千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

コガモ、整列!!

1月31日、快晴のち曇。午前九時の気温は3.7℃、今朝の最低気温は-1.5℃でした。
日中の最高気温は9.7℃と、10℃を下回りました。明日の夕方には雨が降り、あさっての明け方には雪が降るという予報も出ています。気象会社によって雨か、雪かの見解が異なっているようです。




a0123836_13080325.jpg
いすみでは今日は、明け方になって細かな雪が少しちらついたようです。
万木堰の凍った水面の上にも白いものが見えています。



a0123836_17344430.jpg
中庭のモグラ塚の上も白いものが見えました。
まだまだ、冬本番ですね。



a0123836_17345062.jpg
8時半前の朝の堰にはカモたちは少なかったようですが、午後巡回に出かけると400、500羽のコガモたちが水面を埋めています。今年一番の水鳥の数です。たくさんやってきています。


a0123836_17345562.jpg
堰の東の奥と、西の端の方の2カ所に分かれて群れています。
28日の鳥の観察会の時には、堰には50~100程度の数で、夷隅川にたくさんの数が確認できました。また、周囲の堰では所によっては狩猟期間で鉄砲を撃っているところもあるようだと、ききました。コガモたちはあちらこちらと、暮らしやすい場所を求めて移動を繰り返しているようです。水面に浮かんでいる姿を見るとゆっくりしているように見えますが、安心な場所を探して注意を払い、ひんぱんに移動し、そうそう気分はのんびりしていられないようですね。




a0123836_17345990.jpg
コガモの特徴は、オスは茶色の頭部に緑の帯と、お尻の横に黄色い三角模様が見えることです。肩羽の外側が白いため、体の中央に白い水平の線が見えます。くちばし、アシは黒です。メスは地味な模様をしています。オスはピリピリと笛のような声、メスはクェークェーとカルガモよりも高い声で鳴きます。




a0123836_17350433.jpg
オスの頭、緑の帯の縁の白い線も、はっきりと見えるものと、はっきり見えにくいものがあるようです。微妙な個体差なのかもしれません。



a0123836_17350904.jpg
西奥の一団を見ると、きれいに一列に並んでいるコガモたちが見えました。
なんだろうと、ズームしてみると、、。




a0123836_17351491.jpg
氷の上で、休憩していました。毛づくろいしている姿も見えます。




a0123836_17351964.jpg
また、メスたちは倒木の上にとまって、きれいに一列に整列しています。
メスだけで集まっているのですね。




a0123836_17352597.jpg
雑木林端の紅梅は、全体がうすく赤っぽく見えるほど花を咲かせています。




a0123836_17352947.jpg
堰手前、畑の白梅は、かなり白い蕾を用意し始めました。



ご来館お待ちしております。


by isumi-sato | 2018-01-31 17:39 | いきもの