千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

いも掘り焼いもにチャレンジ

本日、「いも掘り焼いもにチャレンジ」行事を開催いたしました。
小人18名、大人13名、計31名の参加がありました。


数日前から台風を心配していましたが、無事に開催することができました。
まず参加者の皆さんが集まる前に、職員で焼いもの準備です。
a0123836_1532167.jpg

もみ殻を使った燻炭焼き器でセンターは焼いもを行います。
この黄色のもみ殻が、黒く炭になった状態(それが燻炭-くんたん-)で芋を入れないと、芋が燻製のような臭いになってしまうので先に火を入れます。
行事は10時から始まりますが、火入れは9時に行いました。

10時になり、参加者の皆さんも集まり、挨拶がすんだら早速畑に向かいます。
5月の植え付けから初めて、イノシシ避けの柵が取り払われました。
a0123836_1584511.jpg

まずは芋づるを切ります。
長い芋づるを引きづりながら「これが芋づる式だ!」なんて、慣用句が飛び出たり、芋づるの間からニホントカゲやツチイナゴが飛び出したりとツルをどけるのも大騒ぎです。
a0123836_15134295.jpg

芋づるを取り除いた後は、マルチを剥がしていよいよ芋ほりです。
a0123836_15144580.jpg

土が柔らかいので、小さなお子さんでも手で掘ることができます。
皆で並んで、一生懸命掘りました。
220本の芋の苗を植えて、約150kgの収穫がありました。

芋ほりの後は焼いもです。
掘った芋を塗れ新聞で包んで、アルミホイルでくるみ、燻炭の中に入れます。
a0123836_15265447.jpg

一枚目の写真と比べると、もみの色が黒に変わっているのが分かります。
芋が焼けるまでの自由時間で、栗ひろいも行いました。
a0123836_15324639.jpg

栗ひろいの方は、残念ながら皆さんがお腹一杯食べられるほどの栗はセンターに実っていないので、子どもたちの「栗ひろいとは何ぞや」という体験メニューのようなものです。
a0123836_15353827.jpg

栗たくさん拾えたよ・・・と、小さいお子さんの手では、「たくさん」拾えたようですネ。

約1時間半で待ちに待った焼いもが完成です。
a0123836_15483649.jpg

熱々の焼いもを割ると・・・
a0123836_15513248.jpg

きれいな黄色が現れました。
焼いもをするには少々暑い日でしたが、皆で焼いもを頬張りました。
a0123836_1556666.jpg

サツマイモは掘りたてより、1~2週間置いた方が甘味がますようです。
置く場所が、陰干派と天日派がいるようで一概には言えませんが、少々置いた方が良いと言うのは共通のようです。
今日はたくさんお土産があると思うので、ちょっと置いてから食べてみて下さい。

染物用に栽培していた紫芋も、焼いもにしてみました。
a0123836_16102929.jpg

こちらは驚くほどの紫です。
紫芋は、美味しくない、美味しい、和菓子に丁度良いと、こちらも意見が分かれていました。

台風の影響もなく、無事終了できました。良かった、良かった。
by isumi-sato | 2012-09-30 16:16 | 行事報告

台風来るか?

まずはお知らせ。

明日開催予定の、いも掘り焼いもにチャレンジは、予定通り開催いたします。

また、定員一杯につき申込は締め切りました。
当日の飛び入り参加はできません。


午前中は曇っていましたが、午後から急に晴れ間がのぞき、気温も上がった一日でした。
久しぶりに湿気で暑いと感じました。
明日の台風の影響はいかほどでしょうか。
a0123836_16502535.jpg

畑のニホンアマガエルも、しっかり台風対策をしていました。(冗談です)


日々秋めいた話題を見つけますが、今日は赤く色づいたこちら。
a0123836_16533814.jpg

カラスウリの果実が赤くなっていました。
その隣では、まだまだウリ坊なカラスウリも仲良くぶら下がっています。
a0123836_16571856.jpg

このしましまが、脱皮も換毛もしないで無くなってしまうのが不思議です。


布袋竹には、ヤブマメのツルが巻き付いています。
a0123836_1732350.jpg

以前紹介した、昆虫広場のツルマメ(こちら)と比べると、若干上品な花に感じます。

そして、ヤブマメの観察をしていたら、またしても!このような事態。
a0123836_17102175.jpg

今日は2つ同時にです。
いつもと同じ、ベンチの周りには荒らされたような跡はありません。
イノシシの仕業だと思うのですが、あまりにも周囲がきれいなので、どっかの不届き者が蹴っ飛ばしたのでは?という疑惑も残るぐらいです。
そのまま湿性生態園に向かうと、あらら・・・
a0123836_17163184.jpg

