千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

眠りの木

センター昆虫広場や、畑の側にあるネムノキもだいぶ緑の葉が目立ってきました。
ネムノキ名前は、夜になると葉が閉じること(就眠運動―しゅんみんうんどう―)から名づけられたという説があります。
16時ごろ、その様子を撮影してきました。
a0123836_17303230.jpg

少し眠り(閉じ)始めた葉。
a0123836_1731943.jpg

ぐっすり眠った(閉じた)葉。


葉は夜寝るのに、花は夕方に咲き始めるという変わった性格です。
7月ごろから9月あたりまで、桃色の逆さまにしたフデみたいな花を咲かせます。
とても可愛らしい花なので、開花が待ち遠しいです。


ネムノキには、一足先に別の花が咲いていました。
a0123836_17372964.jpg

スイカズラ。
咲き始めは白く、段々黄色に花弁の色が変わるので「キンギンカ―金銀花―」と呼ばれることもあるそうです。
スイカズラのスイは「吸い」で、花の蜜を吸うところから名前がついたそうです。
それならば早速!と吸ってみたのですが、選んだ花が良くなかったらしく蜜は吸えませんでした。
花の自体の香りも抜群に良い香りなので、それも楽しめます。


花の香りも良いのですが、当てにしていた甘い物にありつけなかったので、口直しに別の場所へ…
a0123836_17431691.jpg

斜面にたわわに実っているモミジイチゴです。(過去記事
黄色い実をつけるから「キイチゴ―黄苺―」と呼ばれたりするそうです。
熟していないと、ちょっと舌にヤニっぽい味がするのですが、いま、まさに食べごろ。
瑞々しくて、やさしい甘さのイチゴです。

ただし、ヤブの中、虫の側、自然の中、なので、見つけてもパッと手を出さないようにするのが無難だと思います。
食べてみたい!と思われる方は、くれぐれも重々ご注意くださいませ…。
by isumi-sato | 2010-05-30 17:51 | しょくぶつ

6月開催行事案内

6月開催行事についてのご案内です。


●ホタルの里でホタルを見よう
<ゲンジボタルの集団発光を、山田・ホタルの里で観察しよう!>
日時:5日(土)18:00~20:00 定員20名 雨天中止 ※日程変更あり
対象:小学3年生以上
場所: スポット地区⑦‐ホタルの里‐


●センター内小川でのホタル観察
<ゲンジボタルが今年もセンターの小川で見られるかな?>
日時:12日(土)18:30~20:00 定員20名 雨天順延13日(日)
参加対象:小学3年生以上 ※サンダルは不可


●太東の岬で海辺の自然を観察しよう
<太東の岬周辺を歩いて、海辺の自然(植物・地質など)を観察しよう>
日時:19日(土)10:00~12:00 定員20名 雨天順延20日(日)
対象:小学生4年生以上 
場所: 太東ハイキングコース周辺(集合はネイチャーセンター)
持ち物:飲物、歩きやすい服装


●いすみ健康草履をつくろう
<ワラに似た質感のPP(ポリプロピレン)ひもを使っていすみ健康草履をつくろう>
日時:27日(日)10:00~15:00 定員12名
対象:小学4年生以上  
参加費:1500円
持ち物:工作バサミ、飲物、弁当
by isumi-sato | 2010-05-30 15:05 | 行事予定

本日のセンター

本日の話題の前に一言。
朝7時頃に自動車事故があり、電柱2本が倒壊。
そのあおりを受けてセンター地区などで電話が不通になりました。
状況が改善したのは14:00過ぎです。

イベント申し込みや問い合わせなど、たぶん電話は通話状態になっていたようです。
私の携帯からセンターに電話をしたら通話状態でした。

センターも被害者なのですが・・この時間帯(朝9:00から14:00ころまで)にお電話をいただいた方、以上のような状況であったことをお知らせいたします。
事故を起こした人に文句を言ってください。でもどうやれば2本の電柱を倒せるのかな・・??

