千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

冬の野鳥 / ハスの実

1月11日、快晴。午前九時の気温は3.6℃、今朝の最低気温は-0.1℃でした。
今週末に向かって寒気がやってきているようです。

a0123836_16475734.jpg
北風が吹いてセンター北側の空は、きれいに澄んで青い色をしています。



a0123836_16480146.jpg
昨日、この方向の景色、電柱の上にとまっている猛禽がいました。
ノスリのようです。足元の田んぼの中のエサになる生きものを探してじっとしているようでした。北風で体を覆う羽がボサボサに見えました。



a0123836_16480623.jpg
今朝の朝日の雑木林の中では、相変わらずにぎやかな野鳥たちが枝にとまり、あるいは地面に降りたりを繰り返していました。




a0123836_16481150.jpg
最も多かったのは、鳴き声のやかましいヒヨドリです。




a0123836_16481463.jpg
また、東側の斜面山裾、地面に近い所にやはりじっとして獲物を狙っている小さな猛禽も見られました。モズのオスです。




a0123836_16481859.jpg
ハス田は枯れて冬景色です。強い風に流されてハスの実が片側の岸辺に吹き寄せられています。



a0123836_16482615.jpg
今日は3月に開催予定の行事「花炭を作ろう」の材料として、ハスの実を拾い集めて洗って干しました。



a0123836_16483043.jpg
ハスの種が抜け落ちた穴の中に、小さなザリガニがもぐって隠れていました。
大きなザリガニは泥の中にもぐっていますが、こんなところにも寒さをよけて暮らしているのですね。洗っていると、コオイムシも一匹出てきました。






a0123836_16483580.jpg
1月8日の午後から夜、翌日の朝までの降雨は、センター観測値で54mmとまとまった量になりました。湿性生態園の水路や水たまりに水面が多くみられるようになりました。




a0123836_16484188.jpg
先日山裾の溝掘りを行ったところにも水がたまっています。トウキヨウサンショウウオの産卵シーズンが近づいてきているので、一安心です。晴れの日ばかりがつづかないで適度に雨が降る天候を期待です。



by isumi-sato | 2018-01-11 16:51 | センターこぼれ話