千葉県いすみ環境と文化のさとセンター

isumisato.exblog.jp
ブログトップ

「夜の生きものたち」追加話

7月23日、曇。午前九時の気温は27.2℃、今朝の最低気温は24.8℃でした。
雲が多く、ここ数日の朝から気温がどんどん上がっていく陽気から、今日は解放されました。最高気温も28℃台となりました。
いすみでは、今日こそ雨が降るかなと期待されましたが、午後三時過ぎに一瞬ぱらっとしましたが、ほんの一瞬だけの出来事でした。

a0123836_17361855.jpg
万木堰は、水位がどんどん下がっています。



a0123836_17364041.jpg
堰の堤沿いのアジサイも盛りを過ぎたことと、雨が降らないことが重なって、ドライフラワーのようになっています。



a0123836_17370114.jpg
水面の真ん中に、小さな浮遊物がありました。
拡大すると、カメの顔がありました。首元が赤いので残念ながら外来種のミシシッピアカミミガメです。でも、この堰にはクサガメも同じくらい見かけることができます。(クサガメも外来種扱いになったのでしたっけ?)




さて、昨夜の「夏の夜の生きものたち」夜の観察会行事は、昨年は雨のため中止となったのできのうが初めての開催でした。職員にとっても、新しい発見が多々ありました。


カラスウリの夕方の写真です。



a0123836_17372227.jpg
18:15ころは、蕾の状態ですか゜、




a0123836_17372707.jpg
5分後には、ゆるゆるとつぼみが開き始めてきました。




a0123836_17373473.jpg
19:07の写真です。花が開いています。カラスウリは、意外と明るい時間から開き始めているようです。18時過ぎから夏休みの観察にいかがでしょうか?



a0123836_17374185.jpg
コナラの樹の小枝に、生き生きとしたシュレーゲルアオガエルの顔を見ることができました。幹にいる昆虫をねらっているところのようです。



7歳の小さな男の子が昨夜、コナラの葉の裏にいた昆虫を見つけてくれました。
a0123836_17374608.jpg
「ナナフシ」のようです。まだ、若い個体のようで、全身緑色で大きさも50~60mmくらいでした。樹上生活をし、ほとんどが夜行性と図鑑にも表記されています。




最後に涼しげな白い花を紹介いたします。




a0123836_17375130.jpg
今年初めて育てているナタマメの花です。

ご来館お待ちしております。


# by isumi-sato | 2017-07-23 17:39 | 行事報告

夏の夜の生き物たち


7月22日(土)、午前9時の気温29.8℃、晴れ。今日は夏休みに入って最初の週末。朝から夏の日ざしが照り付けます。
みなさんはどこにおでかけしますか?

a0123836_20273180.jpg
センターでは、夏休みにふさわしい行事「夏の夜の生き物たち」を行いました。受付日当日で定員いっぱいになった人気行事でした。まずは建物入口前に集合し、薄暗いいうちにセンター敷地内の下見と夜の花の観察をかねて一周です。夜に咲く花は夕暮れまえから観察できます。


a0123836_20282844.jpg
カラスウリの花がレースのような花を広げています。夜にしか見ることのできない光景です。なんで夜咲くのかって?夜に蜜を求めてくるスズメガの仲間を誘うそうです。畑のまわりでマツヨイグサが開花しているようすも観察しました。


a0123836_20285395.jpg
ざっと一周した後、図書室で職員がスクリーンを使って写真を見ました。過去センターで撮影できた夏の夜の様々な生き物たちと、解説を簡単に行いました。夜になるといろいろな生きものがセンターを訪れているのですね。でも夜は危険も伴います。暗いので足元に注意して観察するなど参加者に伝えました。

a0123836_20292175.jpg
暗くなって、さて、これからが本番。夜に活動する生きものたちがたくさん観察できるかな?職員があらかじめ仕掛けておいた白いシーツを電灯の下に釣り下げた罠。ライトトラップです。見る見るうちに様々な虫たちが集まってきました。観察していると、シーツによじ登っていたアブラゼミの幼虫が背中を割って羽化し始めました。皆さん大興奮。「初めて見た-」と感動の一言。ずいぶん早く羽化が始まりました。サービス精神旺盛なアブラゼミです。ミヤマカミキリ、コガネムシの仲間、キリギリス、ツノゼミ、カメムシなどが観察できました。



a0123836_20295144.jpg
地面の穴にも、いましたいました。オサトラップにも虫たちが集まりました。黒いオサムシがいっぱい!「すごーい」「気持ち悪い」様々な意見が飛び交います。


a0123836_20300902.jpg
雑木林を観察すると、いましたいました。みんなの人気者カブトムシの登場!初めにメスを発見。他のクヌギの木にはカブトムシのオスが観察できました。大興奮です。みんなで捕まえて最後にじっくり観察します。やったー。




a0123836_20303385.jpg
興奮冷めやらぬまま図書室で捕まえた虫たちを観察します。観察できた昆虫は、カブトムシ、クワガタムシ、カミキリムシの仲間、セミ、バッタ、コガネムシの仲間、ヤガ(夜蛾)の仲間などたくさんの虫たちやアマガエル、シュレーゲルアオガエルを観察できました。もちろん捕まえた虫たちは逃がしました。



楽しい思い出になったかな?いつもは閉館時間後に、消えている照明灯をつけ、トラップを仕掛けての夜のスペシャル観察会でした。



もちろん昼間に観察できる昆虫や植物はたくさんいるので、またセンターへ遊びに来てね。


お待ちしています。



# by isumi-sato | 2017-07-22 20:59 | 行事報告

夏休みが始まりました。

7月21日(金)、午前9時の気温28.7℃、晴れ。今日から夏休み!という学校も多くあると思います。どんな夏休みになるかな?楽しい夏休みになると良いですね。19日には梅雨が明け夏本番を迎えました。

a0123836_16024353.jpg
センターのようす。田んぼのまぶしい緑、真っ青な空、白い入道雲と夏休みの始まりにふさわしい朝を迎えました。

a0123836_16042753.jpg
夏といえばやはりセミ。デイキャンプ場のエノキの木にはたくさんのニイニイゼミの抜け殻が観察できました。30個近くの抜け殻があったでしょうか?こんなにたくさんの抜け殻を一度に見たのは初めてです。感動!


a0123836_16050058.jpg
ムラサキシキブも花の時期を終え、実をつけ始めました。いつ頃から紫色に変わるのかな?

a0123836_16052565.jpg
湿性生態園へ向かうとアブラゼミの幼虫が観察できました。土の中から出てきて羽化する場所を探しているようです。アブラゼミの幼虫は地中で木の根から、しるを吸って育つそうです。


a0123836_16072204.jpg
湿性生態園入り口の小さい木製看板でウロウロしています。今日の夜に羽化するのでしょうか?じっくり観察してみたいなー。


a0123836_16080276.jpg
トラノヲの仲間でしょうか?白い花を咲かせています。でもなんで「トラノヲ」?実際のトラの尾に似ているのかな?先が曲がっているのかな?




a0123836_16160911.jpg
カマキリの食事タイム。トンボが今日のごちそうです。どのように獲物を捕まえるのか見てみたいものです。


a0123836_16163675.jpg
昆虫広場では、カワラナデシコが4輪鮮やかなピンク色を発しながら咲いていました。



昆虫から植物まで、様々な観察ができます。



夏休みを利用して親子で観察に来ませんか?


