千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

おかざりを作ろう(鳥居型、輪飾り-1回目)

12月23日(土)、午前九時の気温2.3℃、今朝の最低気温-1.3℃、晴れ。今朝出勤してみるとバスタブ水槽の水は凍っていました。そんなに冷えたのかな?


a0123836_15555814.jpg

本日午前の行事は「おかざりを作ろう(鳥居型)」午後は「おかざりを作ろう(輪飾り)」の二本立て。人気の行事で職員も大忙しです。まずは午前の鳥居型のおかざり作りの様子です。

a0123836_15561118.jpg
中庭に出て、手串で余分な葉を取り除いたあと220本のワラをきれいにわらすぐりしていきます。はかまどりをして1本づつきれいなワラに仕上げます。その後、藁打ち機を使ってワラを柔らかくしおかざりを作りやすくします。


a0123836_15572795.jpg
20本のワラを束ねたもの2束、合計40本ワラで芯を作ります。残りの180本のワラを15本づつ束ねると12束のワラの束が出来ます。その12束のワラを芯に巻き付けていきます。


a0123836_15574020.jpg
12本のワラの束が左右対称に6束づつきれいに並びました。鳥居型のお飾りの完成です。

a0123836_17254429.jpg
これがウラジロ、橙、ゆずり葉を付けた鳥居形の完成品。






a0123836_15575015.jpg
午後の「おかざりを作ろう(輪飾り)」様子。参加者の皆さん講師の説明を一生懸命聞いています。熱心ですね。午後も同じようにわらすぐり、はかまどりを終え藁打ち機を使いワラを柔らかくします。

a0123836_15580207.jpg
輪飾りではワラを210本使います。まずは輪の部分となるしめ縄作り。しめなわに使うワラは75本。25本のワラを3束作ります。その三束をヨリをかけながらしめなわを作っていきます。参加者の口からは「できない」というささやきが聞こえてきました。

a0123836_15582068.jpg
そんなことを言っても参加した以上完成してもらいましょう。前垂れ(しめなわに通している三本ワラの束の部分)には99本のワラを使います。前垂れは15本のワラを束ね、合計で3束作り、上の部分は三つ編みにします。この写真はもうほぼ完成に近い写真です。

a0123836_15583132.jpg
前垂れのワラ上部分、しめなわで輪を作り、その輪から飛び出した前垂れの上の部分をカットして完成です。


a0123836_15584010.jpg
参加者の完成品。素晴らしい完成度です。私も参加したかった(涙)。



後はウラジロ、橙、ゆずり葉、御幣を渡し行事終了。お飾りは30日に飾ってください。31日に飾ると「一夜飾り」になってしまいますから。

a0123836_17272508.jpg
これがウラジロ、橙、ゆずり葉を付けた輪飾りの完成品。


あすも、おかざりをつくろう(輪飾り)2回目を行います。参加者の皆さん。時間厳守でお願いします。





by isumi-sato | 2017-12-23 17:28 | 行事報告