの厚さまで伸ばしたら、打ち粉をたっぷり打ち、生地を折りたたみます。そしてこま板をあて、均一の幅で切っていきます。

a0123836_15191366.jpg
なべにたっぷりのお湯を沸かし、1分から1分30秒ほどゆで、ゆであがったらザルに取り、水で絞めて出来上がりです。



a0123836_1524964.jpg
ゆで終わったら早速試食です。アンケートには「わかりやすい指導、美味しく出来ました。」
「説明が分かりやすかった。」「時間に余裕があり、慌てずにできた」などの回答がありました。




参加した皆様、ぜひご自宅でもそばつくりを実践してください。




by isumi-sato | 2017-02-18 17:15 | 行事報告

作物の栽培準備  落花生&綿

2月9日、雨。午前9時の気温3、4℃。今朝の最低気温は、マイナス1、5℃、湿度91%でした。
県内でも雪が降っているところもあったようです。芯から寒い一日でした。

a0123836_11141094.jpg

今朝の最低気温を示す寒暖計です。


a0123836_11171638.jpg

寒い昨今ですが、梅の花が咲き誇っています。


a0123836_11205968.jpg

こうした土の盛り上がり、モグラ塚と呼ばれモグラがいる目印です。このところ、モグラ塚が新しくできています。おかげで庭の表面が凸凹になってしまいます。モグラがトンネルを掘るのは、掘った後トンネル空間に出てきた虫やミミズの振動をキャッチしてそこまで移動して捕まえて食べるためだそうです。いわば、わな で、
掘りながら食べるというものではないようです。


a0123836_1127571.jpg

昨年10月に収穫し、完全に乾燥した莢付き落花生です。種用として皮むきをします。先端(とがっているところ)の下を親指を重ね押して殻を割り、実をとりだしていきます。若干押す力が必要で、なれていないと大変かもしれません?また殻は活用すれば、消臭効果があるといわれており、腐食させて肥料にもなり捨てるところがないすぐれものです。


a0123836_1131478.jpg

綿の栽培が盛んなころにはこの綿繰り機を使い、実綿(みわた:種子に綿毛のついたままのもの)から綿毛を分離選別するために活用しました。手回し式の綿繰り機は、2本のローラーに実綿を挟むことで、ローラーの間から繊維だけが反対側にでていき、種子は残り分離されます。今では綿の栽培を見ることはあまりみかけなくなった昨今です。また綿繰り機を使わず手で綿と種を分離することもできセンターでは量的にもすくなく観賞用の栽培ですので綿繰り機を使わず綿と種を分離しています。
まだ寒い日が続きますが、早めに栽培用種子の確保、準備にとりかかりました。

 
尚、この綿繰り機は近隣の農家の方から寄贈された貴重なものです。センター内に展示してありますのでご覧ください。お待ちしております。




by isumi-sato | 2017-02-09 17:10 |

ススキでミニほうきを作ろう

1月22日、快晴。午前九時の気温は3.6℃、今朝の最低気温は-2.5℃でした。

a0123836_11273858.jpg
朝方は冷え込みました。万木堰には薄氷が張っていました。
向こうでは地元消防団が月一度の放水訓練をしています。
カモたちは対岸の木陰の下に隠れています。


a0123836_11275882.jpg
今日もハス田の杭の上には、カワセミ君が獲物を狙っていました。


予報通り、昼前から南風になって日射しと共に気温が上昇してきました。

今日は、行事「ススキでミニほうきを作ろう」を実施しました。
a0123836_1531720.jpg

最初にほうき作りについて説明しました。
a0123836_153461.jpg

材料となるススキは穂の先端にノギ(細い毛のようなもの)がありオギの穂の先端にノギがないなどその違い等について説明しました。
a0123836_15543623.jpg

昆虫広場にて、材料のススキ、オギの穂を採取しました。
a0123836_1612598.jpg

工作室に戻りいよいよ作成にとりかかります。穂先をそろえた小さい束を準備していきます。
a0123836_1644015.jpg

小学生も行事に参加してくれました。
a0123836_1665379.jpg

2人がかりで絞めていきます。絞め方次第で完成品の良否が関係してきます。ポイントのひとつですね。
a0123836_1617439.jpg

最後に穂先をハサミで整えて、完成です。
a0123836_16202644.jpg

扇形のミニほうきの完成です。
今回のススキでミニほうきを作ろう行事は大人13人こども3人の参加をいただきました。参加年齢は9歳から65歳で幅広い年齢層でした。
アンケートには、このイベントで作ったほうきを家の掃除や神社掃除などで使いたいと思います。また環境と文化の里で行われるイベントにも参加したいとの有難い小学生の意見が寄せられました。