お待ちしています。



# by isumi-sato | 2017-07-21 17:15 | センターこぼれ話

グリーンカーテンの効果に期待

 7月20日午前9時の気温28℃天気晴れ。昨日気象庁が梅雨明け宣言されましたが、今日も朝から暑い一日でした。

今年センターの中庭に竹の素材で棚を作り、グリーンカーテンを設置しました。
グリンカーテンはプランターなどに蔓性の植物を植えネットを張り巡らせ涼しげなカーテンを作るものです。グリーンカーテンに適しているものは蔓で伸びる植物と言われています。今アサガオの他、3種類の植物をプランターに植え付け、天候にも恵まれ順調に生育しています。花が咲き始め、ヘチマやゴーヤ等は早くも実がなり始めました。
a0123836_13412320.jpg

朝顔 種からも簡単に育てることができます。ちなみに種は自家採種したものです。水やりは、土の表面が乾いたら鉢底から水が出てくるまでたっぷりと水をあたえます。

a0123836_13233811.jpg

ヘチマ 大きな葉っぱが涼しさを感じ黄色い花の姿もかわいいですね。葉が大きく影をつくりだしてくれることから暑さよけに最適です。乾燥させて繊維をタワシとして使ってきました。

a0123836_13244027.jpg

ゴーヤ ゴーヤの種皮が固くて発芽しにくいため種を布に包み一晩水に付けておきます。病虫害に強く育てやすく葉が生い茂るので日よけに利用できます。小さな黄色い花が沢山咲きます。
a0123836_13301210.jpg

ナタマメ 福神漬けの具材としてまた漢方薬としてもしられており近年では健康食品、健康茶、としても知られるようになりました。
a0123836_1404484.jpg

現在の全体の姿です。蔓も天井まで伸び続け暫くすれば全体がグリーンで覆われること間違いないでしょう。

今日の出来事
a0123836_1424094.jpg

落花生の被害 「落花生の栽培体験しよう」行事の落花生畑です。小動物による被害を食い止めるためネット及び防鳥糸を張り加えて電気柵も設置し対策を講じているのですが無残にも葉が切り落とされてしまいました。効果的な対策はないものか。頭の痛い問題です。
# by isumi-sato | 2017-07-20 17:10 | しょくぶつ

イネの花/雨の恵みが欲しいところです

7月19日(水)、午前9時の気温25.0℃、晴れ。昨日、今日と過ごしやすい一日となりました。夏でも今日ぐらいさわやかな風が吹くと過ごしやすいですね。
a0123836_15372353.jpg
朝一番から昼過ぎまで、多くのお客さんがハスの花を見に来てくれました。今日はハスの花を見るには涼しくてちょうど良いですね。


a0123836_15374585.jpg
青々と育ったイネ。近くで見てみると…



a0123836_15380534.jpg
出穂(穂が出ること)していました。白い花が咲いています。イネは穂が出るとすぐに開花し、1つの穂に100個ほどの花が付くそうです。




a0123836_15383005.jpg
クリの実はこんなに立派になっていました。どこから見てもクリの実です。でもイガはまだ柔らかく、指で押してみても痛くなくイガがしなります。

a0123836_15432372.jpg
その実の近くには、オオトリノフンダマシでしょうか?網を張るクモの仲間が観察できました。何だこんなところにいたのね。探してたんだよ。昼間は葉にとまり、夕方円網を張ります。



a0123836_15435224.jpg
そのまた同じクリの木の枝では、多くのブラムシのような虫の近くにアリが近寄って何かしています。甘いおしっこをもらうために集まっているようです。



a0123836_15441688.jpg
おおっ、グロテスク!(お好きな方スイマセン)畑のミニトマトには大きい幼虫がつき、ミニトマトを食べています。調べてみると、スズメガの仲間の幼虫のようです。職員が除去しようとすると「ギーギー」と大きな音をたてました。職員もびっくり。



a0123836_15444424.jpg
万木堰のようす。水面がかなり低くなっています。昨日の午後、いすみ地域でも雷の音が聞こえ、「一雨くるかな?」と期待していましたが、「ポツポツ」程度で終わってしまいました。雨乞いの儀式が必要ですね。



a0123836_15452326.jpg
湿性生態園もカラカラ。でもアゲハチョウが吸水している様子が観察できました。早すぎて撮影できなかったことが残念です。



a0123836_15462118.jpg
7月15日にもブログで取り上げた、マルバヤナギの切株に集まる二ホンアマガエルのようす。今度は切株の穴に入り込んで、虫を捕まえようとしているのでしょうか?


いつも面白いブログのネタを提供してくれる二ホンアマガエルをとても愛らしく思います。
これからも面白い写真を撮らせてね。期待していますよ(笑)。



# by isumi-sato | 2017-07-19 17:15 | センターこぼれ話

海辺の植物観察

7月17日(月)、午前9時の気温30.8℃、晴れ。今日も朝から猛暑日です。朝から湿度が多くジメッとした一日となりました。

a0123836_14320104.jpg
今日は行事「海辺の植物観察」を行いました。まずはセンターへ集合し、講師の紹介や今日の予定を説明。観察場所への移動ルートの説明をしました。その後、参加者各自の車で観察場所へ移動しました。



a0123836_14481681.jpg
観察場所は、大正9年に指定された第1号国指定天然記念物。この太東海浜植物群落地に到着してから、すぐに目に飛び込んできたのは多くのスカシユリ。現在見ごろを迎えています。この周辺は、海辺の植物観察にはとても良い場所です。


a0123836_14483869.jpg
本日の行事は、講師2人を招いての観察会です。講師が用意した資料をもとに解説を聞いたり、海辺の植物に関するクイズなどを解きながら観察しました。

a0123836_14545893.jpg
まずはスカシユリに関する問題。なんで「スカシユリ」なの?スカンクみたいに臭いの?

答えは「花びらと花びらの間に隙間がある」ことから「スカシユリ」と名が付きました。皆さん知ってた?よく見ると隙間がありますよね。花びらと花びらのように見えるがくがあって、花びらは3枚です。



a0123836_14553545.jpg
次には、この植物ハマボッスに関する問題。なんで「ハマボッス」?


a0123836_14562068.jpg
答えは近くで見るとわかります?動物の毛を束ねて柄をつけたハエなどを払う仏具、ホッス(払子)に似ていることから「ハマボッス」と名付けられたそうです。似てるかな?


a0123836_14564787.jpg
観察を続けると、アオスジアゲハがよく飛んでいます。海辺の砂地にとまっている姿を何匹も見られました。細長い口吻をストローのように伸ばし吸水しています。おもしろい光景が観察できました。


a0123836_14573589.jpg
この植物はハマオモトという植物。またまた問題なんで「ハマオモト」
答えはオモト(万年青)に似ていることから「ハマのオモト→ハマオモト」と名付けられたそうです。ハマオモトは夕方から夜中に真っ白で、香りのよい花を開花させます。


a0123836_14580673.jpg

講師曰く、「あっ、ラーメンソウ」。ええっラーメンソウ?見てわかるように細く麺のような植物。外来種のアメリカネナシカズラ。すごい名前です。北アメリカ原産の帰化植物。葉緑素を持たない寄生植物だそうで、だから緑色をしていない。様々な植物に寄生し栄養素を吸収している植物なんだそうです。恐ろしい。



a0123836_14585444.jpg
これはケカモノハシです。でもなんで「ケカモノハシ」?
答えは二つに開く穂のようすをカモのくちばしの合わさった形に似ているからだそうです。写真は穂を二つに開いた状態で撮影しました。今はほとんどの穂は開いておらずくっついています。カモのくちばしに見えますか?

