千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

雨のち晴れ

11月23日、勤労感謝の日。雨のち晴れ。午前九時の気温は8.7℃、今朝の最低気温は6.7℃でした。
午前零時半ころから降り始めた雨は、朝方強く降り、11時過ぎにあがってきました。
2つ玉低気圧が通過しました。真冬ならば北国では吹雪ですね。当センター観測器で雨量は、81mmを記録しました。けっこうたくさん降りました。



a0123836_17344414.jpg
中庭の草地にも水たまりができています。




a0123836_17344958.jpg
屋根がぶつかる線に沿って水が集まって落ちています。




a0123836_17345686.jpg
万木堰の水位は一気に上がりました。


a0123836_17350169.jpg
排水管のほぼ上まで上がって、ドウドウと音を立てて水か落ちています。

堰の奥には、水鳥たちが集まっています。マガモたちです。カルガモたちは、少し離れたところで別のグループを作ってまとまっています。





a0123836_17350793.jpg
ホタルの水路では水路幅目いっぱいに水が流れています。今年は、例年よりも水位が上がる日がたびたびあります。ホタルにはどんな影響があるのでしょうか。これでは、なかなかじっくりえさを食べることはできないでしょう。




a0123836_17351891.jpg
これは11月14日の水路です。この石のすきまでホタルの幼虫は巻貝のカワニナを食べて成長しています。石のすき間に入り込んでいれば、まず流されることはないのでしょうか?水量が増すとたまに流される幼虫もいるのでしょうか。





a0123836_17351242.jpg
水路のわきに目をやると、元気に伸びたスイセン。その中にもう白くなってきている蕾が見えています。はや、もう少しで花が開きそうですね。




a0123836_17352645.jpg
1時過ぎに雨が上がり、2時ころから日が射してきました。
斜めにさす陽の光は、初冬の雑木林の趣です。




a0123836_17353986.jpg
湿性生態園入口では、デッキ板の下10数センチまで水位が上がっています。




a0123836_17374703.jpg
湿性生態園奥部まで、水面が広がっています。まさに「湿性生態園」なのですが、水面が少し広がり過ぎですね。雨上がり直後はまわりの山からたくさんの水が入り続けます。一晩もすれば水は引いてくると思います。



a0123836_17375354.jpg
林道沿い、頭の上では明るい陽を浴びて、ムラサキシキブが輝いていました。




a0123836_17380704.jpg
つるのヒヨドリジョウゴの実は、水滴をしたためています。




a0123836_17375820.jpg
雨が上がると、職員は外で早くもウメの剪定をしています。




a0123836_17380345.jpg
樹名板なども作成中です。




今日もたくさんの方がさとの文化祭の作品を観賞に来館されました。
26日までの開催です。ご来館お待ちしております。



by isumi-sato | 2017-11-23 17:39 | センターこぼれ話