千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:いきもの( 575 )

台風接近!雨の日も風の日も…虫たちは?

9月17日(日)の天気は雨。連休なのに~…午前9時の気温は、21.2℃です。


a0123836_1049525.jpg
ざあざあ降りですね~。こんな時、虫たちはどうしているのかなぁ?そうだ昆虫観察、行こう。



a0123836_10503065.jpg
いたいた、キリウジガガンボ。長い足を使って、しっかり草につかまっています。



a0123836_10503918.jpg
ヒメウラナミジャノメも、雨宿りをしています。きれいな目玉模様ですね。
この目玉模様は、敵を脅かす効果があると言われています。また鳥が、はねの小さな目玉模様を目と間違えて、つつく間に逃げることもできます。



a0123836_10505839.jpg
サトイモの葉っぱに、雨水がたくさん溜まっています。里芋は、東南アジア原産。日本には、縄文時代に伝わり、古くから食べられていたそうです。里芋も、おいしい野菜ですよね♪



a0123836_10512711.jpg
畑のマルチの上に、ニホンカナヘビがいます。しっぽ長いですね~。尾は、全長のおよそ3分の2もあるそうです。



a0123836_10515355.jpg
あっ、ナス!おいしそう。「秋なすは、嫁に食わすな」…小ぶりで実がひきしまった美味しいナスのシーズン到来ですね♪



a0123836_10521063.jpg
なすび?いえいえ、こちらはクロウリハムシでしょう。ウリ科の植物が大好物みたいです。



a0123836_10521777.jpg
風雨に耐えながら、エサを食んでいます。雨にも負けず、風にも負けず、たくましい姿を拝めました。



a0123836_10532636.jpg
トリノフンダマシがいました。クモの仲間です。鳥の糞に擬態しているんだとか。



a0123836_10533749.jpg
近くに卵のうがあります。やっぱ、かわいい子供が気になるんですかね~?



a0123836_1054163.jpg
ナガコガネグモもいます。水田にも多く生息するクモで、たくさん害虫を食べてくれるそうです。



a0123836_10542073.jpg
えっ、タコ?って感じします?その名もタコノアシ。かれんな花が咲いています。花が果実になり、だんだん赤くなって…



a0123836_10542596.jpg
それがゆでだこに似ているから…という説があるそうです。湿ったところに自生するタコノアシ。全国的には減少していて、ほとんどの県で絶滅危惧種に指定されています。ここ千葉県では、指定されていません。豊かな自然が残っているんですね♪



a0123836_10544477.jpg
だんだん雨が強くなってきました。昨夜の降り始めから17時までの累積降水量が、72.5mmに達しました。皆様、どうか風雨に気を付け下さい。



a0123836_13473216.jpg
なお、明日18日の天気は晴れの予報です。行事予定の「秋のはじまり自然観察」は、予定通り行うつもりです。皆様のご参加を、心よりお待ちいたしています。
by isumi-sato | 2017-09-17 17:15 | いきもの

雨が降り気温が下がりました/ 稲刈り2日前

8月31日、雨。午前九時の気温は20.4℃、今朝の最低気温は20.2℃でした。
夜明け前から降り始めた雨の降水量は、夕方19mmとなりました。
夕方の最低気温は、19.5℃。昼間の方が気温が下がったようです。きのうよりも11℃以上気温が下がりました。


a0123836_17273534.jpg
稲刈り2日前の田んぼです。



a0123836_17273937.jpg
今日は北よりの風が吹き、時おり強い雨が吹きつけました。



a0123836_17274549.jpg
地域固有種イスミスズカケは、長いシュートを伸ばし、まだ花を咲かせています。
ぜひご覧になってください。




a0123836_17274975.jpg
次の2種類は、4日前に林道を歩いた時の画像です。センニンソウが白くそこここに目立っています。



a0123836_17280464.jpg
林縁の木にからんだ細めのつる植物は、コバノカモメヅルでした。
小さな星形の暗紫色の花が控えめで印象的です。




a0123836_17275752.jpg
林道沿いの足元には、キツネノマゴにくわえて、ヒナタノイノコヅチもたくさんの穂をつけて目立ちます。この種が冬には、ひっつき虫になります。




a0123836_17282029.jpg
タマアジサイが花を咲かせ始めました。丸い蕾から破れるようにしてふくらんで、装飾花をつける途中にはいろいろな姿を見せてくれます。




a0123836_17283167.jpg
センター内雑木林の足元には、明るいふじ色の花も見えました。ヤブランの花です。



a0123836_17284058.jpg
雨に濡れたクリの木の枝には、センター建物をバックにして今日の涼しい気温の中、ニホンアマガエルがたたずんでいました。

さて、天候は? 稲刈りの予定はどうするか? 明日の午前中に判断いたします。



ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2017-08-31 17:30 | いきもの

今日から処暑(しょしょ)でしょ?

