千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

冬の風


1月10日(水)、午前9時の気温7.7℃、今朝の最低気温2.1℃、快晴。雲一つない朝を迎えました。
昨日吹き荒れた強い風。今朝もその名残のような少し強めな風が吹きました。冬の風は体の芯から熱を奪いとられそうです。


a0123836_14234777.jpg
エノキの木が、雲一つない空に手を伸ばしているようです。





a0123836_14235404.jpg
畑のウメの花がやっと一輪開花しました。



a0123836_14244274.jpg
ハラビロカマキリの卵を発見!ケヤキの木、地上から2ⅿぐらいの高さの場所で観察できました。


a0123836_14245094.jpg
クリの木を見ると、クリの実がまだついています。実をつけたまま年を越したようです。


a0123836_14245963.jpg
ヌルデの木を見ると、チュウエイ(虫こぶ)が茶色く色を変えながら残っています。この先どうなるのでしょうか?中の虫たちはどうなっているのでしょうか?



a0123836_14252434.jpg
自然観察を終え、事務所に戻ると、袖にガサガサと動くものが…クサギカメムシでしょうか?私の腕にぴったりとくっついて離れません。ブログの話題にしてほしいようです(笑)。成虫は集団で家屋に浸入し越冬することがあるそうです。カメムシなかまの多くは植物の汁を吸います。





寒い風が吹き荒れる冬でも植物、昆虫の様々な様子が観察できます。


皆さんも、ぜひセンターへ冬の自然観察へお越しください。




by isumi-sato | 2018-01-10 17:10 | センターこぼれ話