さて・・・

もうすぐ6月だというのに、4月の気温。肌寒い1日です。朝9時の気温は16.5℃でした。
こんな日でもザリガニ釣りに来てくれる子どもたち。

a0123836_15444199.jpg

付き添いの方も思わず手が出てしまいますね。
実はこの写真を撮った時は小雨模様、そろそろ終わらないと雨が・・と心配していたしだい。

センターにいるのはアメリカザリガニですが、前にも書いたように外来種で、本来はこの地方にはいなかった生き物です。冬にはアオサギが多量に捕食していたので、今年はザリガニ釣りはできないかも、と若干心配していましたが、その一方でザリガニの被害が無ければいいなぁ、とも思っていました。

そのアメリカザリガニを釣るために子どもたちが来ます。このことで自然や生き物と付き合うことができるような人に育てば、それはザリガニ釣りのプラスの側面でもあるのですが。

写真の畔の真ん中に白い部分があります。
ザリガニがあけた穴をふさぐために農機具庫にあったビニールをつかいました。泥だけで埋めるには穴が大きすぎたのです。
a0123836_15514632.jpg

a0123836_1552257.jpg

他にいくつも、穴の中にビニールを詰め込んで埋め戻したところもあります。それは次のシーズンの作業の妨げにもなります。アメリカザリガニは田んぼにはとっては邪魔者ですね。ハス田にも邪魔者です。

話は代わって、これはなんだと思いますか?
a0123836_15591661.jpg

ホテイチクの竹の子です。
いま、本当に「雨後のタケノコ」ではないのですが、竹林の周りで勢力圏を拡大しようとしています。
先週、いったんはきれいにしたのですが、わずか1週間でこのありさま。
a0123836_1605464.jpg

雑草と同じですね。
さすがにベンチ周りで大きく育たれても困るので、また草刈り機で伐採です。

竹の繁殖力はとても大きなものです。これをもっと活用するべきだ、との意見が強く言われて久しいのですが、なかなか利用は進まないようですね。

肥料にしたり、竹炭を作ったり、発酵させて焼酎をつくったり、といろいろと工夫はされているようですが・・。

竹細工にもっと利用しよう、ということで里山活動に取り組んでいる八千代のグループが竹細工の先生を訪ねたところ、「竹の節間が短いから使えない、やっぱり××の竹(千葉県の南の方の町の名前ですけど伏せ字にさせていただきます)でないとだめ」、といわれてガッカリしたとか。そんなものなのかなぁ? それとも手入れされた竹林でなければダメということを言いたかったのでしょうか。

ちなみにセンターでは、竹は畑でナスやキュウリなどツル性の作物を育てるために、そしてザリガニ釣りの釣竿として、有意義に使っています。
by isumi-sato | 2010-05-29 16:29 | センターこぼれ話

イトトンボの羽化が始まりました

a0123836_17124916.jpg

田んぼで今年初の,イトトンボの羽化に遭遇しました。
羽化したてでまだ色も付いていませんし,ふにゃふにゃして真っ直ぐ飛べませんでした。
時期と場所を含めアオイトトンボだと思うのですが…自信が有りません。
もしかしたら,後に変わるかもしれません。
本来の色は,メタリックブルーの魅力的なボディです。

昨年の記憶を思い出すと,これからは6月下旬頃まで毎日のように,田んぼで羽化するイトトンボに出会えます。
あぜを歩くと,飛び立つトンボの翅が日の光にきらきら反射して,とても美しい風景に出会えます。
(足元では,カエルがカエルなのに,クモの子散らしたようにワッと飛び散りますよ~。)


a0123836_1714031.jpg

デイキャンプ場ではユズの花が咲いています。
白くて可愛らしい花です。
a0123836_17141460.jpg

クマバチもブンブン飛び回り,せっせと花に顔を入れていました。
素早い動きに背中しか撮影できませんでした…。
よっぽどイジワルをしなければ自分から襲ってくるハチでは無いので,そっと観察してみてください。
びっくりするぐらい大きな羽音をたてて飛んでいます。

ユズの花を直接見たことある方はご存知でしょうが,ユズの花はユズの果実を搾った匂いがします。
驚くほどのユズの香り。
ユズの木の前に立つと,その香りに包まれて思わずぼんやりしてしまいます。
天然アロマテラピー?とっても心地良いですよ~。