8月23日(水)。午前9時の気温は、30.6℃!朝から30℃越えの厳しい暑さです。今日からこよみでは、処暑(しょしょ)という季節といいますが…


a0123836_15290417.jpg
見てください、この強い陽射し!処暑(しょしょ)という季節は、立秋の次の季節で、暑さが少しやわらぐころだそうです。しかし、今日は暑かった!



a0123836_15352296.jpg
アブラゼミも、たくさん鳴いています~。あれっ?黄葉してる?



a0123836_15381249.jpg
してる、してる。ソメイヨシノの葉が、色づきだしています。下を見ると、落ち葉もちらほら。



a0123836_15403349.jpg
そういえば、ここ千葉県いすみ市でも、稲刈りが始まっています。少しづつ、秋を感じますね。


a0123836_15421524.jpg
今年のお米はどうでしょう?おいしい新米が楽しみです♪



a0123836_15435355.jpg
「ひでぶ!」ゴーヤが内部破裂しています。ほろ苦い人生の集大成、といった姿に映ります。


a0123836_16005250.jpg
あっま~い!鮮やかな赤は果肉。その中に種が入っています。果肉は苦くありませんでした。メロンような味に感じます。ところでこの写真、なにかゆるキャラに見えるのは私だけ?



a0123836_16262182.jpg
おっと!シオカラトンボがキタキチョウを捕食中です。このように多くのトンボは、はねを広げてとまります。



a0123836_16381386.jpg
一方カワトンボの仲間は、はねを閉じてとまります。ハグロトンボでしょうか?真っ黒なはねがカッコイイ!


a0123836_16421676.jpg
まだまだ暑い日が続くようですが…移りゆく季節を感じに、遊びにきてください。水筒をもって!(^^)!






by isumi-sato | 2017-08-23 17:12 | いきもの

ヘチマの花/雨の日の楽しみ方

8月15日、曇のち雨。午前九時の気温は25.4℃、今朝の最低気温は22.9℃、湿度は93%でした。肌がべとつく湿度の高い空気です。お盆休みも今日で最後の方が多いのではないでしょうか。


a0123836_15321796.jpg
朝、中庭にあるツル植物の棚には、空を向く十数個の黄色い花とその大きな実がぶら下がっています。実は、ヘチマの実です。ヘチマは昔から夏になじみのあるツル植物で、若いうちは食用に、完熟させてさらして果肉をのぞいて繊維質の部分をたわし、あかすり、履物の敷き皮などに使います。またツルの30~60cmのところを切って上がる水分をとり、化粧水にした記憶がある方もいらっしゃると思います。「とうり・唐瓜」ともいったので、頭一文字で「と」の字と呼んだようです。いろは順で「へ」、「ち」の間ということからヘチマの名がついたといいます。昔の日本語の使われ方がわかりますね。



a0123836_15322464.jpg
花をクローズアップすると下から見上げる角度なので、こんな具合に見えます。ガクは5裂し、いわゆる花びらは5つに深くさけています。花に昆虫たちがかわるがわるやってきていました。

a0123836_16140295.jpg
午後のようす。天気予報通り、雨が降り始めました。大粒で勢いのある雨です。田んぼでは、稲穂に雨が当たり重そうに揺れています。稲刈りまであと19日。カウントダウンが始まっています。雨は二時間ぐらいでやみましたが、雨がやむとヒグラシの鳴き声がセンター施設内に響き渡りました。



a0123836_16143475.jpg
ハス田へ向かうと、ウシガエルの合唱が始まっていました。でも私の気配に気づくとすぐに鳴きやみます。どこで見ているのでしょうか?
a0123836_16145469.jpg
雨のしずくがハスの葉にたまり、重さに耐えられなくなると水がハス田に落ちていく音がリズミカルに続いていきます。「ジョボジョボジョボ~」と次から次へと水が落ちていきます。

