千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

ホタルの水路で生きものを探そう

5月5日、晴れときどき曇。午前九時の気温は19.3℃、湿度は80%でした。
今日は、立夏。連休まん中の「こどもの日」です。



a0123836_16555552.jpg
行事「ホタルの水路で生きものを探そう」を行いました。定員20名ですが、親子プラスおじいおばあで総勢27名の参加がありました。
あいさつの後、水路で生きものを捕まえるための道具と方法について説明です。


a0123836_16565054.jpg
2組に分かれ、田んぼ脇の水路とホタルの飛ぶ水路の二カ所で生きもの探しスタートです。
ホタルの飛ぶ水路では、石の下にもいろいろな水生昆虫や貝なども見つかりますよ。
今はホタルは土の中でさなぎになって変身中です。




a0123836_1657982.jpg
田んぼ脇の水路では、何がたくさん採れるでしょうか? ドジョウやザリガニたちがたくさん見つかり始めました。



a0123836_16572424.jpg
生きものがたくさん見つかり始めると親子とも夢中になります。網の中をじっと見つめます。





a0123836_165872.jpg
交替して2カ所の生きもの採取を行った後、バット、透明ケースなどへ生きものを仕分けしてじっくりと観察しました。「この生きものはなんだろう?」ザリガニ、メダカ、ドジョウにくわえて、カワエビの仲間たちもたくさんつかまりました。「ヘビトンボだ!! 」トビケラの仲間は、ミノムシのように砂やちぎれた葉っぱで作った自家製の筒の中に入って隠れていました。シマゲンゴロウがいたよ。サワガニの赤ちゃんが見つかりました。



a0123836_16583313.jpg
口のとんがった、通称クチボソ、モツゴという魚もいました。昔の人はつかまえて佃煮にして食べたものです。タニシに、カワニナ、スジエビ、テナガエビ。






a0123836_16585028.jpg
トウヨシノボリ(類)。4年程前にクロダハゼという和名に変わったとか。クロダハゼ類として、まだ分類にはいろいろな考え方があるようです。



a0123836_1659490.jpg
各自観察した後、全体でいろいろな生きもの、魚類、カニエビ類、水生昆虫、カエル類、アメリカザリガニとウシガエルの話など説明をしました。


a0123836_16592577.jpg
最後に生きものたちを水路に返しました。ありがとう、元気でね!!
楽しいこどもの日の思い出になったなら、うれしいです。


またのご来館お待ちしております。


-----------------------------------------


「子どもの日」にちなんで?、子どもの人口の話が放送で流れていました。
で、データーをチェック。出典は国立社会保障・人口問題研究所のWEBサイト。出生・死亡とも中位推計値です。
a0123836_1110285.jpg
たしかに・・・
日本の将来人口はなかなか厳しそうですね。
by isumi-sato | 2017-05-05 17:21 | 行事報告