なんで補修した路肩を掘るのかなぁ~・・・
ここはイノシシに激しく掘られ、一度補修された場所です。
つまり、主となる素材は「砂利」なので、掘っても食べられそうなものは出てこないと思うのですよ。
そして、階段を挟んで向かい側も激しく掘られています。
a0123836_17222890.jpg

ヒガンバナがまとまって生えている所なのですが、お構いなし。
ヒガンバナをかじったような跡は見えなかったので、ここも何故好んでほじくり返すのかは不明です。
台風もイノシシも来ないで欲しいものです。

最後に、一番ほっとする秋の訪れをご紹介。
a0123836_1725569.jpg

この秋初めてセンターでアキアカネと遭遇。
春に田んぼで羽化し、避暑地へと出かけていたのですが里へ戻ってきてくれたようです。
by isumi-sato | 2012-09-29 17:26 | いきもの

秋と、雨の景。 いも掘りは、、、。


9月28日、雨。午前九時の気温は18.8℃、昨日の最高気温は22.0℃、今朝の最低気温は16.5℃でした。北の風、3.5m。朝は風がやや強く吹きました。
朝から台風の影響で、雨が降っています。時折り、「ゲッ、ゲッ、ゲッ、ゲッ。」と、ニホンアマガエルの声が聞こえています。予報では、雨のち晴れですが、今日はずっと雨のようです。
カラカラ続きの熱さのあと、ようやく秋らしい気温になって雨だなと暦を見ると、もうすぐ10月です。


来る30日日曜日のセンターの行事、「いも掘り、焼いもにチャレンジ」は、台風17号の影響で、開催か延期かは微妙です。今日のところ天気予報は、曇のち雨となっていますが、、。  明日、決定して発表いたします。



a0123836_152855.jpg

昆虫広場のススキの穂は雨の中、ゆっくり育っている様子。

a0123836_1528253.jpg

訪れる人の減ったハス田では、北風に大きな葉が揺られて、白い葉の裏が見え隠れしています。ハスの実が落ちた花のあと、ETのようなユーモラスさを感じさせる黒い「花床」が目立ちます。


a0123836_15283954.jpg

雨のせいなのか、盛りをこえたのか、ヒガンバナは斜めに頭をかしげています。耕耘を済ませた稲刈り後の田んぼには、草が生えてきて水が溜まってきました。
静かに来季への準備中、です。


田んぼのまわりの雑草は、このところ雨が続いて伸び放題です。
a0123836_1529958.jpg

その中に、小さな目立たない花があります。


キツネノマゴ。

a0123836_15293363.jpg

7mmくらいの小さな花ですが、近づいてよくよく見るとなかなかの精緻なる模様がありました。
by isumi-sato | 2012-09-28 15:34 | センターこぼれ話

台風の影響?

今日は一日風の強い日でした。
空も曇天模様で、暗くて肌寒い一日となりました。


そんな中、センター内を巡回していると、あちこちで枝に必死につかまるトンボがたくさん見られました。
a0123836_1764634.jpg

コノシメトンボ。
風に煽られて、羽がバタバタしながらも、なぜか風通しの良すぎる場所にいました。
木陰に入れば良いのにねぇ。

ススキやオギも激しく風に吹かれていましたが、根元ではあまり風が吹かないようで、背の低い花が風に吹かれることなく咲いていました。
a0123836_1792463.jpg

ゲンノショウコ
花は、赤タイプ、白タイプあり、西日本では赤、東日本では白が多いそうです。
夏から咲いていましたが、秋になった現在でもまだ花は見られ、白い花が目立ちます。