by isumi-sato | 2017-01-22 17:10 | 行事報告

米作り8・わらづと納豆を作ろう

1月21日(土)、午前9時の気温4.6℃、晴れ。今朝の最低気温−0.5℃。雪という予報も聞きましたが、雲一つない快晴の朝を迎えました。

a0123836_13481287.jpg
今日は行事「米作り8・わらづと納豆を作ろう」を行いました。大人12名の参加がありました。

a0123836_13483374.jpg
まずは納豆を作るのに欠かせないわらづとを作ります。講師の作った見本です。初めての人には、このわらづと作りが難しいようです。

a0123836_13484846.jpg
まずはわらの結び方についてのレクチャーです。ロープワークに詳しいセンター職員によって「男結び」の結び方を太いひもを使って解説です。垣根結び、イボ結びなどとも呼ばれ、いろいろな所でできると便利な結び方です。何度も練習です。

a0123836_13491262.jpg
講師持参のわらづとを編むための補助具を使いながら編んでいきます。わらは早めに収穫し乾燥させ、はかま取りし汚れのないように用意したものです。写真のようにわらは二つに折ったまん中部分を補助具にひっかけ、短いわらで横方向に一本づつミシン編みで編んでいきます。最後に男結びで止めるのです。



a0123836_1349308.jpg
難しいのでなんども講師に質問する参加者たち。

a0123836_143151.jpg
私のわらづとも何とか形になりました。さきの見本はわらづとを広げた状態。この写真は大豆を入れるために、真ん中をたたいて軟らかくし二つに折ったのち、わらを斜めにひっかけて開かないように縛った状態のわらづとです。

a0123836_146882.jpg
今度はわらづとを60秒ほど熱湯で煮沸します。



a0123836_1463021.jpg
1時間圧力なべで煮た大豆に納豆菌のついたわらを入れ撹拌し、大豆をわらづとを開いてその中に入れて行きます。ふっくらと煮えた豆がよい香りです。

a0123836_1464873.jpg
納豆菌が活動しやすいように紙袋に包み、その上に新聞紙を巻きその上にホッカイロ、そしてさらにその上に新聞紙やバスタオルを巻いて熱が逃げないようにします。24時間40℃~50℃を保つことが失敗しないコツだそうです。24時間たったら粗熱をとり、紙袋から取り出し、乾燥しないようにラップやポリ袋などに入れ冷蔵庫で一日熟成させると味がなじんでおいしくなるそうです。

a0123836_14799.jpg
行事内容が終了しても、囲炉裏を囲んでの講師と参加者の「食」に関する話は終わらず…。雑談を交えて楽しい行事となりました。アンケートでは「ワラの編み方が勉強になった」「わらづと作りも納豆つくりも楽しかった。もっとやりたい」などの感想をいただきました。

多くのご参加ありがとうございます。







by isumi-sato | 2017-01-21 17:15 | 行事報告

つるでかごを作ろう

1月9日(月)、午前9時の気温6.8℃、雨のち曇り。昨日の午後から降り始めた雨は、今日の午前中、正午前まで降り続きました。
a0123836_1592414.jpg
今日は「つるでかごを作ろう」を開催いたしました。雨の中、参加を希望された20名全員の出席でした。欠席する方が一人もいないということはとても素晴らしいことですね。まずは講師からつるの説明をいたしました。つるかご作りに適している、ミツバアケビ、クズ、ムベ、テイカカズラなどの説明や、特徴など丁寧な解説をいただきました。

a0123836_15103024.jpg
天気予報では、朝方には雨はあがるという予報でしたが午前中11時頃まで降り続きました。
雨ばかりはどうにもできませんからね…しかし皆さん、雨の中でも一生懸命つる探しをしてくれました。とても熱心ですね。



a0123836_15105296.jpg
昼食をとり、午後からはいよいよかご作りです。参加者全員、講師の説明を真剣に聞き入っていました。

a0123836_15111058.jpg
まず自分が作りたいつるかごの大きさを考え、つるの太さなどを考えて選んでいきます。太いつるを4本と、4本に切ったつるの半分の長さのつるを1本用意します。この5本がつるかごの芯となります。そして写真のように十文字に置いていきます。半分の長さのつるは真ん中に置きます。



a0123836_15125833.jpg
その後、細めのつるを、十文字に組んだ芯にまいていきます。はじめは写真のように芯となる十文字のつる二本の上下に編み材のつるをまいていきますが、三回ほど巻き終わったら今度は芯となるつる一本づつ上・下・上・下となるように編んでいきます。



a0123836_15131550.jpg
コツを覚えて順調に編み続ける方、講師に何回も質問される方、様々です。

a0123836_15133087.jpg
言葉もなく編み続けます。

a0123836_15134637.jpg
最後は品評会。様々な個性あふれるつるかごが出来ました。
アンケートには「天気がわるかったのは残念でした。」との意見もありましたが、「想像以上の作品ができあがり、楽しく参加できました。」「又参加したい。」とのうれしい感想をいただきました。