a0123836_16154488.jpg
カミナリ様のパンツを履いたクモ。ナガコガネグモが田んぼ脇のマルバヤナギの木に大きな網を張っていました。水田に多く生息し、円もうを張りかくれ帯(円もうを張るクモが、あみに付ける白い糸をかくれ帯または白帯((はくたい))という)を付けます。
a0123836_16161289.jpg
8月11日、「夏のスペシャルウィーク さとの夏遊び」内で行った「虫取り探検隊」にてクヌギの木に仕掛けたトラップにはサトキマダラヒカゲが寄ってきていました。4日も経ちますが、いまだに樹液を求める昆虫たちが観察できます。

a0123836_16163561.jpg
ミカンの木の実には以前もブログで取り上げましたが、小さい卵が2つ。だんだんと金色に近い色になってきました。なんの卵何でしょうか?

a0123836_16170354.jpg
林道では、かなり大きいシュレーゲルアオガエルがじっと動かず葉の上にとどまっていました。5㎝はあったかと思います。大きさを比較できるものがなかったので自分の人差し指をあててみました。人差し指の第二関節よりも大きさがありました。こんなにも大きくなるのですね。





雨の日は雨の日の楽しみ方があります。



雨の日に観察できる生き物を観察しにセンターへ遊びに来ませんか?


お待ちしております。

by isumi-sato | 2017-08-15 17:19 | いきもの

涼しめの8月のはじめ

8月3日、曇。午前九時の気温は23.0℃、今朝の最低気温は20.2℃でした。台風5号が日本のはるか南を長いことゆっくりと動いています。
きのう今日と、北の高気圧からの風が吹いて気温が低めで過ごしやすい日が続きました。いすみでは、朝がたは一枚かけるものがないと寒いくらいでした。



a0123836_18050505.jpg
田んぼのイネは、実が充実しつづけています。田んぼの表面の色が黄色くなってきました。



a0123836_18051142.jpg
少しずつ、こうべを垂れる稲穂です。
7月に日照が十分で気温も高かったため、順調に成長したようです。



a0123836_18052040.jpg
今年のハス田は、まだ花がたくさん咲き続けています。
春先に芽が少なくて花数が少ないことを心配したことがウソのようです。



a0123836_18051579.jpg
ハス観賞週間は7月23日で終了しましたが、今日でも100以上の蕾と花が見えています。まだまだ観賞できます。



a0123836_18052415.jpg
同時にたくさんのハスの実を観察することができます。
ハスの実は、花床という部分が膨らんで種を包んでいます。
若い青々としたうちは、実をとって緑色のやわらかな皮の下にあるクリーム色の部分が生で食べることができます。中華料理の食材に使われると書物にありました。茶色くなってくるともうかたくて、とても歯が立つものではなくなります。





a0123836_18053042.jpg
食べられる実といえば、ハス田に来られた際には解説板のすぐ上を注目してください。たわわにオニグルミの実がなっています。




a0123836_18053506.jpg
実つながりで、駐車場東に生えている樹木にも、赤い実が目立ちます。
握りこぶしのように見える実です。早春に清楚な白い花を咲かせたコブシの実です。




駐車場沿いにあるソメイヨシノの葉を見ると、はや落葉の準備が少しずつ進んでいます。サクラという樹木は8月のうちから、早くも葉の色を変えて少しずつ葉を落とし続けます。



a0123836_18053972.jpg
夕方4時を過ぎると、もう白い花の開く準備が進んでいます。



a0123836_18054412.jpg
秋にオレンジ色の実になるカラスウリの蕾です。
レースのように透けた花です。7時くらいにはご覧になれますので、家のまわりで観察してみてはいかがでしょうか?




a0123836_18054959.jpg
草原ではバッタたちがたくさん発見できます。ショウリョウバッタでしょう。体長60mmくらいはあります。



a0123836_18055428.jpg
そして体長10mmくらいの小さなバッタもいます。ヒシバッタの仲間です。このヒシバッタは年に数回発生するといいます。小さな体で、ひと夏に何回か世代交代してしまう夏を生き急ぐ昆虫ですね。



a0123836_18105928.jpg
黒い大きめのチョウたちもヒラヒラと涼しげに飛ぶ姿が多く見受けられます。
長い期間開花しているカラスザンショウの木が堰の東側、山すそに生えています。
特にそこには、黒いアゲハがたくさん飛んでいます。まずカラスザンショウを見つけてください。


