千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

卵、4つ発見!!

2月14日、快晴。午前九時の気温は3.3℃、今朝の最低気温は-4.1℃でした。
今日も冷え込みが厳しい朝でした。徐々に日が射すと、太陽の力が強くなってきたと感じるようになりました。



a0123836_17002445.jpg
快晴の青空。ハス田の向こうの丘の樹林のてっぺんにポツンと白いものが見えます。とまっている鳥が見えました。




a0123836_17003025.jpg
ノスリかな? オオタカかな?? 期待してズームアップすると、いつものとまり方とは異なる見慣れた鳥がいました。(なぁーんだ)アオサギでした。(失礼。アオサギ君。)春を感じだしてとまる場所が変わってきたのでしょうか? アオサギの気持ちはちょっとわかりません。



a0123836_17003625.jpg
中庭の芝生には、チョコマカ、チョコマカと、歩き回る野鳥がいます。




a0123836_17004209.jpg
双眼鏡でのぞくと、その足さばきが、何とも軽妙でおもしろいものです。ハクセキレイ君でした。




a0123836_17004864.jpg
湿性生態園です。落葉したいろいろな樹形と下草の少ない景色を見ると、北海道、北米や北欧、北の景色とも共通するものがあります。
さてそろそろかなー?



a0123836_17005225.jpg
トウキヨウサンショウウオの産卵は、まだのようです。水路の中に足跡がついて水か濁っています。水の中を歩いた動物がいるようです。気になります。



a0123836_17005833.jpg
林道沿いの水たまりをのぞきました。




a0123836_17010336.jpg
発見しました!! 今日は、卵塊がありました。ニホンアカガエルの産卵が始まりました。
ちなみに、このカエルの卵は、一つ一つがくっついて塊になっているので「卵塊」と呼ばれます。
トウキョウサンショウウオの卵は、一つ一つの卵がさらに袋に入っているので「卵のう」と呼ばれます。
これから、小水路、田んぼの水たまりなどいろいろな所に次々と産卵が始まります。
今年は寒い日が続いていますが、ついに生きものたちは動き始めたようです。
卵を産んだカエル君は、再び冬眠に入る、二度寝に入るといいます。


ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2018-02-14 17:07 | いきもの