ちなみに,そっくりな葉で,そっくりな花が近くに咲いています(もちろん,よく観察したら違う物なのですが)。
でも匂いを嗅げば一発で違いが分かります。
五感を使った自然観察!
ユズでは無い方は何か…そちらも匂いで想像してみてください。
by isumi-sato | 2010-05-27 17:29 | いきもの

小さな声が聞こえてきます

昨日と違い、朝から快晴のセンターです。
もう暑さが夏な感じです。


さて、センター中庭の写真です。
a0123836_13594763.jpg

センターに訪れた事がある方なら、この風景を見たことがあると思います。
実は、ベンチの隣にあるエノキの木に、巣箱がかかっていたのです。
a0123836_1410481.jpg

いつからかかっていたのか記録が無いので分かりませんが、昨年の4月にはありました。
あるのは知っていたけど、特に手入れや率先して鳥を誘致しようという活動は行わなかったのですが、今年の春からシジュウカラが巣箱を利用するようになりました。
最初巣箱の屋根も開いた状態だったのに、巣作りを始めるもんですから慌てて屋根を閉めました。
意外とそこらへんはずぼらなようです。


そして、本日どうやら卵が孵化したらしい!という事が判明しました。
実際孵化したのがいつかは分かりませんが、今日前を通ったら巣箱から小さな声がピーピー聞こえてきたのです。
おぉ、順調に巣箱が活用されていると、少々驚きました。
掃除もなにもされていなかった巣箱ですからね。


中見たい…ヒナ見たい…とそわそわするのですが、親鳥を刺激して万が一飼育放棄とかなったら困ると思って、ちょっと離れた所から見つめています。
皆さんも、ちょっと離れた所から、親鳥が巣箱を行ったり来たりするところを観察してみてください。
木の下に立つと、ヒナの声が聞こえてきますよ!


~追加~
子の顔が見られないなら、親の顔を見てこよう!と、親鳥の写真を撮影してきました。
a0123836_15381077.jpg

虫(イモムシ)を捕まえてきた親鳥は、一旦巣箱から離れた枝に止まり様子を見て、安全確認後巣箱に入ります。
親鳥は色々な虫を捕まえてきては、ヒナに与えますが、チョウやガの幼虫が多いそうです。
a0123836_15383948.jpg

a0123836_15455778.jpg

a0123836_15462314.jpg




a0123836_15372916.jpg

巣箱の穴のサイズと、親鳥の胴回りが同じです。
これ以上大きいとスズメがシジュウカラより先に巣作りをしちゃうとか…。
a0123836_15374511.jpg

親鳥はヒナがしたフンをくわえて、巣外に捨てます。
巣を清潔に保つことと、外敵(ヘビ、カラス等)に匂いによって場所を知られないようにするため行うそうです。


ヒナの巣立ちは約20日。
無事に巣立つでしょうか?
by isumi-sato | 2010-05-25 14:23 | いきもの

雨のセンター ―西から東に強い雨が来ます―

 5月23日。曇りのち雨。予報よりも早く、朝9時くらいから雨が降り出しました。
雨のセンターを紹介します。

a0123836_167893.jpg

キショウブには雨が似合います。
a0123836_1674835.jpg

白いハコネウツギの花も目立ってきました。
ディキャンプ場では、ナツミカンの白い花が良い香りを届けてくれています。
これに集まるチョウ類も楽しみです。

雨の日曜ですが、家族連れが朝からいらっしゃって、子どもたちが「ネイチャーコレクション」―生き物の粘土抜き型―に色塗りをして楽しんでいます。
いすみ周辺では、先週や昨日に学校の運動会が盛んに開催されました。お天気でしたね。
5月下旬、6月上旬と近隣の小学校が次々と校外学習としてセンターにやって来られる予定です。
1、2年生は生活科として、3年生は公共施設と税の使われ方をテーマに、
いすみ環境と文化のさとセンターの生き物たちを楽しみながら勉強する予定です。


a0123836_168238.jpg

日曜ですが、今日は朝から、そのうちの一校の先生が下見と下打合せに来られました。
職員は、各学校の目的や予定時間に応じてどのようにメニューを作りお迎え準備ができるかなと少しばかり頭を悩ませています。なるべく小グループに分けて、飽きないように、いろいろ楽しんでもらうことができるように、記憶に残るように、こうローテーションして、、、、。
センターの最新兵器「スーパー竹トンボ」も活用させていただいて、、、。