今日観察した海辺の植物は、ハチジョウススキ、イワダレソウ、イソギク、チガヤ、ボタンボウフウ、ハマボッス、ハマオモト(ハマユウ)、ハマエノコロ、ラセイタソウ、ツルナ、ミヤコグサ、クコ、ボウシュウマサキ、マルバグミ、クス、イヌビワ、トベラ、マツヨイグサ、ハマボウ、スカシユリ、アメリカネナシカズラ、コウボウムギ、ケカモノハシなど多くの植物を観察できました。



内容の濃い観察会となりました。海辺という過酷な条件で生き延びる植物たち。

興味深い植物たちですね。



# by isumi-sato | 2017-07-17 17:15 | 行事報告

今センターの作物は、、、

7月16日(日)午前9時の気温29.2℃、晴れ。本日の最高気温は34.2℃を記録し、昨日の最高気温を3.9℃も上回りました。センターで記録した、この夏の最高気温でもあります。この暑い梅雨の期間、センターの畑での作物の状況をおってみました。


a0123836_14445682.jpg
この花は何の作物でしょうか。センター行事の○○収穫体験事業の作物です。


a0123836_1450042.jpg
落花生です。行事参加者の皆さん、草取りが済んでない方は草が繁茂していますよ。今後の収穫量にも影響しますので、早めの除去作業は大事です。19日以降、マルチをはがしに来てくださいね(業務連絡でした)。


a0123836_1458197.jpg
この黄色の沢山の花は?


a0123836_1504154.jpg
ミニトマトでした。簡単に育てられる野菜で、家庭菜園でも人気者です。
ちょっと立派すぎますか?


a0123836_15132662.jpg
この紫の花は・・


a0123836_15143073.jpg
正解は長茄子です。20cm前後の長さになる細長い茄子です。皮は濃い黒紫色で種が少ないのが特徴です。


a0123836_15253973.jpg
サトイモの栽培です。品種は土垂と八頭の2品種で、12月の「もちつきをしよう」行事にできれば利用したいと思っています。乾燥を嫌い、特にこの時期は水分を供給することが重要で、収穫を左右するものです。
でも・・・この空梅雨、困ったものです。

野菜にとっては、一雨欲しいところですが、、、この調子だと週明け早々には梅雨明けでしょうか。野菜たちにはつらい季節です。

今日の最高気温はお昼に出たもよう。暑い日差しを避けて、午後からはザリガニ釣りをする親子連れが目立ちました。

a0123836_16130666.jpg
ちょっと周りのキショウブが繁茂していますが・・


a0123836_16112806.jpg
見事に釣りあげました。

a0123836_16112594.jpg
いつもの水路ではカニ(職員が視認していないけれどモクズガニと思われる)を釣り上げるのに夢中になった人もいたようです。

当地の小学校は20日の終業式が多いようですね。
いよいよ夏休みスタート。
どんな夏休みになるのかな。

自然観察に、散策に、おいでください。

# by isumi-sato | 2017-07-16 16:59 |

にぎやかな夏の始まり

7月15日(土)、午前9時の気温30.2℃、朝から猛暑日です。昨日の最高気温より0.1℃しか変わりません。今日も暑い一日となりました。

a0123836_16045692.jpg
雲一つない快晴。飛行機の白い機体が青空を泳ぐように飛んでいきます。



a0123836_16052514.jpg
さあー今日も自然観察するぞー。昆虫広場にも、夏の暑い陽射しが照り付けます。



a0123836_16054703.jpg
今日も羽化った(笑)痕跡がちらほら…日に日にセミのなぎ声がにぎやかになってきました。



a0123836_16063264.jpg
マルバヤナギの切株には、二ホンアマガエルが二匹。樹液に集まる虫たちを狙っているのでしょうか?




a0123836_16070388.jpg
アゲハチョウのようですが、ちょっと様子が違います。後ろばねの尾状突起が完全になくなってしまっています。何かに襲われたのでしょうか?それともメスだったらオスに追いかけられたとか?一体どうしたのでしょうか?



a0123836_16080182.jpg

畑では、黄色く涼し気な花が咲いています。なんの花かわかりますか?



a0123836_16091715.jpg
答えはオクラの花。オクラは下に垂れ下がって実をつけるのではなく、上に向かって実をつけるのですね。


a0123836_16094541.jpg
ハスの花は、多くつぼみをつけております。朝から多くのお客さんがカメラをもってセンターを訪れてくれています。7月11日から23日まではハスの観賞週間です。日の出と共に開花するハスの花を観賞しに来ませんか?



お待ちしております。


# by isumi-sato | 2017-07-15 17:15 | センターこぼれ話

夏の夜の生きもの&夜に咲く花

7月14日(金)、午前9時の気温28.5℃、晴れ。朝からギラギラした夏の陽射しが肌にささります。

まずは、昨日の夜のセンターの様子から。7月22日(土)に開催予定の行事「夏の夜の生き物たち」(キャンセル待ちで受付中)の準備のため、担当職員がセンターの夜の生き物たちの様子を観察しました。



a0123836_22040751.jpg
閉館時間ですが…これから、ちょっと昆虫観察へ行きます。



a0123836_22060533.jpg
キター!昆虫の王様カブトムシがいます。



a0123836_22085374.jpg
クワガタムシもゲッツ!



a0123836_22092896.jpg
ニイニイゼミの羽化にも出会えました。
神秘的ですね~♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




a0123836_15045263.jpg
ここからは、今朝のようす。夜ほど観察はできませんが、チョウやコガネムシなど昼間も樹液に集まっている生き物も見ることが出来ました。翅をゆっくり閉じたり開いたりしながら樹液を吸っています。



a0123836_15054627.jpg
これはイノシシの仕業か?ずいぶん土が掘り返されています。土も乾いているので昨日の夜から今朝早くの出来事でしょうか。


a0123836_15063166.jpg
湿生生態園へ続く林道では、カラスウリのつぼみが観察できました。近くには昨日の夜に咲いた花でしょうか?落ちて葉に引っかかっています。カラスウリの花は日没後に5裂した花が咲き、レース状に広がって咲きます。7月22日には夜の生きものと一緒にカラスウリの花も観察できるといいですね。





# by isumi-sato | 2017-07-14 17:15 | いきもの

夏だ!昆虫採集だぁ

7月13日(木)です。午前9時の気温は27.4℃、晴れ。今日も、朝から…



a0123836_16521491.jpg
夏ーーー!
さあ、昆虫観察へ行きましょう。


a0123836_16543743.jpg
「たまや~」
タマムシがいました。


a0123836_16563763.jpg
美しい前ばねですね~。昔から、工芸品に利用されているんだとか。
タマムシはいま、恋の季節を迎えています。


a0123836_17032257.jpg
モンキチョウでしょうか。こちらもキレイ!


a0123836_17081290.jpg
あっ!羽化ってる。


a0123836_17090376.jpg
たくさん抜け殻がありますよ。だぁ~れ?


a0123836_17103464.jpg
チィーーー鳴き声は、よく聞くんですが…
ようやく発見!ニイニイゼミ。うまく隠れていますね。
!(^^)!最後に答えがあります!(^^)!


a0123836_17150963.jpg
ほんとうに昆虫いっぱいです。
ルリタテハ…きれい!


a0123836_17195039.jpg
おおおお!


a0123836_17202996.jpg
トンボも…



a0123836_17212002.jpg
バッタも…昆虫たちがお待ちしています。
ぜひ、自然観察しに来てください!



