千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

嵐の前ぶれ、春のあかしです

3月31日、晴れ。午前九時の気温は18.5℃、今朝の最低気温は13.8℃でした。
今日の予報では、昼ごろから強い風と共に横殴りの雨が吹き付け、夕方になって雨が上がるといっています。最近の天気予報は良く当たります。

それでも、午前中はまだ空は明るく日差しもありました。
朝から風が強くなってきています。
今年は、南風の吹く春一番がなかったせいか、その分の南風がまとめて吹くような予感がしました。

a0123836_18155112.jpg

昨日クロヌリが終わったセンターの田んぼは、ご覧のとおりです。
風でホテイチクの林もなびいています。

a0123836_1816137.jpg

クロも乾いてだいぶ落ち着いてきました。
昨年はこのクロの上にたくさんの足跡があったので、今年はどうかと見て回りました。
a0123836_18161684.jpg

今年は、タヌキが歩きまわらなかったようで、動物たちの足跡は見かけられませんでした。

土の中では、ザリガニたちやモグラがこのクロの近くで活動すると水漏れの原因になります。
水漏れは発見したら、すぐにふさいでおく手直しをこまめに行い続ける必要があります。


先日、クロについて最近は手作業のものは減って機械作業のものがほとんどという話をしました。

a0123836_18163491.jpg

センター隣の機械によるあぜの写真を撮ってきましたので、比較にご覧になってください。
やはり手作業のクロの方が美しくて丈夫だそうです。

------------------------------------------

センターでは、春がたくさん動き出しています。

a0123836_18165610.jpg

小水路では、卵から孵化したニホンアカガエルのオタマジャクシたちがたくさん動いています。


a0123836_18171282.jpg

ソメイヨシノの蕾はこんな具合。

a0123836_18172162.jpg

ヤマザクラの蕾はこんな具合です。もう花びらが飛び出しそうですね。

a0123836_18172857.jpg

ハクモクレンの白い花が開き始めました。


a0123836_18175296.jpg

a0123836_18181330.jpg

在来種のカントウタンポポが咲いています。

a0123836_18185985.jpg

ツクシもたくさん見かけます。


a0123836_18182924.jpg

ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリも青いカーペットを広げるようになりました。
a0123836_18192267.jpg


天気の良い日に、ゆっくり足元の春を堪能しにどうぞお出かけください。
by isumi-sato | 2012-03-31 18:20 | 田んぼ

くろぬりを行いました

3月28日に荒代掻き、くろよせをしたので(こちら)、今日は朝から、センターの田んぼのくろぬりをしました。
a0123836_16593310.jpg

朝から風が強く、曇り空の中作業となりましたが、作業している当人にはそれが助かると言っております。
天気予報では気温が上がると言われていましたが、実際にはそれほどでもなかったのでそれも助かったそうです。
a0123836_1742963.jpg

クワで泥をすくい、くろ(あぜ)に塗り付けます。
手作業で少しずつ行いますので、かなりの運動量です。

くろぬり作業は午後も続きました。
a0123836_17145041.jpg

午後は一時太陽が出ましたので、写真に残すにはやはり太陽の下で作業して欲しいなと、見ているほうは気楽に言ってしまいますね。
↓こちらくろぬり作業途中の写真です。
a0123836_17154537.jpg

右上に向かってくろぬりした跡が続きます。
このように、くろに練った泥を丁寧に塗り付けることによって、田の水漏れを防いでいるのですね。

午後3時ごろには、センターの田んぼ3枚のくろぬりが完了しました。
a0123836_172074.jpg

くろぬりをされてことによって、田んぼにはどんどん水が溜まります。
実に美しい風景です。


くろぬり作業に励むスタッフの横では、同じくあぜで仕事に励むミツバチの姿が観察できました。
a0123836_17243589.jpg

顔が黄色い花粉でいっぱいです。
春はみんなおお忙しですね。
by isumi-sato | 2012-03-30 17:29 | 田んぼ

短い間見られる大きな鏡

今日もぽかぽか陽気の一日となりました。
昨日代掻き(しろかき)をした水田は、水もだいぶ溜まりさながら鏡面仕上げのようになっています。
a0123836_1855539.jpg