花と言えば、数日前からセンターでは桜の花が咲いています。
a0123836_1715411.jpg

駐車場に植栽されている八重桜2本が、10株ほど開花しています。
いわゆる「狂い咲き」というものでしょうか。
来年の春にもちゃんと咲くのか?と、興味津々です。

桜色の花繋がりでもう一つ。
a0123836_17172137.jpg

ミゾソバ
湿性生態園では、ミゾソバの花が少しずつ目立ってきました。
昨日の草刈りで、若干運動場のようになっていますが、水没ヤナギ林の切れ目あたりの木道デッキ沿いに観察できます。
シロバナサクラタデという白い花もぽつぽつ目立ってきましたので、そちらも合わせてぜひご覧ください。
by isumi-sato | 2012-09-27 17:22 | しょくぶつ

今日は草刈り日和。

このところ、雨と天気が1日交代でやってきますね。
今日は晴れ日に当たったので、昨日心配していた湿性生態園の草刈は無事行えました。


夏の間に茂っていた草も4人がかりでサッパリ。
a0123836_173201.jpg

ちょっと刈りすぎじゃないの!という声もありますが、ここまで刈ってもまだ伸びてくるのです。
a0123836_1745117.jpg

すっかり刈り込んだ理由の一つとして、湿性生態園の水路を整理して、小さな池を作る計画があるのです。
水が溜まれば、また今までとは違った生き物達の姿が見られるようになることでしょう。


ここ数日の冷え込みで、「赤とんぼ」の仲間たちも好い色に染まってきました。
a0123836_16253833.jpg

枝先のナツアカネも真っ赤に色づいていました。
真っ赤に染まったナツアカネを見ると、秋だな~と思います。
赤くなったアキアカネの姿を見るのは、センターではもう少し先になります。

畑では、やっと和棉のコットンボールが弾けました。
a0123836_16264345.jpg

↑こちらは白い綿が収穫できる、大島在来です。
a0123836_16275390.jpg

↑こちら茶色い綿が収穫できる、伯州です。
どちらもやっと数個弾けました。
これからは、後から後から弾けてくれることでしょう。
そうなると、雨&台風なんてもっての他なので、これからの天気が少々心配です。


明日からまた雨の予報・・・台風の影響でどのぐらいの風雨になるのかは分かりませんが、今日の風だけで畑のナスやピーマン、ダイズは何本か倒れてしまったので、控えめにお願いしたいものです。
by isumi-sato | 2012-09-26 17:10 | センターこぼれ話

こちらの豆は豊作です

昨日の暑さから一転、肌寒い一日となりました。
雨も午前中から降ったり、止んだりと日曜日とあまり変わりが無い一日でした。


つまり・・・
a0123836_16572521.jpg

このような感じになった訳です。
一応言っておきますが、これは今日撮影した写真ですよ。
変わり映えが無いですが。

16時過ぎ、短い時間ですが昆虫広場を歩いていると、あちこちでたわわに実ったものが目に付きます。
a0123836_16594485.jpg

こちら、以前取り上げたツルマメの豆です。(記事はこちら
ちゃんと「枝豆」の形をしています。
美味しそう~と、写真だけ見ると感じますが、その正体はこちら。
a0123836_1721087.jpg

とっても小さいのです。
食べ甲斐が無いお豆です。
触ってみると、確かに中に枝豆を触った時と同じ感触は有るのですが・・・見た目がそっくりな分、余計に食べられない(食べられないわけでは無い。普通の枝豆のようには食べ辛い)と、残念な気持ちが募りますね。

こちらもだいぶ色づいてきました。
a0123836_1751775.jpg

今年はずいぶん生長して、撮影者の背丈(160㎝)を超えるほどに。
池の中から生えているので、2m近くまで伸びたのでしょうか。
a0123836_1762520.jpg

ジュズダマ。
名前の通り、かつては数珠に使われたり、お手玉の中に詰めたりしたようですね。
まだ色がまばらですが、熟すと艶が増して黒色になります。
その頃またご紹介します。


さて、明日の天気はどうなるでしょうか。
明日はセンタースタッフ総出で、湿性生態園の草刈を行う予定なのです。
これで雨が降ったら・・・なので、明日は曇り空程度で留まって欲しいものです。
by isumi-sato | 2012-09-25 17:15 | しょくぶつ

