千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

朝からゲジゲジ

12月2日(土)、午前9時の気温7.7℃、今朝の最低気温5.3℃、晴れ。少し風の強い朝を迎えました。風速計は4.4m/sを記録しました。雲が南西から南東に向かって早く流れていました。

a0123836_16080635.jpg
毎日穏やかなセンターの風景からブログを書き始めていますが、今日はパンチを効かせて「ゲジ」の写真から始めます。朝の掃除など一通りの開館準備が終わった後、足元を見るとゲジが北側入り口から堂々と入ってきました。見れば見るほど不思議な生きものです。ゲジはムカデの仲間のようです。俗称ゲジゲジ。たくさんの長い脚は15対。獲物を捕まえる時も複数の脚を使うそうです。(全国農村教育協会「昆虫博士入門」より)



a0123836_16082010.jpg
気分転換に昆虫広場のようす。紅葉した葉の間から覗く青空は一段と美しく見えます。


a0123836_16083221.jpg
デイキャンプ場では、エノキの葉がデイキャンプ場一面に落ち地面を黄色く染めています。


a0123836_16083956.jpg

田んぼのようす。畦の近くをよく見ると地面を掘り返した跡が目立ちます。たぶん彼らの仕業だね~。




a0123836_16092367.jpg
足あとがくっきり。イノシシの仕業です。



a0123836_16093590.jpg
これなんだ?



a0123836_16094321.jpg
ヘチマです。ヘチマを腐らせると写真のようにヘチマの繊維だけが残ります。(今はまだ完全に乾燥させておりませんが)昔はこのヘチマで体を洗ったりしていたそうですよ。



振ってみると中から黒いヘチマの種が出てきました。写真ではまだ少量の種しか出ていませんが、乾燥させるともっと種が取れるそうです。来年も観賞用とするため、種を植える予定です。





by isumi-sato | 2017-12-02 16:59 | センターこぼれ話