a0123836_17480532.jpg
先ほどのセミ。ここにいました!
えっ?簡単?…失礼しました~。




# by isumi-sato | 2017-07-13 17:22 | いきもの

実りの季節への準備

7月12日(水)、午前9時の気温29.1℃、晴れ。朝から夏日を超え、真夏日に近い暑さです。梅雨というのに雨が降りませんね。雨の恵みが欲しいところです。

a0123836_15295637.jpg
青い空に白い雲。セミの鳴き声も響きます。小さい雲が、西から東へとても早い速度で流れていました。


a0123836_15302579.jpg
ハスの鑑賞週間二日目。今朝も多くのハスの花が開花いたしました。朝一番のハスの花を撮影するため、毎朝出勤するとハス田へ向かいます。日に日に葉が増え、花の数も増えてまいりました。見ごろを迎えたハスの花を見に来てくださいね。


a0123836_15305559.jpg
駐車場近くにあるコブシの木。実のなり始めをブログで少し前に取り上げましたが、今度は赤く色づいてきました。季節は着実に進んでいるのですね。
a0123836_15312842.jpg
アジサイの花は茶色くなり始めました。アジサイの季節も終わりを迎えようとしています。


a0123836_15314769.jpg
雑木林のセンダンの木には、大きな実がなり始めました。12月22日に開催予定の「米作り4・ワラでリースを作ろう」の飾りとして毎年、実が地面に落ちるのを見計らって拾いに行きます。今年はいつ頃センダンの実を拾うことが出来るでしょうか?まるまると大きな実をつけてね。


a0123836_15321469.jpg
昆虫広場では、コナラの木も実をつけました。トレードマークのニット帽(殻斗:かくと)が目立ちます。まだ季節は夏になったばかり、梅雨も明けていないこの時期から実りの季節に向かって準備しているのですね。私も先を読んでいろいろなことを早め早めに取り掛からなければいけないなと思いつつもなかなか思うようにいかない毎日です。




毎日自然観察をしていると、植物や樹木からに教わることが多い気がします。勉強になることばかりです。

季節はめぐります。



毎日が発見!

のセンターへ遊びに来ませんか?

お待ちしています。


# by isumi-sato | 2017-07-12 17:15 | センターこぼれ話

ハス観賞週間スタート / 夏の雲とかぜ

7月11日、晴れ。午前九時の気温は29.2℃、今朝の最低気温は21.2℃でした。
最高気温は、昼に30.2℃と、昨日より1.4℃低いのですが、十分真夏の空気です。
梅雨のじめっとした空気ではありません。




a0123836_17271050.jpg
上空の雲は、まさに真夏の積雲と高積雲で、朝は風にのって西から東へと流れていきました。




a0123836_17271522.jpg
当センターでは、今日から「ハス観賞週間」の開始です。随時、見学は自由ですが一応23日日曜までをその期間と銘打っています。ハスの葉は、人の腰以上の高さにまで生長しています。



今日もハスの花は20以上咲いています。つぼみの数はさらにたくさん40、50以上、見られます。春先の葉芽が少なかったという心配をよそに、しばらくはハスの花が咲きつづけてくれそうです。葉が少なくて水面が少しあいていますが、水面があると一方で飛んできてくれるトンボの種類が少し多くなっているように感じます。




a0123836_17272104.jpg
田んぼのイネは、順調に成長して濃い緑色で先までピンと伸び、風を受けて風の波が動いていく姿が見られます。夏の景色です。




a0123836_17272709.jpg
イネの足元には、雑草の白い花が咲き始めています。オモダカです。




a0123836_17273238.jpg
そのオモダカに、シオカラトンボのメスが休む姿がありました。





a0123836_17273887.jpg
万木堰の上にも夏の雲が。水位は低く、これで雨が降らないと今年の夏は水が足りなくなりそうです。
堰の岸には、トンボが忙しく往復しています。夏の定番で、コシアキトンボやオオヤマトンボがパトロールをしているのです。




a0123836_17274391.jpg
イスミスズカケの花が、次々に咲き続けています。
ハス観賞にご来館の方は、建物南側のプランターに咲いている地域固有種のこの花もぜひご覧になってください。



ご来館お待ちしております。



# by isumi-sato | 2017-07-11 17:29 | しょくぶつ

熱中症にご注意!

7月9日(日)、午前9時の気温28.1℃、晴れ。百葉箱に設置してあるデジタル温度計を見に行くと、なんと最高気温は31.6℃。日陰へ逃げても「モワ~」とした熱気からは逃れられません。熱中症にご注意ください。
a0123836_15253710.jpg
昆虫広場にある大きなネムノキ。遠くからでも、ピンク色のおしべがはっきり見えるようになりました。



a0123836_15272562.jpg
夜になると、両手を包み込むように葉を閉じるようすが、眠ったように見えることから「ネムノキ」という名前が付いたそうです。閉じた葉は垂れ下がります。葉の裏側は全体に毛が生えていて触るとざらつきます。



a0123836_15280363.jpg
ハスの葉が朝露のしずくを集めていました。見ているだけで涼し気です。今朝も多くのハスの花が開花いたしました。

a0123836_15282521.jpg
今朝はラミーカミキリが観察できました。ここ2週間ほどラミ-カミキリの姿を見かけずなかったのですが、今朝は2匹のラミーカミキリを観察できました。今話題のパンダ柄です。パンダ柄に見えるかな?


a0123836_15284529.jpg
雑木林では、ヤマシロオニグモでしょうか?1.5㎝ぐらいはあったでしょうか?少し大きめのクモです。腹部のエクスクラメーション・マーク(ビックリマークとも呼ばれる)のような模様が印象的。コガネグモ科のクモで、腹部の模様や色は個体差が激しく、腹部背面前方から波打った白色の縦帯があるもはセジロ型と呼ばれるそうです。捕らえた獲物に糸を巻き付けていましたが、私の気配に気が付いたようです。獲物を残し素早く逃げ始めました。



a0123836_15292501.jpg
イスミスズカケは、まさに見ごろを迎えております。


どうぞ見に来てくださいね。


お待ちしております。


# by isumi-sato | 2017-07-09 17:15 | センターこぼれ話

暑い。ツルの花もたくさん咲いています。

7月8日、快晴。午前九時の気温は28.0℃、今朝の最低気温は20.1℃でした。
午後一時ころには、今日の最高気温30.3℃になりました。
夏の暑さがやってきました。日なたは真夏の暑さです。今日の湿度はひどく高いほどではなく、木陰で少し風が当たるところでは、暑さがしのげました。




a0123836_17042443.jpg
ハス田では、ハスの花が咲き続けています。今朝はざっと数えると30以上の花が見られました。すっとした爽やかなかほりのする空気が流れています。



a0123836_17043303.jpg
開ききったハスの花、散った後の花床が肥大して種ができるところ、蕾が同時に見られます。





a0123836_17051265.jpg
湿性生態園へと向かう林道沿いには日陰と風があり、暑さの中にも涼しさを味わいながら、いろいろな生きものが観察できます。
ウツギの実がたくさんついています。



a0123836_17044833.jpg
五月下旬にはたくさんの白い花が咲いていました。




a0123836_17051600.jpg
ノシメトンボが枝先にとまってくれました。センターで最もよく見られるトンボのひとつです。羽の先端の黒い半円模様が特徴です。丘陵地の池や沼に発生するトンボです。





a0123836_17052388.jpg
道の頭上には、陽を受けてアケビの実が大きく生長を続けているようすが見られます。葉が5枚のアケビですね。






a0123836_17052880.jpg
湿性生態園は、草(1m程のオギ、マコモなど)が夏の日を受けています。




a0123836_17053328.jpg
デッキの傍らに、白い花がありました。トラノオの仲間で、ヌマトラノオのようです。もう少し早い時期ですと、雑種のイヌヌマトラノウと思われる種も咲いています。




a0123836_17053681.jpg
強い日差しの中で、クズが花を咲かせ始めています。少し甘い香りがします。




a0123836_17054473.jpg
センターの中庭に戻ると、今年の力作、つる植物用の棚にかなり植物が伸びてきています。アサガオ、ナタマメ、ゴーヤ、そしてヘチマが植えてあります。




a0123836_17054652.jpg
ヘチマの花が咲いています。写真は雄花です。20個以上が長い柄の先に総状に黄色い花をつけます。雌花は単生して子房が長くなります。実ができるようすの観察を続けましょう。