午後からは、西から来た雨が強くなってきています。オオヨシキリ、ウグイスなど鳥たちの声も小さくなりました。昆虫広場では、草の陰にまだ幼体で小さな虫たちが雨宿りをしているのでしょう。

a0123836_1685862.jpg

畑では、ジャガイモの花が咲きはじめています。
ソラマメの実も育っています。サツマイモの苗も伸び始めています。
菜の花エコプロジェクトのセイヨウアブラナは、花が終わり実を膨らませています。そうそう、畑に作物名のサイン表示を設置しました。
サインは、千葉県緑化推進委員会からいただいた間伐材のスライス板を利用して作成しています。(供給いただき感謝です。)
a0123836_1694081.jpg


今年は、センターとしては久しぶりの栽培になりますが、いただいたワタの苗もいま鉢に植えて育て始めています。ワタは小さなうちは特に低温に弱く、根も移植に弱いデリケートな植物です。ワタの花、ワタの実、ワタクリ、などを思い描いています。

a0123836_16101131.jpg

雨の水田です。稲は順調に生育しています。オタマジャクシたちも尾が短くなり順調に大人に育ってきています。畦を歩くとたくさんのちびカエルたちがばらまいたように飛び上がります。(ニホンアカガエルたちでしょう。まだ尾の長いオタマジャクシたちはニホンアマガエルたちのようです。)田んぼの「中干し」(一度水を抜いて土に亀裂を作り、根に空気を行き届かせる)はいつご頃にしようか、などという話題も出ています。
ハスの葉も少しずつ大きくなってきました。ザリガニたちのはさみ攻撃を乗り切って、今年はどれくらいのハスの花を見ることができるでしょうか?

雨の中、草刈りをがんばる職員もいます。(自然観察の対象ではありません。)

雨でもご覧に成れるポイントはいろいろ、たくさんありますよ。
気軽にお立ち寄りください。お待ちしています。
by isumi-sato | 2010-05-23 16:37 | センターこぼれ話

チョウが集まるのは花ばかりでは無いようです

本日も良いお天気だったので、センター周辺の生きもの探索にでかけました。


最近田んぼである「生き物」を探しているのですが、中々どうして出会えません。
自然観察は“一期一会”だなぁ~と頭を抱えてしまいます。
さて、田んぼの側のヤナギの木には、樹液をエサにする生き物が集まってきます。
a0123836_1634235.jpg

オオスズメバチとサトキマダラヒカゲがお食事中でした。

サトキマダラヒカゲの翅を開いたところを撮影しようと粘ったのですが、頑なに翅は開いてくれませんでした。
開いたと思ったら、サッと飛んでしまうので結局、表はオレンジ色っぽい?ぐらいの観察結果でした。
図鑑を確認したら「樹幹によくとまり、全然翅を開かないのが特徴」ですって!
とても納得。

オオスズメバチに刺される被害は、秋口になると増えますが今の時期でもよく飛んでいます。
黒い色の服装は襲われやすとも言われていますし、自然度の高い場所に行く時は黒い帽子や服を避けた方が安全だと思います。


このヤナギの木には、ゴマダラチョウやルリタテハ、カブトムシに出会えることもあります。
a0123836_1654480.jpg

ゴマダラチョウ(昨年9月の写真)
a0123836_1655216.jpg

ルリタテハ


今回紹介した3種類の中で、今の時期頻繁に出会えるチョウはは、サトキマダラヒカゲがです。
クヌギの木にも集まりますし、センターの模擬雑木林近辺を素早いはばたきで飛んでいます。


樹液にでは無く、花に集まるチョウの中で、昆虫広場で最も出会えるのがヒメウラナミジャノメです。
a0123836_1704691.jpg

こちらは出し惜しみなく、翅の表を見せてくれます。
朝から夕方まで、小雨だって気にせず飛び回ります。
a0123836_1732334.jpg

閉じると、裏側にも蛇の目模様があり、この目の数で同定できるそうです。
地味目なチョウですが、写真をたくさん、なおかつ落ち着いて撮らせてくれるモデル気質なチョウです(とても個人的な感想です)。