雨音が響く一日

今日は、ここ数週間では珍しく、朝から止み間なく雨が降っています。
雨量計を見ると、雨の降り始めは今朝の4時ごろ、それから16時現在まで50㎜の雨が降っています。


そうなると、何度も取り上げたことですが、雨漏り。
a0123836_16204738.jpg

朝一番の仕事は、バケツを置くことでした。
一日中、こちらも止み間なくポタン、ポタン、ポタンと音を響かせていました。
a0123836_1626123.jpg

時折雨が激しくなり、屋根を打つ雨音が雨漏りの音を消したり、とにかく一日雨の日でした。
そうなっていると外に出るのもままならず、事務仕事に励みました。
と、言っても朝からずーっとPC作業も耐えがたく、途中で巡回、巡回と傘をさしながら出かけてきました。
a0123836_16331152.jpg

雨の湿性生態園。
なかなか趣のある風景ですが、ヤナギ林の下の木製デッキは、雨の日と翌日は身の危険を感じるほど滑りますので、皆様お気を付け下さい。
途中、マメハンミョウが歩いていたり、キタキチョウが葉陰で雨宿りをしていたりと、出会いもあったのですがやはり、この雨で撮影は諦めました(カメラに防水機能はついておりませんので)。
この雨は、湿性生態園にも水を溜めてくれるでしょうか?

来週は、雨が降ったり止んだりを繰り返すような天気予報のようです。
天気予報通りになると、ちょっと過ごしにくそうですね・・・30日(日)は芋ほり&焼いもですので、しばらく晴れが続いてくれないと参っちゃうな~と、今からぼやいています。
by isumi-sato | 2012-09-23 16:45 | センターこぼれ話

畑のラッカセイを食べるのは誰だ

9月22日、曇一時晴れ。午前九時の気温は23.2℃、昨日の最高気温は28℃、今朝の最低気温は20.7℃でした。夜の空気もやっと涼しくなりました。

秋分の日、これからは昼と夜の長さが逆転します。先週は、国吉、万木の地域の祭りで、今日明日は、大原ではだか祭。25日は、岬地区で中根十二社祭りと、秋祭りが続きます。


ここ数日は、短時間雨が降る天気が続いています。
午前零時から今日の朝までに12mmの降水がありました。
a0123836_1835598.jpg

万木堰も少しだけ水位が上がりました。9月11日にブログでも取り上げましたが、堰上流部の露出した土は、水面にと変わってきています。

a0123836_18362014.jpg

そして、万木堰には、夏の間どこへ行って帰ってきたのか カルガモの数が増えてきました。

雨のおかげで、畑の土も少し潤いました。
a0123836_18363940.jpg

土の色が、これまでの乾ききった白色から茶色に見えます。そして、畑中央に写っているのがラッカセイです。
これからは、ラッカセイにも実が入り大きくなっていく季節なのですが、、、
a0123836_18365680.jpg

ご覧のとおり、気の早い何者かが穴を掘って、まだ完熟前の柔らかなラッカセイを食べている模様です。ネットをかけているのに潜るか、ネットの隙間から食べているようすです。

ラッカセイの実は、株の中心側から順に花が終わると土に潜っていきます。そのため、中心部のほうが実が大きく、周辺部ほど後にできた実で小さいのですが、中心部の大きな実から食べられています。
それからすると、カラスではなく、ネズミか、リスでしょうか。
まてよ、この器用な穴の掘り方からすると、ネットの隙間から手を突っ込んで、器用なアライグマの可能性も大きいのではないか、と、職員の間で推定される犯人の話をしています。