多くのご参加ありがとうございました。







by isumi-sato | 2017-01-09 17:26 | 行事報告

米作り6.お飾りをつくろうB ~輪飾り~ / クリスマス

12月24日(土)、午前9時の気温9.4℃、天気は快晴、今朝の最低気温1.5℃の気象条件でした。昨日に続きセンター行事のお飾り。昨日は鳥居形でしたが本日は輪飾り型で実施しました。午前、午後に分かれ延べ2回実施し、総勢29人が輪飾り作りに挑戦、およそ半数近くの人が初めての参加者でした。


a0123836_1434473.jpg
中庭にでて寒風が吹く中、最初ににわらすぐりを行いました。出来上がった時の見栄えの良しあしに関係してきます。重要な工程です。


a0123836_14393422.jpg
初心者の方でしょうか? ボランティアの方から指導をうけて、はかまどりです。

a0123836_1442525.jpg
はかまどりの作業風景です。お飾りつくりにはワラが210本必要です。

a0123836_14472471.jpg
ワラの先端部分だけをワラつぶし機で柔らかくします。前垂れになる部分です。


a0123836_14533834.jpg
しめ縄を強く転がすことで片寄り部分がなくなり、加えて柔らかくなり、輪を作る工程が容易になります。


a0123836_1457269.jpg
2人がかりでメインとなる前垂を輪にするしめ縄の中に差し込んでいます。ここまでくればまもなく完成です。


a0123836_15114129.jpg
最後にウラジロ、ユズリハ、御幣,ダイダイの飾る位置、注意事項について熱心に聞き入る参加者のみなさんです。



a0123836_1519823.jpg
講師による輪飾りの完成品です。


a0123836_1520573.jpg
最後に輪飾りを持って記念写真です。良いお正月を迎えてください。

「立派なお飾りができました。」「初めてつくりました。感動です。来年もやりたいです。」等々、嬉しいコメントをいただきました。

今年は稲の収穫後に雨にたたられワラの出来があまり良くなかったのですが、何とか形になってほっとしました。
来年も講座を開講する予定ではいます。今年参加できなかった方、来年はお早めにお申し込みください。


------------------
センター内でのクリスマスイブでの催し物

センター本体はクリスマスっ気が全くないのですが、ディキャンプ場を中心に地元の英語サークルがクリスマスイブの催しを開催しました。


a0123836_15303136.jpg
センター内のミカンに見たことのない飾り物が?

a0123836_15323544.jpg
北風も吹き肌寒い一日でしたが、ちびっ子たちが元気に中庭で遊んでいました。
たき火を囲んでマシュマロを焼いたりと、英語サークルらしく小さい子も英語を・・・しゃべていたかは確認していませんけれど。
メリークリスマスの掛け声とともに午後には解散していきました。
by isumi-sato | 2016-12-24 16:00 | 行事報告

米作り6・お飾りを作ろうA~鳥居形~

12月23日(金)、午前9時の気温17.8℃、朝からとても暖かく「今日はほんとに12月!?」
と思うほどの温かさでした。


a0123836_1525305.jpg
今日は「米作り6・お飾りを作ろうA~鳥居型~」と開催いたしました。14名の参加がありました。まずは解説です。鳥居型のお飾りで使うワラの本数は220本。講師である職員が「220本のワラをわらすぐり(ワラの余分な葉の部分を落とし、ワラの茎だけを残しきれいにしてゆくこと)をしてもらいます。」といったとたん「えーっ220本も?」というようなざわめきが少し起こりました。

a0123836_15254479.jpg
中庭に出て、わらすぐりの開始。リアカーの内側にワラをたたきつけたり、手串で余分な葉の部分をとっていき、きれいな一本のワラにしていきます。わらすぐりをしながら、ワラ20本の束を2束、ワラ15本の束を12束を輪ゴムでまとめておきます。

a0123836_15261666.jpg
わらすぐりが終わったら、ワラ15本×12束のワラを藁打ち機を使って柔らかくしていきます。

a0123836_15263151.jpg
その後、館内工作室へ戻り作成開始です。まずワラ20本×2束のワラを写真のように茎の部分が真ん中、穂の部分が外側へ来るように束ねていきます。