まだまだたくさんの種類のチョウが、自由気ままに飛んでいます。
チョウ以外にも、たくさんの昆虫たちが動き回っていて、歩く度に違う生き物たちに出会えて、とても愉快です。
ただ、それぞれ名札を付けてきてくれれば良いのに…と、初めて見る生き物に頭をひねる日々です。
皆さん、特に昆虫好きの方、ぜひ遊びにいらして下さいね~。
by isumi-sato | 2010-05-22 17:18 | いきもの

葦の中でさえずるオオヨシキリ

今日も暑い一日になりそうです。
ヨシキリ広場の葦の中でさえずるオオヨシキリです。
a0123836_1012361.jpg


センターでは夏鳥のホトトギスも5月19日から鳴き声(特許許可局)が聞こえます。

上空をサシバが飛翔していると思ったら、オオタカが駐車場の北側上空から東方面に飛んで行きました。
(写真撮影が出来なく残念です。)
by isumi-sato | 2010-05-22 10:02 | いきもの

生活科の校外学習にやってきました

本日は、勝浦のとある小学校の校外学習がセンターで行われました。
1年と2年合同で26名。
テーマは、「公共施設、公共物を利用したり、自然にふれながらルールを守って友達と仲良く遊ぶ」とのことでした。


センターの対応と致しましては、

・センター内の解説
・ザリガニの生態についての学習
・昔ながらの遊び(竹トンボなど)

の3つと、ザリガニ釣りを行いました。
もちろんメインはザリガニ釣りです。
a0123836_17203914.jpg

ザリガニの生態についての学習では、実際のザリガニに協力してもらい、どこをどう持ったらハサミで挟まれないか?という重要な学習を行いました。
ザリガニのハサミが届かない場所を知るのも、立派な“生態”学習…ですよね?
ザリガニを触った事がある子が、全体で5人ぐらいしかおらず、ザリガニを触るのにも一大決心が必要だったようです。
2~3日雨続きの後の快晴だったので、ザリガニ達の動きも活発で全体で108匹釣りあげました。
ザリガニ釣りも竹トンボもできたし、水槽展示も見られて楽しかった!と笑顔で皆帰っていきました。


GWを過ぎると、このような学校対応が増え、日中小学生がセンター内を走り回る事が多くなります。
笑い声が溢れるセンターって良いなぁ…と冬を乗り越えて、ひしひしと感じる職員です。
by isumi-sato | 2010-05-21 17:29 | グループ・学校利用

竹トンボ大量入荷!

センターで貸し出していた竹トンボの数が一気に増えました。
a0123836_13594330.jpg

30個にオマケ5個の35個も増えました。
a0123836_1415590.jpg

立派なスタンド付です。
これらの立派な竹トンボは、いすみ楊枝で活動中の小川様からの寄贈品です。


以前から竹トンボの貸し出しは行っていましたが、遊んでいるうちに壊れたり、飛ばし過ぎて紛失たりして数がだんだん減ってしまいました。
そこで、いすみ楊枝で竹トンボ作れる人がいたらお願いしま~すと、軽い気持ちで言ったらとんでもなく立派なものを作製していただけました。
ありがたくて涙が出てきます。

a0123836_149088.jpg

飛ばしごたえも十分、ビューンと飛びます。
飛ばし過ぎると…
a0123836_14111631.jpg

屋根まで飛んでしまいます。
屋根まで飛ぶのはシャボン玉だけで十分なのですが…こうして竹トンボの数は減っていくのです。
屋根の上まで飛んだ竹トンボは、雨が降ると雨水と共に落ちてきますので、その際回収します。


a0123836_1414358.jpg

竹トンボスタンドは、今まで竹トンボを置いてあった場所に設置してあります。
屋根に乗らないように、広場の真ん中で屋根を背中に飛ばして下さいね。
(風向きによってはそれでも屋根に乗りますが)
by isumi-sato | 2010-05-19 14:15 | おしらせ