味を覚えられたようすなので、これからも毎夜、食べに出没しそうな気配です。




センターを歩くと、秋への変化をつげるいろいろな植物や生きものたちに出会うことができます。

a0123836_18372090.jpg

ツユクサ……鮮やかな青色が目立ちます。これから花のあともおもしろそうですね。

a0123836_18373653.jpg

ススキ……穂はこんな風に茎から出てきます。


a0123836_18381432.jpg

チカラシバ……黒い穂が一段と目立っています。センターのわら細工講師は、チカラシバからきれいな青い丈夫な細縄をつくって利用します。夏に採取しています。


a0123836_18383273.jpg

セイタカアワダチソウ……花の準備が進んでいます。センターの10月の行事草木染め体験では、この花を染めの材料に使います。


a0123836_18384497.jpg

スズメウリ……湿性生態園木道沿いに、今年は目立ちます。花と実、両方がまだ観察できました。


a0123836_183948.jpg

オオオナモミ……ひっつきの実の形がはっきりとしてきました。


a0123836_1839289.jpg

ワレモコウ……花弁がない特徴的な花序です。秋の高原に行った気分になれば、お得ですね。

森を頻繁に出入りしているヒヨドリくらいの大きさの複数の鳥たちが、見られます。
カケスのようです。




a0123836_18394880.jpg

林道では、コムラサキが地面にいました。
モンキアゲハも、ヒラヒラ、ヒラヒラと、忙しそうでした。


秋の散策にどうぞいらしてください。
たくさんの生きものたちとの出会いがありますよ。
by isumi-sato | 2012-09-22 18:52 |

カエルの歌とヒガンバナ

13時少し前、突然雨に降られたセンターでした。
雨は1時間もしないで止んでしまいましたが、雨量は2.5mmでした。


雨はちょうど、この写真を撮影している時に降ってきました。
a0123836_16371295.jpg

ニホンアマガエル。
さっきまで周りのカエル達は静かだったのに、突然大合唱が始まり、このカエルも鳴かないかな~なんて待ってていたら、突然ザーッと雨が降ってきました。
さすが雨に鳴くカエルです。

夕方になり、センター周辺は薄っすらとモヤが出ています。
a0123836_171150100.jpg

空は晴れて涼しい風が吹いていましたが、少々じっとり、足元はびっしょり。
雨粒なのか露なのか、昆虫広場を歩くには長靴が必要です。

昆虫広場のメドハギにはツチイナゴが大集合。
a0123836_1714831.jpg

すっかりオトナの顔になった、ツチイナゴの成虫。
a0123836_17144054.jpg

まだまだ青い幼虫。
a0123836_17145775.jpg

褐色気味な幼虫もいました。
一つ上の黄緑色の体色が一般的な幼虫の姿です。
これら3パターンのツチイナゴが、1本のメドハギの上で観察できるのですから、彼らはよほどメドハギが大好物なのですね。

田んぼの畦では、ヒガンバナの花が目立つようになってきました。
a0123836_17203633.jpg

最初の1本をセンターで確認したのは、律儀に9月19日彼岸入りの日でした。
彼岸の頃、ツーッと花茎を伸ばし、ぱっと花だけ咲かせるヒガンバナは、里山の風景にかかせませんね。
これからますます、その花の数が増えることでしょう。
秋が深まるのも、もうすぐそこですね。
秋の自然観察、おすすめです。
by isumi-sato | 2012-09-21 17:27 | いきもの

ナノハナ畑の準備


9月20日。晴れ。午前九時の気温は26.8℃、昨日の最高気温は29.3℃、今朝の最低気温は22.2℃でした。
今日は久しぶりに乾いた空気と風が吹いて、やっと秋の空気が来たか、とほっとしました。
よく見ると、草蔭では、赤い蕾が立ち上がってきました。
ヒガンバナが正確に季節を教えています。

センターの畑には、菜の花プロジェクトのメンバー約10名が集まり、草取り、耕耘、石灰散布を行いました。来シーズンの菜の花畑の準備が始まりました。

a0123836_1845640.jpg

畑は、しばらく放っておいたため、雑草が伸び放題です。


a0123836_1851632.jpg


a0123836_1853637.jpg

一度草取りをした畑、二度草取りをした畑、三度草取りをした畑。
正直に異なります。


a0123836_1855547.jpg

今日は、草刈りを行い、耕耘と同時に草を根から取り除きました。
a0123836_1861589.jpg

苦土石灰を散布したのち、また耕耘しました。


10月上旬に、施肥、畝立て、播種 の予定です。


------------------------------------------------------
地元、万木地区で「ふるさとマップ作り」が行われ、この春にセンター職員も参加しました。
地区の皆さんの意見を集めたふるさとマップが完成し、当センターに大きなパネルが届きました。

a0123836_187144.jpg

さっそく展示いたしました。
by isumi-sato | 2012-09-20 18:08 | 地域との協働