もう少し水が澄むと、周りの山や空の風景が映りこんで見えますよ。
この状態の水田が続く風景を見ていると、晴れ晴れとした気持ちになれます。

田に水が入ったおかげで、シュレーゲルアオガエルの大合唱がセンターでも聞こえます。
その姿を見た~い!と、探すものの、ちょっと田んぼに近づいただけでピタッと鳴きやんでしまいます。
彼らは人が歩く振動で、外敵が近くに居るか否かを判断して鳴いたり鳴きやんだりするそうです。
変わりと言ってはなんですが、水が入ってたくさん姿を見るようになったのはこちら。
a0123836_1895054.jpg

ウマビルです。
ヒルと聞くと真っ先に「吸血」を思い出すでしょうが、こちらは血を吸いませんのでご安心を。
主に巻貝を食べるようです。
ゆらゆらドルフィンキックのような優雅?な泳ぎを見せてくれたり、伸びたり縮んだりなかなか面白い動きをしています。

ほかにも、田んぼのあぜをうろうろしている小さな群れがいます。
a0123836_18132024.jpg

ツグミです。
写真には収まりませんでしたが、4~5羽集まってあぜの上を歩いていました。
田にすっかり水が入ってしまったので、あぜの上に集まっているのでしょうか。
冬鳥の彼ら、いつまでも居てくれて構いませんが、あとどれぐらい姿が見られるでしょうか?


ソメイヨシノのつぼみはもう一歩。
ヤマザクラには若葉が芽吹いてきました。
ヤマザクラの樹の下では、似た花が一輪開花しています。
a0123836_1817047.jpg

モミジイチゴ。
イチゴもサクラもバラ科なので、似た花が咲きます。
つぼみの時に虫に花弁を食べられてしまったらしく、花の形がいびつです。
周りを見渡すと、かじられているつぼみが結構ありました。
美味しいキイチゴがなる木ですから、実はちゃんとなるのか?と、すっかり花より団子の心配です。

明日は、春一番のような強い南風が吹いて気温もぐんぐん上がるそうです。
これは、動植物にも追い風になり、一気に春が進むことでしょう。楽しみです。
春の心地よい日に、ぜひセンターへいらしてください。
ご来館お待ちしております。
by isumi-sato | 2012-03-29 18:27 | 田んぼ

田んぼの準備が進んでいます ―代かきとクロヨセ―

3月28日快晴。午前九時の気温は12.8℃、今朝の最低気温は1.5℃でした。
ここのところ朝の気温は、順調に上がります。そのためか昨日も今日も湿度は40%で、センターには珍しく空気が乾いています。

a0123836_16422132.jpg

遅ればせ、センターでも荒代かきにつづいて田んぼの準備が進んでいます。
今朝は、朝早くからセンターの田んぼに耕耘機が入って、代かきが行われています。

a0123836_1642326.jpg

そのまわりで、鍬を持って人力の作業で畦作り―「クロヨセ」をしています。
2日程度して水が適度に引いたら、「クロヌリ」を行って田んぼの畦が完成です。
現在では、機械化が進んでほとんどの田んぼでは機械での畦(あぜ)塗りが行われています。
田植えをしてイネが育ち稲刈りまで、「クロ」は水が抜けないよう防水の機能を果たします。
そのため、関係者以外はむやみに田んぼのあぜを歩かないことが大切なのです。

a0123836_1643691.jpg

いつもの通り、耕した後ろには、カラスがいます。
a0123836_1644415.jpg

おいしいものがないかと、すぐ近くをくっついて動いています。
畑でも、耕した跡をセグロセキレイがついてきます。
鳥たちは一体いつどのようにして学習するのでしょうか?



a0123836_16432377.jpg

田んぼの中から、ドショウが出てきました。

a0123836_16441748.jpg

代かきの後、田んぼに水面が広がりました。
最近は、カエルたちの声が少しずつ増えています。
いすみ周辺では、4月中旬頃が田植えの最盛期です。下旬にはほとんど終わっています。
当センターでは、4月29日に行事「田植え体験をしよう」が予定されています。
すでに多くの方に申込みをいただいています。

a0123836_16442967.jpg

        ホトケノザ
田植えが終わった頃には、うるさいくらいのカエルの声が田んぼに響き渡ります。
by isumi-sato | 2012-03-28 16:49 | 田んぼ