a0123836_15264868.jpg
穂の部分を切って茎の部分だけ残します。これがお飾りの芯となります。

a0123836_15271237.jpg
柔らかくしたワラ15×12束のワラを先ほど作った芯にまきつけていきます。
中心から左に向かって1束づつ合計で6束を写真のように縛っていき、次に中心から右に向かって穂を外側に向けて同じく1束づつ合計で6束縛っていきます。この時に力を入れて強めに縛っていかないときれいに仕上がりません。


a0123836_15274196.jpg
すべてのワラを縛り終わったら、センター自前の細縄を使って崩れないよう端を縛っていきます。

a0123836_1528688.jpg
講師に何回も聞きながら完成させる方、簡単に完成できる方。それぞれですが、参加された方皆さん一生懸命でワラを縛る音だけが工作室に響きました。

a0123836_15282142.jpg
これは講師が作った鳥居形のお飾りです。完成はこのようになります。ゆずり葉、橙、ウラジロは今日は飾り付けず参加者にお渡ししました。29日か30日にゆずり葉、橙、ウラジロを付けて玄関に飾るように伝えました。


アンケートでは「とても親切な指導でした。」「来年も参加します。」「これからも続けてください。」という感想をいただきました。




a0123836_15292218.jpg
お飾り作りが順調に進んでいる最中、職員がイノシシによって荒らされた散策路の水路をきれいに作り直しました。これはイノシシに荒らされた後の様子です。ひどいですね。

a0123836_15293537.jpg
これは上の写真よりも少し手前から撮ったのですが、きれいになりました。もうイノシシに荒らされたくありませんが、センター西側には電柵は引いていませんので‥‥。


困ったもんです。


館内の管理をし皆様のお越しをお待ちしております。








by isumi-sato | 2016-12-23 17:15 | センターこぼれ話

餅つき行事を開催しました

12月17日(土)、今朝は朝から快晴。放射冷却と相まって今朝の最低気温は-5℃、午前9時でも-1℃と冷え込みました。

a0123836_14562784.jpg
しっかりとした霜柱が畑に出来上がりました。
a0123836_14563120.jpg
葉の結露もご覧の通り。

この寒い中、餅つき行事の開催です。
今年は例年にない食中毒発生が多い年となり、餅つきのプログラムも変更を余儀なくされました。
時節柄、今回はこどもの欠席も目立ちました。例年はあまり記憶にないですから。
それに、職員の家族にも体調をくずした人が出たため、その職員には休んでもらったくらいです。

でも、近い将来、このような行事は開催不能になるかもしれませんね。いろいろな人がいますので。

今年はとにかく参加者の皆さんへの消毒と、衛生管理のための手袋の着用(使い捨て)を徹底して開催にこぎつけました。

a0123836_14563581.jpg
早めに出勤し、蒸らすための釜の準備です。

a0123836_14563918.jpg
参加者には手洗い、消毒、手袋をお願いしました。


いよいよ餅つきの開始です。
a0123836_14565193.jpg

a0123836_14564176.jpg
蒸したもち米を最初は杵で丁寧につぶしていきます。
今回は大臼2つと、子供用に1つ、合計3臼です。

a0123836_14564979.jpg
こどもも、

a0123836_14564739.jpg
お母さんたちも、

a0123836_1457845.jpg
当然、男性陣も・・・
全部で26臼つきました。
このうちの2臼が、皆のお昼ごはんとなりました。


今年の大きな特徴は、
a0123836_14564384.jpg
伸し餅を木枠の中で平らにするのではなく、直接手で触れないように専用のビニール袋にいれて延ばしていきました。
例年作成する丸餅はなし。お飾り用は作りませんでした。


お昼も、例年は大根おろしだったり、きな粉や餡子を用意してつきたてを食べたのですが・・・
ノロウイルスは生の食材が危険とのこと。つきたてのお餅をからみ餅で食べたかったのですが、今年はお雑煮となりました。

a0123836_14565536.jpg
餅つき会場にはえているユズがアクセントに。

a0123836_14571799.jpg
使い捨てのお椀に餅を入れ、
a0123836_14571952.jpg
雑煮の具とつゆを入れて完成。豪華でしょう。カブもサトイモもセンターの畑で栽培したもの。採りたてです。差し入れのレンコンも入りました。お餅も溶けないように大きく厚くしました。ボリュームもたっぷり。