ご来館お待ちしております。





# by isumi-sato | 2017-07-08 17:08 | しょくぶつ

可愛いけれど変な名前なんです

7月7日(金)、午前9時の気温26.8℃、晴れ。セミが鳴き始め、センター周辺もにぎやかになってきました。今日は七夕。このまま夜まで晴れれば、きれいな天の川を見ることが出来るでしょうか?
a0123836_15190623.jpg
朝のハス田のようす。今年は葉が少なく花があまり咲かないのではないかと思いましたが、その心配はなさそうです。




a0123836_15193176.jpg
咲き始めのハスの花でしょうか?淡いピンクが心を和ませてくれます。



a0123836_15194777.jpg
午後の田んぼのようす。イネが風にゆれて波のようです。緑の海が広がります。


a0123836_15201034.jpg
センター内の、〇〇〇の木の近くに子供たちに人気の昆虫が姿を現しました。コクワガタでしょうか?樹名板をひっくり返してみたら地面に落ちました。○○〇の木の樹液に集まってきたようです。なんの木にとまっていたと思いますか?探してみてね。


a0123836_15203532.jpg
近くで見ると、光沢があります。クワガタムシは多くの種でオスはメスより大きく、歯のある巨大な大あごをもっています。この大あごはメスをめぐるオス同士の争いの時に使われるそうです。主に夜に活動します。


a0123836_15210697.jpg
畑ではヘクソカズラの花が観察できました。ちいさくて、可愛い花ですが名前が「ヘクソカズラ」すごい名前です。つる性の植物で、葉は対生。葉や茎をもむと…。どんな匂いか嗅いでみてくださいね。

たくさんの発見ができますよ。


遊びに来てくださいね。


お待ちしております。


# by isumi-sato | 2017-07-07 17:15 | センターこぼれ話

「落花生の栽培体験をしよう」のその後

7月6日午前9時の気温は25℃、曇りで湿度76%の気象条件でした。朝から蒸し暑い。午後は日差しもあり、余計に暑く感じます。

a0123836_14264784.jpg
青空にネムノキの花が映えますね。

a0123836_14264134.jpg
吸蜜に来るチョウの姿も目に付きます。


a0123836_14263273.jpg
先日は甘酸っぱいと表現していたヤマモモの実も色が濃くなり、酸っぱさも消えています。木に近づくと、足元に落ちた実から発する香りが漂ってきます。

そんな日の畑では・・

a0123836_13214437.jpg
5月13日播種した落花生。数日前までは順調に生長してきたところですが、、、


a0123836_13284443.jpg
落花生の茎を切り落とし、それによって沢山の先端の葉が枯れている状況が、ここ数日頻繁におきています。葉や茎を食べた様子もなく、切り落とした葉が周りにちらかっています。目的はなにか? 
昨日は何ともなかったところが、今朝見てみるとやられています。この時期に切られてしまうと致命的なダメージです。


a0123836_1415966.jpg
今日、草むしりに来られていた人が、慌てて自分の管理する畝の周りにヒモを張り巡らせました。



a0123836_1573237.jpg
食い散らかした葉っぱの中に足跡を発見!!

a0123836_1413441.jpg
この足跡・・・。畑の土も意外に硬くなっていて、きれいに足跡が残っていないんです。ただ、マルチに爪痕と思われる破れた跡があり、それは4か所穴があるので指は4本かな??
意外に丸い足跡なんですね。茎に残る食害の跡は、カッターで切られたようになってます。噛み切った、というイメージではありません。タヌキの可能性もあるんですけど、はやはりノウサギっぽいかな。
他の可能性としてはハクビシン、でも地上で葉っぱに手を出すという話はあまり聞かないし・・
ネコっぽい気もするけど・・・しかし、どれも決め手に欠きますね。


ということで、
a0123836_1413182.jpg
慌てて対策です。畑の周りにネットを張りました。これで被害が防げるといいのですが・・・・
# by isumi-sato | 2017-07-06 17:09 | 行事報告

生きものたちの楽園


7月5日(水)、午前9時の気温25.2℃、晴れ。いすみでは、台風の被害はなく降り始めからの雨量は13㎜でした。他県の被害状況が気になりますね。

a0123836_15450554.jpg
中庭のエノキの木の下から青空を撮影。白い雲と青い空。エノキの果実も丸々と大きくなりました。もう少し立つと、オレンジ色に熟してくるはずです。


a0123836_15453111.jpg
田んぼのようす。イネの緑色が濃くなってきました。




a0123836_15464559.jpg
クリの実のようす。つい一か月前までは小さなメバナだったのに…こんな短い時間で立派なイガが出てきました。触ってみるとまだ柔らかく、あの刺さるような硬いイガになるのはいつ頃なのでしょう。観察する度に触って様子を見たいと思います。





a0123836_15470651.jpg
ネムノキには、アゲハチョウがヒラヒラ舞いながら、花の蜜を吸いに来ているようです。少し離れていたため、何の種類のアゲハチョウかは、分かりませんでした。最近では事務所の窓からもアゲハチョウがひらひらと飛んでいる姿を見ることができます。




a0123836_15473707.jpg
おおっ!クヌギの樹液に集まる昆虫たちの姿を観察できました。まさに夏ですね。



a0123836_15481457.jpg
イスミスズカケは、青空の青い色に負けないくらい、濃い紫色を放ちながら満開を迎えております。



どうぞ皆さん

生きものたちの楽園

「千葉県いすみ環境と文化のさとセンター」

へ遊びに来ませんか?

お待ちしております。


# by isumi-sato | 2017-07-05 17:15 | センターこぼれ話

真っ赤に熟しました。

7月4日(火)、午前9時の気温30.9℃、朝から真夏日です。台風が近づいていることもあり、朝方は時折強い風が吹いていました。百葉箱の気圧計も999hPa。気圧が低いですね。

a0123836_14263918.jpg
ハス田にも、ジリジリと刺さるような陽射しが照り付けますが、ハスの花の淡いピンク色が涼しさを演出します。



a0123836_14304805.jpg
田んぼ近くでは、ジャコウアゲハでしょうか?優雅にひらひらと舞い、葉にとまりました。アゲハチョウの仲間は大型の種が多く、また多くの種の後ろ翅に尾状突起があるのが特長です。ジャコウアゲハの特徴は、ゆっくりと飛び、体には強いにおいがあるそうです。どんな匂いがするのでしょう?


a0123836_14321690.jpg
ヤマモモの実が真っ赤に熟し、まるで粉砂糖を振った真っ赤な飴のようです。センターのヤマモモの実は大きめなのですね。(私の自宅にあるヤマモモと比べるとですが‥‥)
a0123836_14323801.jpg
ヤマモモの木に近づくと、「ガサガサ、ボタッ、ボッタッ」とまるでなにか生き物が動いているような音が聞こえました。「何かいる?」と思い物音を立てないようにじっくり観察しても分からず。よく見るとヤマモモの木の実が落ちる音だったようです。あーあ何かスクープ写真でもとれるかと思ったのにな。ガックシ😞
a0123836_14342039.jpg
きれいな木の実の写真のあとでは少し酷ですが、湿性生態園ではウシガエルが観察でしました。ウシガエルは、1913年(大正2年)およそ104年前に食用として輸入されました。この風貌からなのか?食用としては定着せず、野生化してしまいました。捕食性が強く、口に入る大きさであればほとんどの動物を餌にしてしまいます。特定外来生物にも指定されています。


a0123836_14345033.jpg
林道では、タマアジサイがつぼみをつけ始めました。この球状のつぼみの形が、名の由来となっているそうです。

a0123836_14351385.jpg
タマアジサイの葉の上では、シュレーゲルアオガエルが観察できました。涼をとっているのでしょうか?