サクラはまだか~

今日は少し風が強かったのですが、ぽかぽか陽気な一日となりました。
センターには数種類のサクラが植栽されているので、そのどれかはそろそろ咲かないかなと、探しに出かけました。


昆虫広場、デイキャンプ場、林道…咲いているかな~。
林道では以前つぼみが膨らんだとお知らせしたキブシが、そここで開花しています(こちら)。
a0123836_18424971.jpg

かんざしの飾りが風で揺れているように見えて、とても美しい花です。
少し離れた所に、キブシに似た黄色い花が見えます。
a0123836_18483667.jpg

こちらはクロモジのようです。
2つの花を拡大してみましょう。
a0123836_18492848.jpg

↑こちらはキブシです。
a0123836_18505259.jpg

↑こちらはクロモジです。
色は良く似ていますが、キブシが鐘形でマットな黄色なのに対し、クロモジは花弁が開き蝋細工のように艶があります。
キブシは林道斜面下の方にも株が有りますが、クロモジは現在のところ上部のみしか確認できていません。
センターを背に、湿性生態園の終わり過ぎてから、上の方を見上げながら歩くとこの花が見つけられると思います。


林道をUターンして、センターに戻る途中ではアカタテハ2頭が競うように飛んでいました。
a0123836_1859219.jpg

ブログにも何度も登場している、越冬するチョウです。
このところ、暖かい日は普通に姿を見るようになりました。
他にも同じく越冬するチョウの、ルリタテハの姿もありました。
スミレもたくさん咲いてましたよ。
また、珍しく昼間にセンター内の池にカルガモがいたので、そ~っと撮影。
a0123836_1962452.jpg

朝早くや、夜になると池に来ることはありましたが、どうしたのかな。


と、色々な花や昆虫、鳥の観察はできましたが、センター周辺ぐるりと周って、結局どのサクラもさいていませんでした。残念。
一番早く咲きそうなつぼみは…
a0123836_1994878.jpg

ハクモクレンでしょうか。
サクラ以外にたくさんの花が咲く時期ですなのですが、やはり「サクラはまだか?」の気持ちは隠せませんね。
いつになったら咲くのでしょうか?
by isumi-sato | 2012-03-27 19:16 | しょくぶつ

センター周辺の覗き歩き

 センターの午前9時、晴、気温10℃、北の風2.1m/s、で暖かい日差しであったが、午後には曇となりパラパラ雨となりましたが、センター周辺を覗き歩きしましたのでお知らせします。
 
万木堰の満水状態
a0123836_1553434.jpg

 本格的な田んぼ作りが始まりますが、田んぼには欠かせない重要な水源となっています。今は満水の状態となっています。

 休息中の水鳥
a0123836_15143439.jpg

 1羽の鵜が休息していました。カワウ、ウミウ?でした。
a0123836_15145799.jpg

 鴨が休息しています。カルガモ、マガモ、ホシハジロがみられました 

 水没林
a0123836_15244343.jpg

 湿性生態園の入口にヤナギの水没林があります。めずらしい光景です。

 畦道を疾走する雉
a0123836_15101470.jpg

 カメラを構えましたら走り出しわき目もふらず一直線に駆け抜けていきました。
 
 日々春めいております。24年度の行事参加の受付も行っておりますので是非お出で下さい。お待ちしております。


 
 
by isumi-sato | 2012-03-25 15:43 | センターこぼれ話

早春の草花、小さな世界と自然観察

本日、「早春の草花、小さな世界と自然観察」を開催いたしました。
参加者は、大人5名、小人1名、計6名となりました。


ルーペを持って、日頃はあまり見つめない花や葉をじっくり観察するのが今日のテーマです。
朝は小雨が降り、どうなることかと思いましたがなんとか開催できました。
ところが、太陽が出ないため、オオイヌノフグリやタンポポは花を閉じたままでした。
a0123836_14263339.jpg

ですが、太陽が出ないと「省エネ」をする植物もあるということが、分かってもらえたと思います。
近くの田んぼでは水が張られ、それと同時にシュレーゲルアオガエルの合唱が始まったので、その声にも耳を澄ましました。
「改めて聞いたことが無かった」と、いう声が有りましたが「改めて観察」が今日のテーマでしたので、ひとつ目的達成です。