a0123836_15172122.jpg
今日の作業を振り返りながら、つきたてのお餅でお雑煮会となりました。

今日は天気にも恵まれ、朝の寒さもどこへやら。終わりのころは参加者も汗をかきながらの餅つきでした。
来年もできるといいですね。

なお、お餅に黒い点があるように見えますが、これはゴミではなく変色したもち米です。
今年は雨にたたられて、収穫に一苦労しました。そのせいか、ちょっとイレギュラーなお米も交じりました。残念。





by isumi-sato | 2016-12-17 15:39 | 行事報告

もちつきの準備

12月16日、曇のち晴れ。午前九時の気温は4.0℃、今朝の最低気温は-3.0℃でした。
今年一番の冷え込みとなりました。

a0123836_1521452.jpg
畑では、霜が降りていました。霜と言っても柔らかく、踏むとすぐに崩れるほどの柔らかさでした。もっと寒くなると踏んでも崩れない霜が降ります。本当の寒さはこれからですね。

a0123836_1522561.jpg
ノササゲは、熟した実をさやから出し見事な里山のオブジェとなりました。


a0123836_15223456.jpg
ヤマノイモの葉わきにつくムカゴ(珠芽)のようです。直径は約1㎝程度になり、このムカゴからも新しい個体が発生します。食用にもなります。


明日の行事「もちつきをしよう」の準備をしました。
例年のもちつきの準備のくわえて、今年は、インフルエンザや胃腸炎が流行っているようなので、それに対応した準備もしました。


a0123836_14585369.jpg
お湯を沸かして、用具に熱湯をかけたり、煮沸消毒をしました。



モチゴメを研いで一晩浸水します。



a0123836_14591249.jpg
薪の準備をしていると、思わぬ所に生きものたちを発見しました。
トウキヨウサンショウウオのこども用のエサとしてワラジムシを与えています。寒くなってきたので昆虫広場の枯れ草の下でそれを見つけることがむずかしくなってきていました。
自然界でも食べ物が減る時期なので、エサを与える回数、量ともに減らさざるを得なくなってきていたのですが、、。

a0123836_14593987.jpg
軒下の壁沿いに積み上げて乾燥させていた薪の一番下に、大きなワラジムシたちがたくさん集まっているのを発見できました。薪をかじって分解していたようです。また、寒さから逃れるのにも薪の下に集まっているようです。


明日の朝までは、とても冷え込むようです。暖かくして過ごしましょう。




by isumi-sato | 2016-12-16 17:09 | センターこぼれ話

米作り4・わらでリースを作ろう

12月15日(木)、午前9時の気温5.0℃、曇。雲の多い朝を迎えました。

a0123836_1340387.jpg
今日は「米作り4・わらでリースを作ろう」の行事を開催いたしました。平日開催の行事です。人が集まるかな?と思いましたが、14人の参加がありました。これなら、今後も平日開催の行事もできるかな。



a0123836_1341038.jpg
まずは、リースの芯となる竹ひごを丸め輪を作っていきます。ここで使った竹ひごは、先日の竹かご講座で講師のかたに頼んで作ってもらいました。特注品です。

a0123836_13413829.jpg
次に、竹ひごに巻いてゆく太縄を、リース円周の長きさの3倍ほど用意します。


a0123836_1341561.jpg
竹ひごに太縄をぐるぐる巻きつけました。センターの藁で作った太縄です。ワラのリユースですね。

a0123836_1342198.jpg
出来上がったリースに飾りつけをしていきます。ビナンカズラ、セイヨウヒイラギ、ワタ、タマアジサイ、マンリョウ、マツボックリ、ワラなど。自然のものいっぱいです。

a0123836_13425772.jpg
飾り付けの後は、ワラを使ったカゴ作りと手芸用の赤い紐を使ってイゲタ状に結び和風なリボンを作りました。カゴやリボンは難しく、参加された方は講師の説明を一生懸命に聞き入っていました。

a0123836_13434178.jpg
参加者の皆さんの作品です。品評会も行いました。

a0123836_1344720.jpg


a0123836_13451183.jpg
一つ一つ作品を見てゆくと、創意工夫が見られました。すべて素晴らしく、素敵なリースが完成しました。
このリース、飾りつけを変えれば1年中使えそうですよ。クリスマス向き、正月飾り用、春、夏、秋と、工夫のし甲斐がありそうですね。
アンケートでは「楽しかった」「また参加したい」などの意見をいただきました。


これで素敵なクリスマスとお正月が迎えられますね。


センターの年内の行事はまだまだ続きます。
師走ですね。





by isumi-sato | 2016-12-15 17:15 | 行事報告