たくさんの生きものたちが、ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2017-08-03 18:14 | いきもの

静かな雨

8月2日(水)、午前9時の気温23.0℃、曇りのち雨。朝から涼しい一日となりました。梅雨が明けてからの方が梅雨らしい天気が続きますね。シトシトと、しずかに雨が降り続きました。
a0123836_13202409.jpg
田んぼのようす。あと一か月後の今日は稲刈りですね。月日の流れは早いですね。ついこのあいだ田植えをしたばかりと思っていたら、もう稲刈りです。稲穂が頭を垂れ始めました。



a0123836_13204255.jpg
おおっ!田んぼの脇では久しぶりにキジのオスを発見。春先以外は鳴かないのでしょうか?おとなしい。こちらに気づいていない様子。稲穂をじーっとみています。なにか獲物でも見つけたのでしょうか?

  


a0123836_13211389.jpg
午後には昆虫広場でもキジを発見。同じオスのキジだと思います。イノシシが土を掘り返した跡で物色中。なにか見つけられたかな?この写真撮影後、私の気配に気づいたらしく、すごい勢いで逃げていきました。その時も鳴き声は上げませんでした。


a0123836_13220682.jpg
万木堰近くにあるカラスザンショウの花にクロアゲハでしょうか?花から花へひらひらと優雅に飛び回っています。カラスザンショウは、アゲハチョウの仲間の幼虫の食草でもあります。



a0123836_13223543.jpg
またまた発見。クモの仲間のクロトリノフンダマシか?小さくて丸っこく、葉の裏でじっとしています。日没後に網を張るクモの仲間です。一度でいいから網を張ったところを見てみたいなー。


a0123836_13231742.jpg
これはコフキゾウムシかな?本来は黒い色をしていますが、鱗片でおおわれて淡緑色にみえるようです。まるでアンティーク調のブリキのおもちゃのような色です。かわいらしい生きものですね。

しとしとと降る雨の中の自然観察も晴れの日とは違う発見も多くあります。



どうぞセンターへ自然観察に来てくださいね。

お待ちしております。




by isumi-sato | 2017-08-02 17:15 | いきもの

夏の夜の生きもの&夜に咲く花

7月14日(金)、午前9時の気温28.5℃、晴れ。朝からギラギラした夏の陽射しが肌にささります。

まずは、昨日の夜のセンターの様子から。7月22日(土)に開催予定の行事「夏の夜の生き物たち」(キャンセル待ちで受付中)の準備のため、担当職員がセンターの夜の生き物たちの様子を観察しました。



a0123836_22040751.jpg
閉館時間ですが…これから、ちょっと昆虫観察へ行きます。



a0123836_22060533.jpg
キター!昆虫の王様カブトムシがいます。



a0123836_22085374.jpg
クワガタムシもゲッツ!



a0123836_22092896.jpg
ニイニイゼミの羽化にも出会えました。
神秘的ですね~♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




a0123836_15045263.jpg
ここからは、今朝のようす。夜ほど観察はできませんが、チョウやコガネムシなど昼間も樹液に集まっている生き物も見ることが出来ました。翅をゆっくり閉じたり開いたりしながら樹液を吸っています。



a0123836_15054627.jpg
これはイノシシの仕業か?ずいぶん土が掘り返されています。土も乾いているので昨日の夜から今朝早くの出来事でしょうか。


a0123836_15063166.jpg
湿生生態園へ続く林道では、カラスウリのつぼみが観察できました。近くには昨日の夜に咲いた花でしょうか?落ちて葉に引っかかっています。カラスウリの花は日没後に5裂した花が咲き、レース状に広がって咲きます。7月22日には夜の生きものと一緒にカラスウリの花も観察できるといいですね。





by isumi-sato | 2017-07-14 17:15 | いきもの

夏だ!昆虫採集だぁ

7月13日(木)です。午前9時の気温は27.4℃、晴れ。今日も、朝から…



a0123836_16521491.jpg
夏ーーー!
さあ、昆虫観察へ行きましょう。


a0123836_16543743.jpg
「たまや~」
タマムシがいました。


a0123836_16563763.jpg
美しい前ばねですね~。昔から、工芸品に利用されているんだとか。
タマムシはいま、恋の季節を迎えています。


a0123836_17032257.jpg
モンキチョウでしょうか。こちらもキレイ!