田のあぜにはタヌキの足跡が残されていたので、それも観察しました。
a0123836_1562100.jpg

最近、田畑を荒らす動物として、ハクビシンやアライグマが話題に登りますが、タヌキ含め3種とも似ても似つかない足跡なので、足跡を覚えておくと良いと思います(資料はセンターにあります)。


田の周りでの観察の後は、デイキャンプ場へ移動し、ただ今花盛りのヒサカキの観察…。
この花の臭いについては感想が分かれるところです。
a0123836_15225536.jpg

咲き始めたキブシの花を観察した後は、センター水路で観察できるホタルのお話をし、餌となるカワニナの姿も橋の上からですが観察できました。

その後畑に移動し、栽培しているカラシナを味覚で観察しました。
カラシナの種は和ガラシの原料ですが、その花のつぼみを食べても和ガラシの味がするのです。
一般的には辛みのある葉(カラシ味は弱め)を油炒めや漬物で食されていますが、機会が有りましたらぜひつぼみだけをかじって確かめて下さい(今ならセンターで試すことができます)。


畑を抜け林道を観察しながら湿性生態園に向かいました。
途中、スミレの花やフユイチゴの葉、ヒメオドリコソウの花、ヒガンマムシグサを観察しました。
a0123836_15392197.jpg

マムシグサは雄株、雌株が分かれている上に、大きさによって性転換をする不思議な生態を持っています。
4月から小学生になるお子さんが参加していたので、「6年生になったら男の子、女の子どっちになるの?」と聞いたら、とても難しい顔をしていました。

湿性生態園ではミミナグサやオオオナモミ、トウキョウサンショウウオについて少しお話をし、センターに戻ってからは展示していた卵のうから産まれたばかりの幼生を観察して終了となりました。
a0123836_15545710.jpg

今年は寒い時期が続き、例年ですと咲いている花も咲いていなかったり、今日はまた悪天候で花が咲いていなかったりもしましたが、いつもとは少し目線を変えた観察方法のきっかけにはなっていただけたのではないでしょうか。
by isumi-sato | 2012-03-24 16:02 | 行事報告

静かな一日でした

本日は朝から雨。
時折屋根を打つ音も激しくもなりましたが、館内は静かな一日となりました。


ところが、雨だというのに、お昼過ぎても聞こえる音がします。
a0123836_1702786.jpg

エンジン音が聞こえてきていたのです。
a0123836_178853.jpg

センター近くの田んぼで、荒しろかきの真っ最中でした。

わざわざ雨の中やるのは、何か利点が有るのかと聞いたところ、特に無いそうです。
きっと日程の都合上の問題なのでしょう。
スタッフが「今はちゃんとしたカッパが有るけれど、昔は蓑(みの)だったんだからなぁ」と、よその作業を見て呟いておりました。

その昔のいわゆるカッパ「みの」センターに、展示してあります。
a0123836_1733581.jpg

かけているだけだといまいち形が分かりませんが、背中と前身頃を覆う形でできています。
一緒に、今で言うところの傘「バッチ傘」も展示してあります。
雨粒があたって、バチバチ言うからバッチ傘だとか…どちらも今でも使えます。
着てみたい!という方は、事務所にひと声お掛け下さい。


静かなセンターでしたが、事務室の中ではただ今4月1日発行の「さとのかぜ」を精鋭制作中につき、あーでもないこーでもないと、騒がしい感じになっています。
発行前になると、もっと早くやっておけば…と、はるか昔の学生時代から変わらない言葉を呟いてしまいます。
そろそろ学校は春休み。宿題有るのかな?
暖かくなったら、ぜひセンターに遊びにいらして下さい。
お待ちしております。
by isumi-sato | 2012-03-23 17:13 | センターこぼれ話

あっちもこっちも大忙し!