毎日様々な生きものと出会えます。



皆さんもセンターへ遊びに来ませんか?


お待ちしております。

# by isumi-sato | 2017-07-04 17:15 | センターこぼれ話

ボコボコしています。/細かなところまで見ています。

7月2日(日)、午前9時の気温26.9℃、曇。朝から夏日です。風もなくジメッとした暑い一日となりました。
a0123836_15580651.jpg
今日もたくさんのお客さんが、ザリガニ釣りや、ネイチャーコレクションなど、センターならではの遊びを満喫されたようです。写真中央のネムノキは、少しづつピンク色のオバナを目立たせ始めました。


a0123836_16014580.jpg
駐車場の東側にあるコブシの木。近くで見ると、ボコボコしたその名のとおり「こぶし」のような風貌の果実を観察できました。


a0123836_16025818.jpg
そのこぶしの木の近くでは、蛇がゆっくりゆっくり排水管の隙間に隠れていきました。何蛇でしょうか?観察したところ、5分ほどかけて中に入っていきました。



a0123836_16041653.jpg
イスミスズカケは、見ごろを迎えています。濃い紫色の花がとても印象的な花です。


実際にご覧になったことのない方、ぜひセンターでイスミスズカケをまじかで観察してください。

世界のどこを探しても見ることのできない、いすみ市にしかない花なんですよ。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



デイキャンプ場では、あるグループの学習会が行われました。

a0123836_09575648.jpg
何やら真剣な面持ちで聞き入る薪ネットのメンバーの皆さん。


a0123836_09584591.jpg
何の講習会かといえば、チェーンソウの刃の研ぎ方、だそうです。この会では薪を自前調達するために山に入り、木を切り出して薪を作っているそうです。



a0123836_09584927.jpg
拡大した刃の模型で説明しています。
どうやって刃の目立てをするのか。角度は。どこまですり減ったら交換するのか。
素人の私としては、新品と交換すれば楽だろうと思うのですが、皆さんは違うようですね。

a0123836_09585652.jpg
真剣に細かなところまで見ています。


a0123836_14384936.jpg
さて、うまく目立てはできたでしょうか。
参加者にお話を聞くと、「やはり道具でしょう」とのこと。

センターでもチェーンソウは所有しており、倒木の処理や薪づくりでは活躍していますが、使える人は一握りです。今まではほとんど刃は研がずに(たまにチョコっとは・・)いましたが、研いでみるかなぁ・・。でも、使用頻度が違うんだろうな。それに、センターの道具はダメ見たいです。

ちなみに、センターでは仮払機のチップソーは1年2枚のペースで交換していますが、鎌は研いでますね。



# by isumi-sato | 2017-07-02 17:15 | センターこぼれ話

下半期も…やっぱ自然観察でしょ?

7月1日は曇り。午前9時の気温は27.6度で、湿度はなんと89%!きょうも蒸し暑い日となりました(汗)。
いよいよ今日から1年の後半、下半期のスタートですね。皆様におかれましても、いい事がありますように(祈)!


a0123836_16450948.jpg
おーっと!いきなりラッキー♪ キイチゴ発見です。ちょっと試食してみると「う~ん♥」甘くておいしいです。


a0123836_16513454.jpg
夏の花アサザが咲いています。この花、午前中しか咲かない「半日花」というものらしく…


a0123836_16561944.jpg
あっホントだ!午後には、しっかり閉じてしまいまいた。


a0123836_16590481.jpg
竹やぶでは、シュレーゲルアオガエルが器用に枝につかまっています。


a0123836_17000902.jpg
この吸盤!この手が、サル顔負けの技を可能にしているんでしょうね。


a0123836_16580793.jpg
ヤブキリも負けていません。葉の上で、器用に遊んでる?


a0123836_17112378.jpg
春には、こんなに小さかったのに…大きく育っています。


a0123836_17130125.jpg
こちらは今、子育ての真っ最中なんでしょうね。カヤネズミの巣があるの わかります~? 写真中央を、よく探してみてください。


a0123836_17142752.jpg
こちらは、これから産卵なのでしょう。カノコガが、恋の季節を迎えています。はねの模様が、シカの子の模様ににていることから、「鹿の子蛾」と名付けられたんだとか…

今日も、いろいろな発見がありました!みなさんもぜひ、新発見しに来てください。




# by isumi-sato | 2017-07-01 17:30 | いきもの

雨の中でも自然観察!

6月30日。
一年の半分が終わってしまいます!!!皆様にとって、2017上半期はいかがでしたか?
6月さいごの日は梅雨らしく、降ったり止んだりの雨模様です。14時ごろの気温は24.8度。じめじめと蒸し暑い一日でした。


a0123836_15210033.jpg
あめあめ ふれふれ かあさんが~♪ ハスの花が、雨しずくに映えます。



a0123836_15350276.jpg
そんな中、地元の小学生が、校外学習で来てくれました。


a0123836_15364340.jpg
「いたー!」「つかまえた!」「なんだコレ?」さすが“いすみっこ”です。どんどん虫をゲッツ!


a0123836_15402862.jpg
バッタも…


a0123836_15413391.jpg
チョウも…


a0123836_15440702.jpg
あっという間に、この通り確保です!もちろん、よく観察してから逃がしましたよ。


a0123836_15470483.jpg
植物も、いろいろ見どころがあります。


a0123836_15475809.jpg
カワラナデシコが可憐な花を咲かせています。


a0123836_15483506.jpg
ヤマモモも美味しそうですね~。職員が試食してみました。「酸っぱい」という感想です。


a0123836_16305062.jpg
二ホンリスも好物なんですね~。かわいい♥(⋈◍>◡<◍)。✧♡これ、2013年に激撮されたスクープ写真です。


a0123836_15563216.jpg
せきの池では、コシアキトンボが空中戦を演じています。


a0123836_15582698.jpg
ガチで対決してます。自然観察って楽しいな~ピッチピッチ チャップチャップ ランランラン♪




# by isumi-sato | 2017-06-30 17:15 | グループ・学校利用

梅雨の合い間のチョウ

6月29日、曇。午前九時の気温は23.4℃、今朝の最低気温は19.4℃、湿度91%でした。
午後にはわずかに青空がのぞくようになりましたが、湿度がとても高い一日でした。


a0123836_17563410.jpg
ハス田では、ハスの花、蕾はまだまだ続きます。



a0123836_17564551.jpg
モチゴメを植えてある田んぼでは、中干しが続いています。




a0123836_17565286.jpg
雑草のオモダカが一本、田んぼの真ん中に見えています。




今日はカラムシでは、いろいろな生きものが発見できました。


a0123836_17565801.jpg
ニホンアマガエル





a0123836_17571165.jpg
ラミーカミキリ





a0123836_17570580.jpg
アカタテハの幼虫





空が明るくなると、いろいろなチョウたちの飛ぶ姿が観察できました。

a0123836_17572021.jpg
畑の雑草にルリシジミでしょうか、小さな青色のチョウがいました。




a0123836_17572434.jpg
また、ヒメジョオンにはベニシジミが、





a0123836_17572950.jpg
林道沿い、アズマネザサの近くでは、ヒカゲチョウらしきチョウが、






a0123836_17573474.jpg
林道では、キアゲハが、ヒラヒラと飛び続けていました。シダにとまった一瞬だけ撮影できました。






a0123836_17574017.jpg
昆虫広場、刈ったススキの近くでは、タテハチョウの仲間、ミドりヒョウモンでしょうか?