a0123836_17081290.jpg
あっ!羽化ってる。


a0123836_17090376.jpg
たくさん抜け殻がありますよ。だぁ~れ?


a0123836_17103464.jpg
チィーーー鳴き声は、よく聞くんですが…
ようやく発見!ニイニイゼミ。うまく隠れていますね。
!(^^)!最後に答えがあります!(^^)!


a0123836_17150963.jpg
ほんとうに昆虫いっぱいです。
ルリタテハ…きれい!


a0123836_17195039.jpg
おおおお!


a0123836_17202996.jpg
トンボも…



a0123836_17212002.jpg
バッタも…昆虫たちがお待ちしています。
ぜひ、自然観察しに来てください!



a0123836_17480532.jpg
先ほどのセミ。ここにいました!
えっ?簡単?…失礼しました~。




by isumi-sato | 2017-07-13 17:22 | いきもの

下半期も…やっぱ自然観察でしょ?

7月1日は曇り。午前9時の気温は27.6度で、湿度はなんと89%!きょうも蒸し暑い日となりました(汗)。
いよいよ今日から1年の後半、下半期のスタートですね。皆様におかれましても、いい事がありますように(祈)!


a0123836_16450948.jpg
おーっと!いきなりラッキー♪ キイチゴ発見です。ちょっと試食してみると「う~ん♥」甘くておいしいです。


a0123836_16513454.jpg
夏の花アサザが咲いています。この花、午前中しか咲かない「半日花」というものらしく…


a0123836_16561944.jpg
あっホントだ!午後には、しっかり閉じてしまいまいた。


a0123836_16590481.jpg
竹やぶでは、シュレーゲルアオガエルが器用に枝につかまっています。


a0123836_17000902.jpg
この吸盤!この手が、サル顔負けの技を可能にしているんでしょうね。


a0123836_16580793.jpg
ヤブキリも負けていません。葉の上で、器用に遊んでる?


a0123836_17112378.jpg
春には、こんなに小さかったのに…大きく育っています。


a0123836_17130125.jpg
こちらは今、子育ての真っ最中なんでしょうね。カヤネズミの巣があるの わかります~? 写真中央を、よく探してみてください。


a0123836_17142752.jpg
こちらは、これから産卵なのでしょう。カノコガが、恋の季節を迎えています。はねの模様が、シカの子の模様ににていることから、「鹿の子蛾」と名付けられたんだとか…

今日も、いろいろな発見がありました!みなさんもぜひ、新発見しに来てください。




by isumi-sato | 2017-07-01 17:30 | いきもの

梅雨の合い間のチョウ

6月29日、曇。午前九時の気温は23.4℃、今朝の最低気温は19.4℃、湿度91%でした。
午後にはわずかに青空がのぞくようになりましたが、湿度がとても高い一日でした。


a0123836_17563410.jpg
ハス田では、ハスの花、蕾はまだまだ続きます。



a0123836_17564551.jpg
モチゴメを植えてある田んぼでは、中干しが続いています。




a0123836_17565286.jpg
雑草のオモダカが一本、田んぼの真ん中に見えています。




今日はカラムシでは、いろいろな生きものが発見できました。


a0123836_17565801.jpg
ニホンアマガエル





a0123836_17571165.jpg
ラミーカミキリ





a0123836_17570580.jpg
アカタテハの幼虫





空が明るくなると、いろいろなチョウたちの飛ぶ姿が観察できました。

a0123836_17572021.jpg
畑の雑草にルリシジミでしょうか、小さな青色のチョウがいました。




a0123836_17572434.jpg
また、ヒメジョオンにはベニシジミが、





a0123836_17572950.jpg
林道沿い、アズマネザサの近くでは、ヒカゲチョウらしきチョウが、






a0123836_17573474.jpg
林道では、キアゲハが、ヒラヒラと飛び続けていました。シダにとまった一瞬だけ撮影できました。






a0123836_17574017.jpg
昆虫広場、刈ったススキの近くでは、タテハチョウの仲間、ミドりヒョウモンでしょうか?





a0123836_17575503.jpg
万木堰では、チュウサギが白い羽を広げて梅雨の合間に羽の手入れをしていました。



梅雨の合間には、いろいろな生きものたちが活発に動くようです。
ご来館お待ちしております。




by isumi-sato | 2017-06-29 18:02 | いきもの