今日は、まさに「春」という陽気の一日でしたね。
こんなにも心地よい日なのに、事務所の中は寒くて、寒くて…暖をとるため外に出かけてきました(本当の話。変な建物です)。


センター近くの田んぼでは、白い旗があちこちに立てられています。
a0123836_1346163.jpg

これもひとつの「春の風景」です。
この旗が立つと、いよいよ田んぼの準備も本格的になってきます。
詳しくは「さとのかぜ 175号(こちら)」に載っていますが、これは水番さんへの「水を下さい」の合図です。
この旗を立てることによって、水がもらえる仕組みなっているのです。


既に水が入り、キラキラ輝いている田んぼもありました。
a0123836_13494538.jpg

ただ道を歩いているだけで、なんだかわくわくしてきます。
3種チョウにも出会いましたが、一度も地面や花にとまることなく素早く通り過ぎて行きました。
たぶん、キチョウとヤマトシジミとアカタテハだと思うのですが、なんにせよ元気一杯!でした。


田んぼに徐々にですが水が入り、そうすると聞こえてくるのはカエルの声!
ニホンアマガエルの声はずいぶん前から聞こえていましたが、今日はシュレーゲルアオガエルの声も聞こえてきました。
声は聞こえてきたけど、まだ姿は見えないなーと、鳴き声に耳を傾けていると…
a0123836_13584278.jpg

ニホンアマガエル。
ぴょんと、足元にいました。
a0123836_1435149.jpg

残念ながら鳴いてはくれませんでした。
もう少ししたら、田んぼに移動するのかな?
カエルの合唱まではもう少し先のようです。


合唱といえば、今賑やかなのが畑です。
a0123836_147977.jpg

満開な食用菜花に、ミツバチ、ハナアブが押し寄せています。
ブーンと、まるでモータのような音が鳴り響いています。

水路沿いに咲いているネコヤナギにも同じく、せっせと働いているミツバチがいました。
a0123836_149324.jpg

目が回るほど?忙しい時期なことでしょう。
このミツバチを見て、花粉を集めるのに、手をそんなふうに使っているの!と、驚きました。
静かに見ている分には刺されませんので、そっと観察してみると彼らの仕草を間近でみられますよ。


他にも、雑木林ではゴソゴソ歩きまわるのが…
a0123836_14122527.jpg

キジのオス。
最近、目撃情報が多数寄せられています。
きっと彼も忙しい時期に入ったのでしょう…例年カラスに邪魔されていますが、今年はどうでしょうか。


こちら、ソメイヨシノのつぼみ。
a0123836_1413169.jpg

だいぶ色がついてきました。

こちらボケのつぼみ。
a0123836_1431171.jpg

ぷっくり。
ボケの方が先に咲いちゃいそうな、つぼみ加減になっています。
さて、どちらが先に咲くでしょ~か。


こんなに春満喫!というような日でしたが、明日はまた冷え込むとか…。
早く冬物の上着をしまいたいものですね~。
by isumi-sato | 2012-03-22 14:15 | いきもの

梅見と花見がいっしょ?

梅の花と桜の花が重なってさきそうな今年、ここ数年では記憶にないように感じるのは私だけでしょうか?
センター畑の野菜や周りの木々は、時たま春らしくなった日を見計らって一気に花芽や新芽をのばしているようです。
食用ナバナは2月ごろの収穫期には殆ど蕾だったのですが、今は満開です。今日は北風が強く虫たちが寄ってきませんが、穏やかな時は蜜蜂が花に集まってきます。
a0123836_15245574.jpg

カラシ菜は、花芽がのび咲き出しました。大根、キャベツ、白菜は鳥たちの食害にあい花は見られなそうです。大根の白い花はけっこう綺麗なんですよ、残念。
a0123836_15255783.jpg

そら豆は暖かくなるのを待っていたかのように株別れをし、生長するのが楽しみ状態になってくれました。一株から五本くらいの幹が出ているので収穫が期待できると思います。
来館者の皆様には六月ころ収穫体験をしていただく予定です。
a0123836_15265052.jpg

畑の白梅、紅梅は満開です。
a0123836_15273990.jpg

a0123836_16141787.jpg

センター周りの木々の芽もだいぶ膨らんできました。
a0123836_1611921.jpg

東西の山々からはウグイスのさえずり声が聞こえます。つい先頃までは藪の中でチャチャチャと色気なく鳴いていましたが、今はホーホケョと惚れ惚れする声でさえずっています。山鳥の声を聞きながらのセンター周り散策も気持ちよいですよ、癒されます。来館お待ちしています。
by isumi-sato | 2012-03-21 15:40