a0123836_17575503.jpg
万木堰では、チュウサギが白い羽を広げて梅雨の合間に羽の手入れをしていました。



梅雨の合間には、いろいろな生きものたちが活発に動くようです。
ご来館お待ちしております。




# by isumi-sato | 2017-06-29 18:02 | いきもの

梅雨時の花

6月28日、雨時々曇り。午前九時の気温は22.9℃、今朝の最低気温は20.5℃でした。
湿度が高い日が続きます。


a0123836_17333944.jpg
当センター進入路沿いの田んぼです。いつも白いサギがチラホラと見えています。





a0123836_17335298.jpg
今日は、久しぶりに撮影してみました。
くちばしが長くないことなどから、チュウサギのようです。
田んぼにサギがエサをついばんでいる光景は、なにかホッとするものがあります。




a0123836_17340871.jpg
ハス田の花が毎日咲き続けています。朝から、撮影している方もいます。



a0123836_17341432.jpg
ハスもつゆに濡れたり、葉に雨粒が丸く揺れたりして、梅雨の季節に向いている花なのでしょう。




a0123836_17335965.jpg
つゆらしい雨が続いたことで、5月、6月と雨が少なく水位が下がっていた万木堰も少しずつ水位が上がってきています。少し空気が霞んで雰囲気があります。



a0123836_17343251.jpg
堰の堤沿いには、アジサイの花が一列に並んでいます。




a0123836_17343742.jpg
一方、駐車場隅のガクアジサイも満開となっています。あなたはどちらの方がお好みでしょうか?



a0123836_17342182.jpg
畑では、落花生の花が咲き始めました。黄色が明るく目立ちます。




a0123836_17342797.jpg
畝の間の雑草が水を得てとても元気に育ってきています。
そろそろ草取りのタイミングでしょうか?
落花生栽培体験に参加のみなさん、天候を見計らって草取りと観察にいらしてください。


ご来館お待ちしております。



# by isumi-sato | 2017-06-28 17:38 | しょくぶつ

だんだんと膨らんで…

6月27日(火)、午前9時の気温23.2℃、厚い雲に覆われた朝です。梅雨空らしい天気です。正午前には日が出ましたが、少しすると雨がパラパラと降りだしました。ハッキリしない天気です。

a0123836_1462223.jpg
ハス田のようす。朝に撮影しました。


a0123836_1472263.jpg
近くで見るとこんなにはっきりとしたピンク色。まるで人間の手によって作られたもののようです。

a0123836_1491811.jpg
ハス田近くにはオニグルミのきがあります。大きな実をつけ、枝をしならせています。


a0123836_1493347.jpg
でも、少し前はこんなに小さい雌花の集まりでした。5月6日に撮影しました。


a0123836_1495526.jpg
だんだん膨らんで現在の果実になるんですね。この写真は5月30日に撮影。毎日観察すると成長過程がわかります。観察って面白い。


a0123836_14101792.jpg
クリの雌花もクリのイガらしくなってきました。はじめから鋭く硬いイガだと思いきや、指で触るとやわらかいです。クリの実もこのようにできてゆくのですね。


a0123836_1410377.jpg
万木堰の近くではアジサイが満開ですが…近くて見ると、つる性の植物が絡まっています。


a0123836_14105567.jpg
ヤブガラシのようです。もうヤブガラシが見られる時期か…。オレンジ色のかわいらしい花が特徴的です。ヤブガラシの名の由来はその名の通り旺盛に成長して薮をを覆いつくして他の植物を枯らしてしまう事からつけられた名のようです。


a0123836_14111785.jpg
林道ではカマキリも姿を現し始めました。


季節はめぐる。


様々な生き物たちが待っています。



センターでお待ちしております。



# by isumi-sato | 2017-06-27 17:15 | センターこぼれ話

梅雨の雨


6月25日、雨。午前九時の気温は22.3℃、今朝の最低気温は17.5℃でした。
今年は梅雨に入っても雨、晴、晴れ、などの天気が多く、いすみでは雨の日が続くのは初めてでしょうか? 「一気に草が伸びるなー。」と、事務室の中での会話。






a0123836_17202159.jpg
中庭の草刈りを5日前に軽めに行いましたが、シロツメクサはもう一部で花を咲かせています。




a0123836_17202759.jpg
今日もハスの花が咲いています。
写真は、昨日の大きく開いたハスの花です。




a0123836_17203301.jpg
先日、倒れて処理したコナラの樹の根元を見ると、小さなヒコバエが生えてきています。なかなか力強いコナラの樹です。もともとコナラは萌芽力が強いのですが、十数年後に大きく育ってもらえるでしょうか?




a0123836_17214290.jpg
倒れた樹のすぐ近くには、つゆをつけたホタルブクロの花が控えめに咲いています。




a0123836_17215098.jpg
中庭のスダジイも虫が入ったりで、何度も折れては萌芽を繰り返して、樹形が乱れてしまいました。




雨が降ると、すぐに晴れた日が恋しくなります。
a0123836_17215455.jpg
最後は、数日前駐車場のそばの電線で歌う、千葉県の鳥ホオジロです。チョッピーチリーチョチーツク。
スダジイの枝が折れる前は、この木のてっぺんによく来て歌声を聞かせてくれていたものです。

声が聞こえたら、たいていは高いてっぺんにいますからその姿を探してみてください。
ご来館お待ちしております。





# by isumi-sato | 2017-06-25 17:23 | センターこぼれ話

水を切る田と田植えをする田

6月24日、晴れ。午前九時の気温は24.0℃、今朝の最低気温は17.9℃でした。
きのうの最高気温は26.2℃。昨日は蒸し暑かったし、今日も朝から蒸し暑く、数字の上からは「あれっ」と思ってしまいます。


a0123836_16345298.jpg
センター入口進入路の眺め、地元の農家さんの田んぼが広がっています。




a0123836_16345977.jpg
その田んぼの中には、最近水を張って耕し、今日田植え機が活動している田んぼがありました。これは、大面積を作付けしている農家さんです。そして植えているのは飼料米です。
最近センター周辺でも、高齢化などで田んぼを人に貸し、耕してもらう方がじわじわと増えています。秋には北海道の牧草のように、大きな白いロールにくるまれたイネが、田んぼの片隅に見られることでしょう。



a0123836_16350513.jpg
一方、今年の4月末から五月上旬に田植えをした一般的な田んぼでは、梅雨の中ごろになって田んぼの水を切って根に空気を送り込む「中干し」という状態になってきています。当センターの田んぼでも、水を切って田んぼの土の表面に地割れが生まれてきています。





a0123836_16351073.jpg
ハス田では今、毎日ハスの花が開いています。今朝は7つほど開いたハスの花が確認できました。個人的には、開ききった散り際のハスの花の方が最も迫力を感じられます。




a0123836_16351566.jpg
梅雨といえばアジサイ。全面花が広がる(本当はガクですが、)アジサイがいま最も目につきます。これは西洋に行って品種改良されて日本に戻ってきた品種です。駐車場の角では、その原種になったとされるガクアジサイが本格的に咲き始めています。こちらの方が趣きを感じるという方も少なくないようです。テレビなどでも取り上げられていますが、まん中の小さな突起が本当の花です。





a0123836_16352042.jpg
山すそでは、中木類に花がつき始めていました。
ムラサキシキブは、秋にはたくさんの紫色の小さな実を楽しませてくれます。




そして地域固有種、当センターでしかなかなか見られない花。

a0123836_16353308.jpg
イスミスズカケが次々と紫色の花を咲かせ始めています。



a0123836_16353872.jpg
赤くなった蕾がたくさん見られます。これからしばらく、イスミスズカケの花も咲き続けてくれることでしょう。

ご来館お待ちしております。




# by isumi-sato | 2017-06-24 16:42 | 田んぼ

28個ありますか?

