千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

色とりどりの果実/さとの文化祭 最終日

11月26日(日)、午前9時の気温13.1℃、今朝の最低気温3.6℃。晴れ。今朝も穏やかな朝を迎えました。太陽がサンサン。気温は、朝日を浴び始めるとどんどん上がります。

a0123836_14550818.jpg
田んぼのようす。二番穂の緑色がまだ残っています。太陽の光を浴びて黄緑色に輝いています。



a0123836_14554502.jpg
こちらは湿生生態園へ向かう林道です。頭上には何やら果実がたくさんなりています。



a0123836_14555676.jpg
湿生生態園の木製デッキのちょうど入り口付近には、熟したノブドウの果実がたわわにに実っています。鮮やかな紫色がよく目立ちます。


a0123836_14560550.jpg
ノブドウの少し上の方には、サルトリイバラの果実も観察できます。建屋に近い林道になりたサルトリイバラの果実は黒く色を変えてしまったようですが、こちらのサルトリイバラはまだまだ鮮やかな赤色です。



a0123836_14562033.jpg
湿生生態園からの帰り道、ムラサキシキブのつやつやした果実も観察することが出来ました。デイキャンプ場の山裾で観察できたムラサキシキブは10月の台風の影響で果実をじっくり観察することなく地面に落ちてしまいましたが、こちらのムラサキシキブはまだまだじっくり観察が出来そうです。


a0123836_14563053.jpg
これは田んぼの東側、竹林付近で観察できるマンリョウです。赤い果実が茎の途中につくのが特長です。


a0123836_14564080.jpg
アオジでしょうか?竹林の東側、民家近くで観察できました。腹、胸の部分の緑ががかった黄色が特長ですね。「チッチッ」穏やかな地鳴きが聞こえました。



a0123836_14565050.jpg
近くではシジュウカラの姿も…。「ツピーツピー」という鳴き声。違う種類の鳥が近くで鳴いてくれると鳴き方の違いがわかります。


a0123836_14565959.jpg
今日でさとの文化祭は最終日。朝から多くのお客さんが来てくれました。お子さんの作品を見に来た家族連れのお客さんが最も多かったようですが、中にはお子さん連れでなく偶然センターへ遊びに来た方も…。「この学校ぼくの卒業した小学校なんです。」そういいながら絵画をみていたお客さん。自由研究の内容もじっくりと読み入っていました。

第21回さとの文化祭にお越しくださった多くのお客様。ご来館ありがとうございました。


しかし、11月の行事が終わるころには、職員の頭の中は12月の行事の事でいっぱいになります。


12月は行事が盛りだくさん。職員にとって忙しい1ヶ月となります。さあーがんばります。



by isumi-sato | 2017-11-26 16:56 | センターこぼれ話