6月23日(金)、午前9時の気温24.8℃、晴れ。朝からむし暑く夏を思わせます。風がないので、外を少し歩くだけでもうっすらと汗をかきます。
a0123836_14475415.jpg
午後のようす。写真中央にあるネムノキもだいぶ葉が増えました。田んぼの脇、東側にあるネムノキはピンク色の雄花が目立ちますが、このネムノキはまだピンク色は見えません。でももうすぐ目立ち始めることでしょう。


a0123836_14482858.jpg
朝、館内清掃をしていると床にホタルガが一匹。いつ迷い込んだのでしょう?翅には白い線、頭が赤いガです。昼間に活動します。



a0123836_14491110.jpg
万木堰近くの階段付近では、アメリカイヌホウズキでしょうか?小さい花を咲かせ始めました。緑色の実もつき始めました。



a0123836_14523483.jpg
このアメリカイヌホウズキの近くには(違う葉ですが…)テントウムシに似た昆虫がたくさん観察できました。




a0123836_14493419.jpg
テントウムシにしては「柄が細かいな~個体差かな~」と思いつつ事務所でよくよく観察。ニジュウヤホシテントウのようです。集団でナスやジャガイモの葉をもりもり食べるため、害虫として扱われます。もちろん幼虫もベジタリアンです。名の由来は黒い点が28個あるから二十八(にじゅうや)ホシテントウなんだそうです。数えてみてください。ほんとにあるかな?私が数えると黒い点は29個ありますが…北へ行くほど赤地、南へ行くほど黒地が増えるそうです。少しスターウォーズを思わせる模様ですね。


a0123836_1450249.jpg
雑木林のヤマモモも少しづつ赤く色づき始めました。


毎日様々な発見があります。


皆さんもたくさんの発見をしに来てくださいね。


お待ちしております。



# by isumi-sato | 2017-06-23 17:15 | センターこぼれ話

固定観念は捨てましょう

6月22日(木)、午前9時の気温24.8℃、晴れ。昨日の嵐はどこへやら。穏やかな朝を迎えました。
昨日の大雨での雨量は降り始めから68.5㎜に達しました。センタ-敷地内では大きめの枝から小さめの枝まで多く強風で折られ、職員は撤去に追われました。


a0123836_13573246.jpg
空のようす。雲の一部が波状になっています。ここ最近では見かけない雲の形です。むし暑い一日となりました。


a0123836_13574756.jpg
ハス田でのようす。今日は、つぼみの上にまでホンアマガエルが…。花に集まる小さな虫を捕まえるためでしょうか?


a0123836_1358149.jpg
今朝は、ツユクサも観察できました。ひときわ目立つコバルトブルーの色が私の足を止めました。この花も、夏の始まりを告げる可憐な花。


a0123836_1358367.jpg
センター建屋の西側にあったコナラの木が、根元近くから倒れていました。昨日の強風で倒れたようではなさそうです。近くで見てみると…


a0123836_1359687.jpg
木の幹が、ムシに食われていたようです。カミキリムシの仕業かな?


a0123836_13594010.jpg
職員が撤去を始めると、黒い小さい昆虫が湧き出るように舞い始めました。「チク!」職員が痛みを感じると、右手首がはれ始めました。「ハチじゃないよなー黒かったし」と私も思いました。このまま作業を続けると危険なため、倒れた木の周りに殺虫剤をかけて様子を見ました。


a0123836_140881.jpg
犯人はこの昆虫。クロスズメバチのようです。黒色で白い帯模様があるのが特長です。地中に営巣し、ガ類の幼虫を食べるそうです。黒くて小さいので、パッと見ただけではハチだとは思えません。「黄色いのがハチ」という考えは変えないといけませんね。クロスズメバチはスズメバチの中でも毒性は強くないようです。職員もアンモニア成分の薬を直ぐに塗って4時間ほどで腫れは引いてきました。大事に至らなくてよかったです。



ハチをみたら騒がず、静かにその場から離れましょう。

ハチは、黒い色と香水や柔軟剤などの甘い香りを好みます。

自然観察を楽しみたいときは、黒っぽく柔軟剤などの香りのついた服装は避けましょう。



楽しく自然観察しましょうね。



# by isumi-sato | 2017-06-22 17:15 | センターこぼれ話

雨もまた良し

6月21日(水)、午前9時の気温22.1℃、朝方から雨模様。午後には雨足が強くなり本格的な大雨となりました。梅雨の時期ですので、雨が降る時はしっかり降ってもらいたいものです。今日は夏至。昼間の長さが一番長い日です。でも雨が降っていて暗いなー。

a0123836_13593745.jpg
朝のハス田のようす。今朝もハスは一輪しか咲いていませんでした。もっと咲いて―


a0123836_1401124.jpg
ハスのつぼみに寄り添う二ホンアマガエル。何を思っているのか…薄目を開けてたそがれているようです。


a0123836_1402826.jpg
雨のおかげで、ハスの葉は水滴をまといました。自然が生み出す「美」とはこのようなことでしょうか?

a0123836_1413852.jpg
田んぼの東側にあるネムノキのようす。ピンク色の長い雄しべが観察できました。このピンク色を目にすると、夏がもうすぐそこまできていることを予感させます。

a0123836_142267.jpg
午後のようす。強い雨音が、センター館内に響きます。写真を撮りに、少しでだけそとに出るだけでもすぐに雨に濡れてしまいます。横殴りの強い雨です。降り始めからの雨量、4時現在で45㎜。強い南風で瞬間最大風速は15mを超えています。事務所の窓には、ソメイヨシノの長く伸びた枝が風にあおられ打ち付けます。

a0123836_1421938.jpg
バスタブ水槽にも、雨粒が踊るように打ち付けます。

a0123836_1423682.jpg
そんな中イスミスズカケが開花しました。センター建屋南側に展示してあるプランターのイスミスズカケはまだ開花していませんが、建屋近くのフェンスの中で管理しているイスミスズカケが先に開花しておりました。「イスミスズカケ咲きましたか?」と問い合わせが何件か電話でありましたが、もう咲き始めましたよ。


見どころいっぱいのセンターに

ぜひ足をお運びください

お待ちしております。
# by isumi-sato | 2017-06-21 17:15 | センターこぼれ話

梅雨本番を前に…

6月20日(火)、午前9時の気温21.8℃、朝から青空がひろがりました。梅雨入りしたというに雨があまり降りませんね。天気予報によると、明日から本格的な梅雨シーズンを迎えるようです。

a0123836_13472143.jpg
田んぼのようす。イネの背丈もずいぶん高くなりました。


a0123836_13474123.jpg
イネの近くには、アライグマでしょうか?五本指の動物らしき足跡がクッキリ!
アライグマは外来生物法(日本在来の生態系を損ねたり、人命・身体・農林水産業に被害を与えるもしくはおそれのある外来生物による被害を防止するためそれらを「特定外来生物」などとして指定し、その飼育・保護・運搬・輸入を規制し、必要に応じて国や自治体が野外等の外来生物の防除を行うことを定めた法)で特定外来生物に指定されています。アライグマを見かけたら、決して餌付けはせずに、最寄りの市町村アライグマ相談窓口に連絡してください。可愛いからと言ってむやみに手を出すのは危険です。


a0123836_13475875.jpg
イネにぴったりくっついたカエル。風が吹くたびユーラユラ。自然のゆりかごです。



a0123836_13481514.jpg
今朝のハス田。今朝は開花したハスは観察できず。つぼみはざっと数えると18個。明日は開花したハスは見れるかな?


a0123836_13483391.jpg
波打ったハスの葉の上にシジミチョウ。翅を開いたり閉じたり…


a0123836_13494937.jpg
中庭ではネジバナが目立つようになりました。これから数を増やすでしょう。



毎日違う風景が広がるセンターへ


遊びに来ませんか?

お待ちしています。




# by isumi-sato | 2017-06-20 17:15 | センターこぼれ話